2016年04月13日

T1 第5節 FC東京U-18Bvs成立学園高校 武蔵野苑人工芝グランド

FC東京U-18B [ 3 - 1 ] 成立高校

東京にとっては3月3日の第4節以来となるT1の試合。中断中には海外遠征や春フェスであるイギョラ杯等で試合を重ね、また、新学期が始まって新1年生(と新中3生)がチームに加わり、スタートメンバーの顔ぶれが変わってきた。

【FC東京U-18B】=============================
−−−−−22杉山−−−25原−−−−−
15小林幹−−−−−−−−−−−41久保
−−−−−20品田−−37寺山−−−−−
35鈴木智−23長谷川光−29篠原−19吹野
−−−−−−−−30高瀬−−−−−−−


【成立学園高校】=============================
−−−−−10竹本−−09鈴木龍−−−−−
11高橋−−−−−−−−−−−−07萩原
−−−−−08小山−−06大野−−−−−
05西羽−−04長草−−03小崎−−−−02
−−−−−−−−01園田−−−−−−−


成立は週末に関東高校サッカー大会東京都予選の準々決勝が控えるそうだが、この日はほぼガチメンバーとのこと。

09分、右奥でFK、キッカーは41久保。DFがクリアして右CK、キッカーは20品田。ファーで競り合いこぼれたところを23長谷川光が左足で蹴り込み先制。【1-0】

11分、成立が中央をドリブルで持ち上がり、縦へパス。10竹本がDFの間で受け、切り返し即シュートはバーに当たる。

12分、中盤でカットされ、05西羽がオーバーラップしてパスを受けて左からクロスが入る。中央で落としたボールにファーサイドから07荻原が走り込みシュート。枠上へ。

18分、左からつないで成立の速攻。ゴール前で09鈴木龍が落としたところに、08小山が後ろから走り込んでミドルシュート。GK高瀬がキャッチ。

東京が先制するも、その後はやや成立ペース。パスを回され奪い切れない。成立は後方で広く大きくボールを動かしながらギャップを作り、いざ攻撃となるとスペースに後方からどんどん選手が顔を出して前につないで行く。10竹本のドリブルが上手い。DFに囲まれても切り返してかわし、ボールを失わない。
東京は右SBに入った19吹野が前に出ていく守備なので、裏を取られるとピンチに。22杉山が中盤まで降りて守備にも参加。小柄な選手だが技術だけでなく運動量があり、スタミナもついてきた。

34分、左スローインから11高橋が抜け出して、中へパス。ニアで10竹本がダイレクトで合わせてシュートを打つが、枠を切る。

37分、意外にも成立1本目の右CK。06大野が中央へ入れたボールは、GK高瀬が前に出て片手パンチングでクリア。左から02のロングスローは、15小林幹がクリア。

41分、右奥で22杉山が奪い返し、DFと競り合いつつ中へ切り込む。倒されてPK獲得。41久保が自信持ってボールをセットし、右上へ蹴り込む。GK園田、コースは読むが届かず、東京が追加点。両サイド奥まではボールを運べるもののなかなかシュートまで行けなかったが、杉山の粘りがチャンスにつながった。【2-0】

43分、東京の交代、25原→32今村。

-----
HTに東京の交代、41久保→28天野。天野が右SBに入り、19吹野が右の前へ。

後半に入っても立ち上がりは成立ペース。47分、右から左へボールを振られて09鈴木龍(?)がシュート。枠を切る。

51分、左からつながれ09鈴木龍のシュートは23長谷川光がブロック。こぼれたボールに08小山が走り込みシュート、これも長谷川光がブロック。

56分、左から15小林幹の縦パスを32今村が受けて中へパス。22杉山から右へのパスに19吹野が走り込みシュートを打つが、GK園田がさわってコースがわずかに変わり枠を切る。ゴールならずも良い流れの攻撃。ナイスセーブ、と東京サポは沸くが、主審はゴールキックに(笑)。

62分、32今村が前で取り返してドリブル。DFがクリアして右CKに。20品田が蹴るもクリアされ、カウンターとなるところを37寺山がファールで止めてイエローカード。ここのCKはちょっと面白い動きだった。

64分、06大野からのスルーパスに09鈴木龍が抜け出しシュート。成立に1点返される。【2-1】

65分、20品田の右CKにファーから29篠原が走り込みヘッドで合わせるが枠外へ。

66分、東京の交代、22杉山→38中谷。中谷がボランチに入り、32今村と37寺山の2トップに。ボランチの品田と中谷には、「(相手の)ボラ2人に食いつきすぎるな」とベンチから指示が飛ぶ。成立の中盤は06大野がバランスを取ってボールをさばき、08小山が前へ出て行き攻撃参加、という感じ。

73分、右から切り込んだ10竹本がゴール前を横切り、左からシュートを打つがバーに当たる。

74分、中盤競り合いで20品田にイエロー。すぐ後に、東京ゴール前で08小山がボールを奪いに行きイエロー。これが2枚目で小山は退場に(1枚目がどこで出たかわからなかった)。

79分、成立の交代、11高橋→14。

東京は数的優位を得たが、両チームとも運動量がやや落ちてきた。ベンチの中村コーチから「相手より走れ!」の声。

81分、成立右CKのクリアから東京のカウンター。32今村がドリブルで独走からシュートを打つも、GK園田がはじいてキャッチ。

84分、自陣で15小林幹→20品田→29篠原→品田→小林幹、とつないで中央を小林幹がドリブルで持ち上がり右へパス。28天野がオーバーラップして受け、マイナスの折り返し。32今村が流し込んでゴール。終盤に貴重な追加点!【3-1】

85分、成立の交代、07萩原→18鈴木亮。東京の交代、35鈴木智→34草住。37寺山→13吉田。

このまま東京が逃げ切って試合終了。

-----
相手ペースの時間が続く中、堪え切れたのは大きい。CBの2人、23長谷川光と29篠原は身体を張ってよく守備してくれた。相手の惜しいシュートが多くあったが、簡単には打たせなかったということでもある。
前半光ったのはやはり22杉山、後半に試合展開が少しゆっくりになってからは15小林幹がアクセントになった。
成立のサッカーも面白かった。あとはゴールがあれば、なのだろうな。

面白い試合を勝ち切れて、週末全敗(トップ、U-23、U-18A、深川、むさしの5コンボ)のしょんぼり気分から浮上する。ここからここから。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック