2016年05月01日

プレミアEAST 第4節 柏レイソルU-18vsFC東京U-18 日立柏サッカー場

とうとう試合時間がかぶってしまいました。U-18プレミアは15時キックオフ、J3栃木戦は西が丘で14時キックオフ。ということで、J3には岡崎のほかに生地、鈴木喜、高瀬が召集。必要最低限に抑えてもらったというところ。ムリキがスタメンだは、ベンチはユースっ子3人だけだは、U-23のメンバーを揃えるのも相当に大変そうだ。
U-18は普段ボランチの08伊藤を右に移して、2ボランチには12小林真と42平川。1年生の平川、早くもプレミアでスタメン起用。

柏レイソルU-18 [ 0 - 1 ] FC東京U-18

【柏レイソルU-18】=============================
−−−−−09中村駿−−−−−−
24朝倉−−−−−−−−14中村陸
−−−27落合−−−06鬼島−−−
−−−−−−28加藤−−−−−−
12森−−05東山−03城和−02坂本
−−−−−−16猿田−−−−−−


【FC東京U-18】=============================
−−−−10松岡−11半谷−−−−
14内田−−−−−−−−−08伊藤
−−−12小林真−42平川−−−−
24荒川−02坂口−05蓮川−27岡庭
−−−−−01波多野−−−−−−


今節は総合グランドでなくサッカー場での開催。良いピッチを使わせてもらえてありがたいです。日立台はホーム/アウェイの配置が反対だが、この日はベンチの位置のみ一般的なサイドに割り振られて、何だか妙な感じであった。ホーム/アウェイの配置について、プレミアの大会規定が何かあるんだろうか。

てなことを思いつつ、キックオフ。快晴で、ピッチ上は相当に暑そう。

04分、右CKを得てキッカーは08伊藤。クリアを左で27岡庭が拾ってクロスを入れるが、ヘッドで合わせたボールは枠外へ。

05分、DFラインのパスを10松岡がカットして一度持ち直すとミドルシュート。枠外。

06分、右から柏のFK。14中村陸と27落合で少し動かして中村陸のクロスはファーへ。09中村駿には合わず。

12分、自陣からつないで11半谷がPAへ切り込むもDFがカット。こぼれたボールを拾った14内田のシュートはGKがはじいて左CKに。キッカーは08伊藤。クリアをつなぎ、11半谷(?)のクロスを受けた14内田がゴール前で粘ってシュートを打つが、GK猿田がブロック。10松岡が拾って切り込んでのシュートは枠外。

15分、オーバーラップからの裏抜けを狙い続ける02坂本が24荒川をかわし、中へ切り込みシュートかパスか。09中村駿が走り込むがその前でGK波多野がキャッチ。後方05東山、28加藤から縦やサイドへの長いパスが通るとピンチに。

20分、11半谷が右から切り込み、GKとDFを引き付けてマイナスのパス。ニアで08伊藤が合わせてゴール! 東京が先制。【0-1】

22分、左で09中村駿が受けたところをDFが囲み、後ろに戻したボールを28加藤がミドルシュート。GK波多野、一旦こぼすがキャッチ。

27分、相手陣内でじわじわつなぎ11半谷のクロス。14内田のヘッドは枠上。

29分、カウンターで02坂口が右サイドを持ち上がり、一旦戻してから縦にパスが入る。08伊藤とDFが絡んでこぼれたボールを10松岡が受け、中へ切り込んでシュートを打つもGK猿田がキャッチ。

35分、柏のパス回しから左サイドを抜け出される。クロスは27岡庭がブロックして左CK。14中村陸の入れたボールをクリアしたところから11半谷のカウンター。つないで右CKを獲得。08伊藤のCKがクリアされ、今度は柏09中村駿のカウンター。何とかクリアして12小林真がサイドでキープから前へ抜け出し、ピンチを脱する。

38分、柏14中村陸の左CK、クリアしたボールを24朝倉がミドルシュート。DFがブロックして、また中村陸が拾いクロスを入れるがGK波多野がはじく。

先制後は柏にボールを持たれクロスやセットプレーが続くも、GK波多野とDF陣が踏ん張る。10松岡と11半谷の前線からの守備もチームを助ける。2人の阿吽の呼吸で連動するプレスはずっと見ていたいほど(ずっと続いたら2人が倒れてしまうが)。

-----
後半。柏の交代、06鬼島→15大谷。ほぼ3トップに。

53分、東京の交代、10松岡→18鈴木郁。

55分、柏の交代、12森→13宮本。

57分、左スローインから浮き球のパスに09中村駿が抜け出し倒れるがファールはなし。

立ち上がりから柏にパスを回されるが、我慢の守備で決定的な所には入り込ませない。しかしさすがに皆疲れが見え始めている。日差しは陰って少し涼しくなってきたが、最後まで持つか?

61分、左からのクロスを24朝倉が後ろ足で落とすが、09中村駿の前でDFがクリア。これをつながれるも右奥の競り合いで柏のファールとなる。02坂本が異議(?)でイエローカード。

63分、右からのクロスをファーで24朝倉が受け、エンドライン際からマイナスのパスを入れるが、ファールがあり東京ボールに。

65分、中盤でプレスに行き18鈴木郁にイエローカード。

67分、クリアのロングフィードを18鈴木郁が追って、右外から追い越す11半谷にスイッチ。半谷のクロスに12小林真が合わせるが、枠外。

68分、ルーズボールを拾って左でつなぎ、11半谷のシュート。GKがキャッチ。

70分、24から中へのパスは、09中村駿、14中村陸がかぶって2人の足下に入り、シュートを打てず。何とかクリア。
東京の交代、走り続けて足の攣った11半谷→41久保。

74分、東京の交代、08伊藤→19吹野。この辺りから柏の攻撃を防いでは18鈴木郁と41久保でカウンターを狙うオープンな展開に。

77分、DFを背負いつつパスを受けた18鈴木郁、自分でこぼれたボールを追って足がもつれながらもDFをかわして抜け出しGKと1対1。脇を抜いたシュートはやや弱く、DFが追いつきクリアされる。
柏の交代、24朝倉→10昼間。

78分、27岡庭からの縦パスを受けた18鈴木郁がDFを引きずりつつ前を向いてシュート。枠上。

79分、13宮本→15大谷とつないで抜け出し、マイナスのパス。10のシュートは05蓮川がブロック。上に飛んだボールはGK波多野がキャッチ。高さが活きる。

81分、左から15大谷が抜け出しクロス。02坂口がクリア。タフな右SB27岡庭も疲れて、サイドの対応が遅れ気味になっている。05蓮川の足の状態も気になる。

82分、右から02坂本の縦パスに09中村駿が走るが、05蓮川が外へ追い出してクリア。

83分、右で41久保が粘って、DF裏へこぼれたボールに18鈴木郁が抜け出し、回り込んでシュート。GK猿田がキャッチ。

85分、41久保のドリブルからの左スローインを18鈴木郁が受けてミドルシュート。GK猿田がはじく。逆サイドから19吹野が詰めるも間に合わず。

86分、GK波多野のフィードを18鈴木郁が追って倒され、左正面からFK。27岡庭のボールは枠上へ。

88分、左→後ろ→右とパスを回してクロスが入るがGK波多野がキャッチ。

89分、柏の右スローインをカットして41久保がドリブル、左からのシュートはGK猿田がキャッチ。

90分、15大谷のキープから10昼間にパスが通り、左からシュート。ファーポストをかすめて外へ。

AT4分。

90+2分、左から10昼間がDFの間を通して中へパス。09中村駿が反転、シュートを打つがわずかに枠外。

何とか逃げ切って試合終了。【0-1】

-----
見ているだけで疲れるような緊張感のある試合で、ヘトヘトになりながら最後までよく集中して守ったなあ、と、おつかれさまという言葉しか出てこない。いや本当におつかれさまでした。
黒星スタートだったが、これで第4節にしてプレミアEAST首位に立つことになった。選手のやりくりが難しい中、T1で1・2年生を鍛えながらここまでは上手くチームを回せているなあと思う。連戦になる選手の怪我だけが心配です。

プレミアでは後半に「飛び道具」としての投入が続く18鈴木郁。割とほんわかおっとりしていそうな賢い言動と、DFを振り切って強引に前へ進むドリブルのギャップが面白い選手。「アメ車」と称された2年上の「UD」こと蓮川雄大ほどの速さと頑丈さはないが、がむしゃらさでは負けてない。
序盤戦の今の時点で、10松岡・11半谷と、18鈴木郁・41久保のタイプの違う攻撃のセットがあるのは強みですね。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437498601
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック