2016年06月30日

T1 第10節 FC東京U-18Bvs関東第一高校 武蔵野苑人工芝グランド

T1開幕戦、駒沢第二で関一と対戦したのは2月のこと。このときはまだ新チームの形が整っていない相手に対し、昨シーズンからの積み上げがあるU-18Bが0-2で快勝した。しかし高体連チームは夏の高校総体、冬の選手権に向けて尻上がりに強くなっていくもの。関一は10日ほど前に高校総体東京都予選を優勝して気力十分の、一筋縄ではいかない相手になっている。
一昨年までは兼任で関一のコーチを務めていたためか、藤山コーチが深川の奥原監督らと連れ立ってピッチサイドで観戦していた。関一の選手にとっても、成長したところを見せたい試合だったのではなかろうか。
※昨年の3年生(岡崎仁太朗・現東洋大)の記事などに藤山コーチへの言及があります。「理不尽に耐える力」を今は深川2年生へ注入中(笑)。


FC東京U-18B [ 1 - 1 ] 関東第一高校

【FC東京U-18B】=============================
−−−−−25原−−−22杉山−−−−−
13吉田−−−−−−−−−−−−09吉村
−−−−−20品田−−37寺山−−−−−
35鈴木智−23長谷川光−29篠原−34草住
−−−−−−−−16高瀬−−−−−−−


久しぶりに09吉村がスタメンに名を連ね、キャプテンマークを巻く。頑張れ! 23長谷川光がスタメン復帰。サブに19吹野が入っていたが、右ひざはまだがっちりテーピング。

【関東第一高校】=============================
−−−−09篠原−−08村井−−−−
13林−−−−−−−−−−−07新藤
−−−−20景山−−10冨山−−−−
02佐藤−03鈴木友−04立石−06松吉
−−−−−−−01内野−−−−−−



01分、09吉村がドリブルで持ち上がって大きくクロスを入れる。ファーの25原がヘッドで狙うがGK内野がキャッチ。

04分、右の仕掛けから関一のCK。10冨山が入れたボールはGK高瀬がキャッチ。

序盤、09吉村から大きなサイドチェンジやフィードが25原、13吉田へ送られる。なかなか収まらないが、相手ボールになったときは22杉山が切り替え速くコースをふさいでいる。

10分、縦パスを受け07進藤がドリブル、マークについた35鈴木智を振り切って中へパス。29篠原がクリアしようとニアへ走り込むが、角度が悪くそのままゴールへ。【0-1】

この試合も両サイドバックは1年生。速さ、技術、強さにやり込められつつ頑張る。35鈴木智、この場面ではうっかり手を使いかけてためらったところを振り切られた。勉強、勉強。

16分、その35鈴木智からのパスに13吉田が抜け出してクロス。中には合わず流れるが、右で09吉村が奪い返して少し切り込んでパスを送る。ニアポスト近くで25原が受けてシュートを打つもGK内野がブロック。

この辺りで関一が13林と09篠原のポジションを入れ替え。

20分、パスミスを奪われショートカウンター。07進藤からパスを受けた10冨山のシュートはDFがブロック。セカンドを奪われ進藤から裏へのパスはカットしてクリア。

26分、09が左で受けて09吉村・22杉山を振り切って右へはたく。07進藤が走り込むがトラップが前に流れてラインを切る。

28分、味方のパスミスを25原が走り込んで拾い、ドリブルで前へ進むがすぐに囲まれる。中へのパスを09吉村が受けて切り返し、シュートを打つが枠外。

29分、右から東京のシュートはファーポストに当たる。跳ね返りを狙った左からのヘディングシュートはまたバーに当たる。こぼれ球を右へつないで34草住が上げたクロスはGK内野がキャッチ。

関一がどんどんボールを動かし始める。サイドでつないで空いたスペースへパスが出て、東京の守備は遅れがちに。

33分、左でつながれ取り返せない。縦パスに09篠原が抜け出す。PA内に切り込んで右へパス。07新藤(?)のシュートはなんとかブロックしてクリア。

34分、関一の交代、08村井→14。

39分、中央右で13吉田が受けてじわじわ前へ。右へ出したパスに09吉村が走り込みクロスを入れる。ファーで20品田が受けてシュートを打つが枠外。

45+1分、ハイボールを29と09の両篠原が競り合い、こぼれたボールは09の篠原の前に。シュートは23長谷川光がクリアするが、これを拾われて縦パスが入ると14が左から切り込みシュート。サイドネットで助かる。

-----
後半。東京の交代、20品田→15小林幹。久しぶりにカンのボランチ。

47分、左奥でのスローインから、09篠原がポストとなり13林(?)がエンドライン際へ抜け出して角度のないシュート。ニアでクリア。

48分、14の右CKが2本続くがクリア。

52分、左から切り込んで13吉田がDF間からシュート。GK内野がはじく。

55分、右サイドで03鈴木友の縦パスに07新藤(?)が抜け出す。GK高瀬が飛び出すのを見て中へパスを出される。29篠原がブロックに入り、あやうくオウンゴールになりかけるがクリア。

57分、右奥まで持ち上がった09吉村からのパスはDFに当たるが、こぼれを22杉山が拾ってPA内へ切り込む。DFともつれあって倒れ、PKの判定。杉山が自分で蹴って、GKが身体を倒すその下を抜いて決める。【1-1】

63分、20景山から大きく右へ展開。14が受けてシュートを打つがクリア。

64分、23長谷川光が後ろから押してイエローカード。右から14のFKはGK高瀬がはじく。これを受けて東京のカウンター。15小林幹からのフィードを25原が追うが、DFが先に受けてGK内野へ戻す。内野からパスを受けてDFラインでのパス回しに東京前線がプレスをかける。22杉山が中央で奪って低いシュートを打つがGK内野がキャッチ。

67分、左からつないで関一のシュートはGK高瀬がはじく。

69分、東京の交代、09吉村→39芳賀。芳賀がトップい入り、22杉山が右へ移動。

71分、13吉田がDFを振り切ってドリブル、少しタメて中へのパスを15小林幹が受け、さらに右へ開く。あがってきた34草住が受けて切り込み、もう一度中へ戻すと、小林幹がダイレクトでシュート。しかし枠上。

72分、07新藤を35鈴木智が倒してイエローカード。右奥での14のFKはニアでクリア。

74分、関一の交代、06松吉→19。後半に13吉田が強引なドリブルで押し込む回数が増えてきたので、この対応か?

76分、13吉田から中の15小林幹へ、さらに右の34草住がパスを受けてニアへクロスを入れる。GK内野がキャッチをこぼして右CKとなるがクリアされる。

78分、13吉田がドリブルで持ち上がりマイナスのパス。トラップミスでこぼれるが15小林幹がひろって右へパス。22杉山が切り込みシュートを打つが枠を切る。ファーで37寺山が走り込むが間に合わず。

80分、14の右CK、中央でのヘッドはGK高瀬がクリア。10冨山の左CKもクリア。

22杉山が足を攣らせて少し中断。

88分、左から14が抜け出してシュートはGK高瀬がはじく。

89分、22杉山が左で拾って縦パス。37寺山が粘って後ろに戻し、杉山からのパスを中で15小林幹が受けてシュートを打つもDFがブロック。

90+2分、35鈴木智がDFと競りつつドリブルで持ち上がる。DFが奪って出したパスを39芳賀がカットして後ろに戻し、37寺山がミドルシュート。GK内野がキャッチ。
カウンターで左からシュートを打たれるがGK高瀬がキャッチして試合終了。

-----
関一の「やるべきことをちゃんとやる」感じの隙のないサッカーにやりこめられつつ、何とか勝ち点1をもぎ取ったというところ。開幕戦でも思ったが、10冨山と07新藤は実に上手い。キャプテンマークの03鈴木友也もジャンプがとても高く、終始声が出て良い選手だった(どうでもいいけどこの試合スズキトモヤが2人)。

U-18Bは今、13吉田の速成期間中のようで、中村コーチから試合中もだいぶ細かい指示が出ている。夏の大会に向けて、頑張れ!
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック