2016年10月02日

プレミアEAST 第14節 アルビレックス新潟U-18vsFC東京U-18 新潟聖籠スポーツセンター アルビレッジ

雨続きを心配していたが、昨日から天気が回復して快晴! 海に近いアルビレッジにしては風もそれほど強くない上に、試合会場はきれいな天然芝。テンション上がる。
隣の人工芝グランドでは全小の大会が行われていて、試合待ちの小学生や親御さん達が多数こちらの試合を観戦していた。


アルビレックス新潟U-18 [ 1 - 1 ] FC東京U-18

【アルビレックス新潟U-18】=============================
−−−−10山下−−16小枇−−−−
09堀−−−−−07登坂−−−17吉原
−−−−−−−06丸山−−−−−−
13藤原−20吉田−03長谷川−08松岡
−−−−−−−21池田−−−−−−


07登坂が前めに見えたが普通に4-4-2かも。
2年生FW、16小枇ランディ・エメカは195cmの長身。オフィシャルでは76kgとなっているが、今はだいぶ体重も増えているんじゃなかろうか。身長が同じくらいの波多野と比べても分厚い感じの身体つき。


【FC東京U-18】=============================
−−−−−25原−−11半谷−−−−−
10松岡−−−−−−−−−−−09吉村
−−−−−37寺山−08伊藤−−−−−
24荒川−23長谷川光−02坂口−19吹野
−−−−−−−01波多野−−−−−−


今節U-23は、14時から西が丘でYSCC横浜と試合。そちらには岡崎、鈴木喜、蓮川、生地、小林真、岡庭が出張中。
受験の3年生と怪我人もいて、メンバーのやりくり大変だなあと思っていたら、U-16代表のインド遠征から帰国したばかりの平川が、成田から新潟直行して志願のベンチ入りをしていた(そして久保も一緒に新潟へ。他のベンチ外メンバーと共にアップや準備・撤収のお手伝い)。
3年生09吉村、2年生23長谷川光、1年生37寺山はプレミア初スタメン。
ちなみに今日から始まる岩手国体には、東京都代表として杉山、大本、天野、草住が参加です。


1分、立ち上がり、10山下の左CKはファーに抜ける。

08分、左からパスを受けた09吉村が、追い越していく19吹野へパス。吹野へファールがあり、右から08伊藤のFK。ゴール前のクリアを正面で拾って入れたクロスに23長谷川光が頭で合わせるがGK池田がキャッチ。

10分、左でつないで09堀が後方スペースに出したボールに10山下が走り込みミドルシュート。GK波多野がキャッチ。

11分、09吉村のクロスに長身の25原がDFの上からヘディングシュート。しかし枠を切る。

12分、自陣右で08伊藤がパスカットしてロングフィードを送る。11半谷がDFと競りつつ左へ抜け出し、飛び出したGK池田をかわして切り返し、角度のないところからシュートを打つが、体勢を立て直したGK池田がキャッチ。

14分、右スローインから19吹野がドリブル。DFがさわってボールは外へ。08伊藤の右CKはGK池田が片手ではじく。

22分、25原がGKにプレスをかけてパスミスを誘い、08伊藤がカットして縦パスを入れる。原が抜け出してシュートを打つがGK池田がブロックして右CK。伊藤がニアの坂口からショートCKのリターンを受けてファーへクロスを入れるがクリアされる。

24分、25原がポストになって、パスを受けた09吉村のクロスはDFがブロック。08伊藤の右CKはクリアされる。
新潟はニアゾーンに16小枇がいて、ここを越えてボールを入れるのが難しい。どう攻略するか。

27分、右後方から浮き球のパスを、16小枇と東京のCB2人が競り合う。クリアが中途半端になり、小枇がこぼれ球を追って左へ抜け出す。飛び出したGK波多野はボールに触れず、19吹野がカバーに戻ってクリアする。

33分、今度は左後方からの浮き球パスを16小枇と23長谷川光が競り合う。ゴール側へこぼれたボールに10山下が走り込むがGK波多野がキャッチ。

35分、東京陣内で続いた新潟右スローインからつないで08松岡がドリブル。これをクリアして10山下の右CKに。ニアで25原がクリアしたボールを09吉村がひろって東京のカウンター。10松岡へのファールで中盤やや左でFK。右へ出したパスを受けて19吹野がドリブルでサイドを持ち上がるが、DFがカバーに入りゴールキックに。

38分、08伊藤のFKを左で24荒川が受けてドリブルからシュートかクロスか。DFのクリアに10松岡が走り込みミドルシュートを打つがGK池田がキャッチ。

43分、09吉村が粘って上げたクロスから08伊藤の右CKに。ゴール前を高く越して大外を狙うが、そのままファーに流れる。

-----
後半。
新潟の交代、17吉原→14山賀。
−−−−10山下−−16小枇−−−−
09堀−−−−−−−−−−−13藤原
−−−−06丸山−−07登坂−−−−
14山賀−20吉田−03長谷川−08松岡
−−−−−−−21池田−−−−−−


46分、11半谷が相手の足元からボールを奪い右サイドをドリブル。25原がDFの間でパスを受けてシュートを打つが、DFがブロック。08伊藤の右CKをファー後方で02坂口が狙うがクリアされる。
ここから新潟のカウンター。左で16小枇が競り合ったこぼれ球を10山下がひろい、切り込んで角度のないところからシュートを打つが、ニアでGK波多野がキャッチ。

49分、09堀が左サイドを抜け出して早いタイミングでクロスを入れる。ファーで10山下が24荒川と競り合い、ファールがあって東京ボールに。

52分、新潟のファールでPA右角あたりから08伊藤のFK。ゴール正面で23長谷川光がドンピシャのヘディングシュートを決めて、東京が先制。【0-1】

55分、右で10松岡がプレスをかけてこぼれたボールを11半谷がひろう。中へ切り込んでグラウンダーのミドルシュートを打つが、力が乗り切らずGK池田がキャッチ。

57分、新潟の交代、13藤原→24本間。本間が左に入って、09堀が右へ移動。

62分、GK波多野からのロングフィードを09吉村と競り合ったDFにハンドがあり、右から08伊藤のFK。クリアを19吹野がひろって外へ送り、伊藤がもう一度縦にクロスを入れる。10松岡が走り、ゴール右で切り返してDFをかわしシュートを打つが、GK池田がキャッチ。

65分、10松岡がパスカットするがこぼれ球をひろわれて縦→中へとパスが入る。パスを受けた10山下へのファールで正面右からFK。壁の外を低く巻いた山下のFKが決まる。これは見事。【1-1】

69分、東京の交代、09吉村→42平川。平川がボランチに入り、37寺山が右へ移動。

72分、DFに行った42平川が倒されるがファールはなく、こぼれ球を10山下がひろい、ドリブルでDFの間をすり抜けて左からシュートを打つ。GK波多野がキャッチ。

73分、08伊藤の縦パスを右で11半谷が受けて抜け出す。GK池田を引き付けて中へパスするが、並走した伊藤に合わず。外で25原がひろいクロスを入れるが、ラインを切る。
ここで東京の交代、25原→32今村。

77分、23長谷川光との競り合いで16小枇にイエローカード。

80分、東京ゴール前で10山下の足が攣り、GK波多野が伸ばす一場面。10番、隙を逃さず前線でよく走っていた。

82分、新潟の交代、10山下→29木村。
右からのサイドチェンジを受けて07登坂が低空のミドルシュート。GK波多野がキャッチ。

83分東京の交代、37寺山→13吉田。吉田が左に入り、10松岡が右へ移動。

84分、08伊藤から右へのパスを受けた10松岡にファールがあり、伊藤のFK。GK池田がはじいたボールをつないで松岡が切り込むところを倒して03長谷川にイエローカード。正面右から伊藤のFKはGK池田がキャッチ。

AT3分。

90分、07登坂の左CKをGK波多野がキャッチしてロングフィード。右で追った11半谷が倒されるがファールはなく、08伊藤の右CKに。ゴール前にこぼれたところからカウンターになりかけるがカットして新潟の右スローイン。これもカットして今度は東京のカウンター。32今村から11半谷へパスが入るがDFがクリア。
90+3分、新潟の交代、07登坂→15稲川。
左スローインから13吉田が抜け出しクロスを入れるがクリアされ、08伊藤の左CK。正面での23長谷川光が頭で合わせるが、ボールは右へ切れる。ここで試合終了の笛。両チームで何人も膝をついて疲れ果てた様子だったのが印象的だった。

-----
前日に上位陣が足踏みしたので、ここで勝てば得失点差で首位に立てる、というところだったのだが、惜しくも引き分け。しかし連携も完全ではない中、それぞれ力を出し切った。特に前線の3年生たちの気持ちの入ったプレーは素晴らしかった。

09吉村はAチームでなかなか出番がなくとも、T1でチームを引っ張り、不慣れなSBのポジションにも前向きに取り組んできた。だから出番が回ってきたときにしっかり仕事ができる。チームの土台を作ってくれるのはこういう選手だと思う。

3年生不在のDFラインを支えた坂口は、実は昨日から発熱していたとのこと。いつもの陽気さこそ控えめだったけれど、長谷川光と2人で相手の長身FW小枇を封じきった。長谷川光は、T1武蔵野シティ戦で2mのジョーダン・ドッヂと対峙した経験が活きたかな。J3から経験を持ち帰る選手、T1から積み上げてくる選手、Aチームにはいろんな力が結集している。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック