2016年10月22日

Jユース杯 2回戦 FC東京U-18vs愛媛FC U-18 小平グランド

昨年からグループリーグを廃止してトーナメントに変更されたJユース杯。負けたら終わりの大会が始まります。ということで、トップの鹿島戦@味スタと時間が重なっているが小平へ。

FC東京U-18 [ 4 - 0 ] 愛媛FC U-18

【FC東京U-18】=============================
−−−−11半谷−41久保−−−−
10松岡−−−−−−−−−07生地
−−−−14内田−08伊藤−−−−
24荒川−02坂口−05蓮川−27岡庭
−−−−−−01波多野−−−−−


明日はJ3があるがどうするか、と思っていたが、トーナメントとあって普通にハシゴしてもらうらしい。ハシゴ出場が当たり前のような気がしてきていて、それも何だかな…。

【愛媛FC U-18】=============================
−−−−09木田−−14田村−−−−
11小倉−−−−−−−−−−10谷川
−−−−26渡邊−−08今井−−−−
02二宮−05三輪田−25松岡−06横江
−−−−−−−01山口−−−−−−


愛媛U-18は1回戦でガイナーレ鳥取U-18を3-1で下して勝ち上がり(地元鳥取と試合できなくて個人的にはちょっと残念。笑)。


06分、ファールがあり右サイドからのFK。08伊藤がファーへ蹴ったボールに14内田が頭で合わせて先制。【1-0】

09分、02坂口のロングフィードを左サイドで11半谷が追って、マイナスのパスを受けた10松岡が切り込みシュートを打つがGK山口がブロック。

13分、27岡庭からのパスを11半谷がDFを背負って受け、ヒールで外へパス。07生地が抜け出してPA内へ切り込むがDFにカットされる。こぼれたボールをひろって14内田がミドルシュートを打つが枠上。

14分、11半谷が右からドリブルで切り込みシュートを打つが枠上。

愛媛のプレスは速いが、落ち着いてかわして行ける。しかしカットされると前線09木田・14田村のカウンターが速いので気は抜けない。DFラインが“前プレ”に合って出しどころに困る場面も。

16分、左でつないでパスを受けた41久保がシュート。力が乗り切らず、GK山口がキャッチ。

22分、右でパスを受けた41久保がDFをかわして中へ切り込みミドルシュート。よいコースだったがGK山口が片手ではじく。08伊藤の右CKはGKがキャッチ。

25分、カウンターから愛媛の波状攻撃。右の10谷川、左の11小倉から速いクロスが入るが、05蓮川と27岡庭がクリア。

30分、14内田から左前へのパスに24荒川が走り、1タッチでクロスを入れる。ニアに41久保が走り込みダイレクトでシュートを打つが枠上へ。

32分、愛媛の左FKをクリアすると、セカンドボールを奪い41久保がドリブル。右を並走する11半谷へパスして自分はゴール前へ走る。11半谷がドリブルからクロスを入れるがDFがブロック。08伊藤の右CK、ニアに低い軌道で入れたボールはDFがクリア。もう一度右CKで今度はふわっと中央へ入れるがGK山口がキャッチ。

35分、左からパスを受けた11半谷のミドルシュートはDFがブロックして08伊藤の左CK。中央でフリーになった02坂口がジャンプするが、わずかに頭上を越してファーに流れる。

39分、左サイドを11半谷がドリブルで持ち上がり中へパス。ニアに41久保が走り込みシュートを打つが枠を切る。

40分、中央右で07生地がセカンドボールをひろい、外へドリブルしてゴール前へパスを入れる。ゴール右、GK山口と1対1になる位置で10松岡が受けるが、足元に入りすぎ持ち直したところをDFに囲まれてシュートは打ち切れず。

愛媛のDFラインは割と長身揃いなので、ロングフィードやクロスは跳ね返されがち。しかしセカンドボールを07生地がひろいまくる。

44分、中盤左からパスを受けた08伊藤が、意表を突いたミドルシュート。逆サイドのネットにパサリと刺さる。お見事!【2-0】

ペースを握って攻め込むもなかなか追加点が取れないところで、終了際にようやくゴールが決まってHTへ。

-----
後半。
東京の交代、07生地→23長谷川光。生地は明日のJ3に備えての交代。
−−−−−11半谷−41久保−−−−−
24荒川−−−−−−−−−−−10松岡
−−−−−14内田−08伊藤−−−−−
23長谷川光−02坂口−05蓮川−27岡庭
−−−−−−−01波多野−−−−−−

長谷川光は元々CBだが、最近SBにも挑戦中。これは来季に備えて、のことと思う。

51分、ポジションを上げた24荒川がドリブルで中へ切り込むところを倒され、ゴール正面でFK。41久保、と見せかけて08伊藤が蹴るが壁に当たる。伊藤の右CKはDFがクリア。

54分、右から41久保が切り込みシュートを打つがDFがブロック。左へ飛んだセカンドボールを23長谷川光がひろい、24荒川にパス。荒川がヒールで前へ送ったボールに久保が左から抜け出し、角度のないところからシュートを打つがDFがブロック。08伊藤の左CKをファー後方から05蓮川が頭げ折り返し、これを受けた10松岡が反転してシュートを打つがブロックされる。

56分、14内田が左で粘って抜け出し、マイナスのパス。41久保が少し切り込んでゴール前へグラウンダーのパスを送る。ニアの11半谷がスルーしてゴール正面の10松岡へ届くが、DFがブロック。

60分、24荒川がDFの囲みをかわして中へドリブル、ゴール前へのパスを受けた10松岡のシュートはGK山口がキャッチ。

41久保が右から切り込みシュート、左から24荒川のゴール前へのパス、右後方から11半谷へのアーリークロス、と畳みかけるがクリアされる。

62分、セカンドボールを41久保がひろい右へパス。11半谷が走り込みシュートを打つが枠外。

65分、右の高い位置で41久保からパスを受けた27岡庭がクロスを入れるが、中で受けた久保(?)のヒールシュートは当たり損ねる。セカンドボールを左で24荒川がひろい、クロスを入れる。ファーで14内田がヘディングシュートを狙うが、ライン上でDFがクリア。正面で久保がひろいシュートを打つが枠外。

66分、東京の交代、14内田→15小林幹。小林幹が左に入り、24荒川がボランチに移動。

69分、27岡庭のクロスはDFがクリア。混戦のセカンドボールを41久保がひろってシュートを打つがDFに当たる。08伊藤の右CKは中央に合わず、セカンドボールをつないで10松岡が切り込むがDFがクリア。左CKは久保、ニアへのボールに23長谷川光が走り込みシュートを打つが枠外。

71分、愛媛の交代、14田村→18。

72分、東京の交代、10松岡→32今村。今村がトップに入り、41久保が右へ移動。

75分、ロングフィードに対応しようとしたDFの背後から11半谷が走り込み、左でボールを奪ってドリブル。切り込んでシュートを打つがGK山口がブロック。セカンドボールに中央を並走してきた32今村が詰めてゴール。【3-0】

77分、東京の交代、24荒川→22杉山。杉山が左に入り、15小林幹がボランチへ移動。

80分、東京の交代、27岡庭→29篠原。これが最後の交代で、最終の布陣はこう。
−−−−−32今村−11半谷−−−−−
22杉山−−−−−−−−−−−41久保
−−−−15小林幹−08伊藤−−−−−
23長谷川光−29篠原−05蓮川−02坂口
−−−−−−−01波多野−−−−−−


82分、愛媛の交代、08今井→15。

84分、右からの愛媛のFKをクリアして東京のカウンター。41久保の縦パスは32今村に届かずクリアされる。今度は愛媛のカウンター。右サイドを駆け上がり中へパス。ニアで受けてのシュートは枠上へ。

86分、11半谷が右サイドをドリブル、中へ切り込んでのパスを受け41久保がシュートを打つが枠外。

87分、右後方からの41久保のパスを受けて32今村が反転シュート。DFがブロック。

88分、41久保がドリブルで持ち上がりクロスを入れる。11半谷が走り込むがDFがクリア。08伊藤の右CKはファーでクリアされる。

90分、23長谷川光→22杉山→41久保とつないで、左から久保がクロスを入れる。ファーの11半谷がシュートと見せて足で折り返し、ゴール正面の23長谷川がシュート。駄目押しの追加点。【4-0】

AT3分。そのまま試合終了。

-----
終わってみれば「危なげなく」という勝利だったが、ベンチからは前半は特に「気合い入れろ!」「テンポ、テンポ!」と声がかかっており、緩んでしまえばこの先が難しくなっただろう。最後まで攻め切って終われたのは良かった。良い意味でガツガツしている今村がAチームに絡んできたのは、チームの雰囲気をアゲる効果があると思う。

今日のMVPは1アシストの半谷。本人はゴールできなくて悔しいかもしれないけれど、“U-18伝統”の猛烈な前プレも、ボールを持ったら一気に抜きにかかるドリブルも、チーム全体を引き締めて自信を与えてくれる。そして、素晴らしいのは守備に転じるときの速さ。意識の方向を瞬時に切り替えて次のプレーを選択できるのは、視野の広さと責任感あってのこと。

前半は左SB、後半は左サイドハーフ、さらにボランチにポジションを変えて、どこにいても活躍して見せた荒川。適正ポジションは一体どこなんだと言いたくなるが、このまま万能プレーヤーとして育ってくれるなら嬉しい。本日、誕生日。

一方、交代してすぐの左サイドでは上手く試合に入れずにフワフワしていたが、ボランチに移ってからセカンドボールをひろい、攻め上がり、パスを出し、光り始めた小林幹。この人は真ん中の人だなあ、というかむしろプレーエリアを決めちゃいけない人だなあと思う。むさしの頃からそんな感じだ。そういう自分の持ち味に、この先チームの方を合わせさせることができるかどうかを楽しみにしています。

次戦は10/30(日)13時、vs名古屋U18@時の栖。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック