2016年11月05日

Jユース杯 準々決勝 FC東京U-18vsガンバ大阪ユース 味の素スタジアム西競技場

快晴の土曜日。深川とむさしのU-15高円宮杯関東大会も気になるが、味スタ西へ。

FC東京U-18 [ 4 - 1 ] ガンバ大阪ユース

【FC東京U-18】=============================
−−−−−11半谷−10松岡−−−−−
14内田−−−−−−−−−−−07生地
−−−−12小林真−08伊藤−−−−−
24荒川−23長谷川光−05蓮川−27岡庭
−−−−−−−01波多野−−−−−−


同日に駒沢開催のJ3長野戦には、岡崎、鈴木喜、坂口、高橋、品田、平川、そして久保が出向。

【ガンバ大阪ユース】=============================
−−−−−15林−−07松本−−−−
08西田−−−−−−−−−−13久本
−−−−17山下諒−11小西−−−−
06山下令−26岸田−05上岡−22奥井
−−−−−−−−01谷−−−−−−


こちらも翌日大分でのJ3に、食野、梅津、渡辺、足立が出向。堂安はもうユースには出てないのね(と今更…)。


02分、14内田が左サイドのドリブルから内側を並走する10松岡へパス。松岡のシュートはDFに当たり、ループ気味に飛んでGK谷がキャッチ。

03分、右遠めから11のFK。上に上がったクリアはGK波多野がキャッチ。

G大阪は両SB、特に06山下令が高い位置を取る。サイドの裏を突いていきたい。東京は立ち上がりから前線のプレスがハマる。

10分、右スローインを10松岡がPA内でトラップ、落ちたボールを11半谷が受けて中へ切り込む。DFの足がかかって倒れるがファールはなし。

12分、中盤右で08伊藤が倒され!自分で蹴るFK。ゴール前のスペースに落ちたボールにファーから10松岡が走り込むが届かず、DFがクリア。

14分、右のエンドライン際を10松岡が回り込み、ゴール前にパスを送る。11半谷がニアでつぶれ、こぼれたボールを中央で14内田が押し込む。先制!【1-0】

16分、中盤左で15林が12小林真からボールを奪いドリブル。クロスは27岡庭がブロックして、06山下令の左CKに。中央で競り合い、こぼれたボールが上にバウンドするが、GK波多野がキャッチ。

18分、右で11半谷がセカンドボールを受けてドリブル。DFを振り切ってPA内へ入ったところで倒され、これはPKの判定。08伊藤が中央に決めて追加点。【2-0】
半谷は今年2回PKを失敗していて、自分で獲得した得点チャンスを譲ったのは不安もあったのだろう。大丈夫、次は自分で行こう!

23分、11半谷のパスを受けて14内田が右から抜け出し、中へパス。07生地が中央へ走り込むが、シュートはDFがブロックしてクリア。

31分、左から11半谷がドリブルで抜け出す。中へのパスにニアで10松岡がつぶれて、中央後方から07生地がシュート。GK谷がタッチしたように見えたがバーに当たったのか? ボールは外へ飛んでゴールキックに。

37分、相手スローインを右でカットして10松岡がドリブル。中へ切り込んでそのままグラウンダのミドルシュートを打つが枠外へ。

39分、中盤右でボールを持った07生地がフッと遠くを見て、左前のスペースへ大きくサイドチェンジ。24荒川が駆け上がってこれを受け、ドリブルからクロスを入れる。ニアで14内田がきっちり頭で合わせて本日2点目を決める。【3-0】

41分、ファールがあり左遠めから08西田のFK。ニアへ低く入れたボールは08伊藤が後ろに戻りながらクリア。セカンドボールを追って10松岡が競り合い、ボールを相手に当てて外へ逃がす。

43分、左で15林がパスを受けて抜け出す。カバーに入った05蓮川がスライディングでクリアしてCK、と思ったら、PKの判定。横から見る限り完全にボールに行ってまったく相手には触ってなかったのだが、後ろから見ると足がかかったように見えたのかもしれない。キッカーは11小西。左へ飛んだGK波多野の逆に決める。【3-1】

-----
後半。
G大阪の交代、17山下諒→04小林。08西田→19白井。白井がトップに入り、15林が左サイドへ。この交代で後半はやや押し込まれる時間が増える。

51分、中盤中央右寄りでファールがあり07生地のFK。後方からのボールに中央で14内田が頭で合わせるが、GK谷の正面。

52分、右奥で07松本が24荒川をかわして中へ切り込みクロスを入れる。ファーで13久本がダイビングヘッドで狙うが枠外へ。

53分、04小林が中央でカットしてドリブルから中へパス。15林がゴール前で受けてシュートを打つがDFに当たり外へ。
左CKにニアでバックヘッド気味に合わせるが枠上。

55分、19白井が右から抜け出しクロスを入れる。ニアで13久本の飛び込みに23長谷川光がマークにつきクリア。11小西の右CKをクリアするが、小西がひろって再度入れたクロスをファーサイド後方で受けてシュート。DFがブロックしてこぼれたボールをひろって右からクロスが入るがGK波多野がキャッチ。波状攻撃をしのぐ。

56分、後方からのボールを追った07生地が倒され、左でFK。生地がファーに蹴ったボールに05蓮川が頭で合わせるが枠外へ。

60分、G大阪のカウンター。15林が左サイドを持ち上がり中へパス。ゴール前には合わずにファーへ流れたボールを19白井が追う。24荒川がマークにつくがエンドライン際からクロスを入れる。ゴール前の競り合いでファールがあり、東京ボールに。

62分、ロングフィードを受けた07生地からスイッチして10松岡がドリブル。DFの間を通してゴール前にパスを送るが、11半谷の前でDFがクリア。08伊藤の右CKはGK谷が前に出てキャッチ。

66分、19白井が右から抜け出し、速い低いクロスを入れる。中央で11小西(?)が打ったシュートは05蓮川がブロック。こぼれたボールをひろって左からシュート、これも蓮川がブロック。もう一度左後方からのミドルシュートは枠上へ。

68分、12小林真が自陣中央で切り返してマークをはずし縦パスを入れる。中央左から10松岡が抜け出してシュート。後半のゴールで再び3点差とする。【4-1】

76分、サイドチェンジに22奥井が駆け上がり、14内田のマークを振り切ってクロスを入れるが、中央には合わずファーに流れる。15林がひろっていったん下げたところに10松岡がプレスをかけてボールを外へ追い出す。

77分、13久本の低いミドルシュートはGK波多野がキャッチ。

78分、G大阪の交代、13久本→34宮脇。

79分、14内田のパスを左で10松岡がフリーで受けて抜け出す。DF2人をかわしてマイナスに送ったパスに11半谷が走り込みシュートを打つが枠上。

80分、東京の交代、10松岡→18鈴木郁。

81分、右スローインからセカンドボールを34宮脇がひろって抜け出す。低いクロスは中にしぼった27岡庭がクリア。

82分、東京の交代、12小林真→15小林幹。小林幹が左に入り、14内田がボランチへ移動。

84分、東京の交代、27岡庭→19吹野。

85分、自陣左でパスを受けて18鈴木郁がドリブルで持ち上がりミドルシュートを打つ。枠上、と思ったらゴール前で落ちる弾道だったがバーに当たる。GKがさわって(?)外へ。
ここでG大阪の交代、22奥井→18臼井。
08伊藤の右CK。中央に落ちて転がったボールをファーで18鈴木郁がシュートしようとするが蹴り損ね、クリアされる。

87分、東京の交代、11半谷→22杉山。
左で18鈴木郁が粘って、07生地の左CK。低いクロスにニアの鈴木郁が頭で合わせるが枠上。

88分、東京の交代、14内田→37寺山。

89分、22杉山が中央で受けて縦にスルーパスを送る。18鈴木郁が抜け出し、GK谷と1対1でシュートを打つがブロックされる。

AT3分。

45+1分、07生地のドリブルから左CKに。生地が蹴ったボールはDFがクリア。ファーで37寺山がひろってシュートを打つが枠上。
ゴールキックから34宮脇が右を抜け出しカウンター。ミドルシュートはGK波多野がキャッチ。

試合終了。

-----
着々と勝った、という感じの快勝でした。Aチームに出始めた長谷川光や、久しぶりにU-23から戻ってきた小林真が、立ち上がりに少し慌てたり持ちすぎたりというところもあったけれど、次第に落ち着きを取り戻すと前半はほとんど危なげのない試合運び。
後半はG大阪が前線に突破力のある19白井を入れてきたことで相手の攻撃を受ける場面も増えたが、ハイボールは蓮川がほぼ全勝で跳ね返し、波状攻撃も集中してしのぎ切った。前でも後ろでも全員が守備で手を抜かないとわかっているから、攻撃に転じたとき自信を持ってチャレンジができる。ウチのU-18はいいチームですよ、青赤好きは見に来てね。

準々決勝の他の3試合はすべて延長、PK戦までもつれ込んだ模様。準決勝は11/13(日)、京都U-18と対戦。鳥栖のベストアメニティスタジアムでの第一試合、11:30キックオフ。

-----
試合後は大急ぎで駒沢へ移動。前半途中に着いた途端に失点(苦笑)。
ばかばかしいほど大勢の報道陣に張りつかれたタケフサに、U-18のチームメイト達が寄り添っていたのが印象に残りました。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック