2016年11月27日

プレミアEAST 第16節 FC東京U-18vs横浜F・マリノスユース 小平グランド

プレミアリーグ再開。残り3節。午後から雨予報だったが試合後半にパラつくくらいで何とか天気はもった。小平、奥の天然芝グランドには大勢の観客。
試合開始前、前節まで首位の青森山田が鹿島ユースに敗れたことが伝わり、ちょっと沸く。この試合に勝てば首位に復帰だ。

FC東京U-18 [ 3 - 0 ] 横浜F・マリノスユース

【FC東京U-18】=============================
−−−−11半谷−10松岡−−−−
14内田−−−−−−−−−07生地
−−−04鈴木喜−42平川−−−−
02坂口−06岡崎−05蓮川−27岡庭
−−−−−−01波多野−−−−−


J3の日程が終了し、岡崎と鈴木喜がU-18に戻ってきた。「戻ってきたからこちらで出られるものではない」と佐藤監督は言うが、それならチーム内の競争を勝ち抜いて2人ともスタメンである。
Jユース決勝の出場を謹慎で逃した波多野も復帰。ここから改めてやってくれるね?


【横浜F・マリノスユース】=============================
−−−−09渡辺−17薄葉−−−−
42椿−−−−−−−−−−10吉尾
−−−−06佐多−14山田−−−−
24澤田−05坂本−03板倉−22藤田
−−−−−−31原田−−−−−−



02分、右CK、キッカーはなんと27岡庭。中央でDFがクリア。

また少し慎重に、まずは受けて入ってしまった。横浜FMはスーパールーキー42椿を活かすため、攻撃はやや左偏重。しかしそこにつられると逆に振られる。わかっていても対応には手を焼く。

08分、11半谷のドリブルをDFがブロックして27岡庭の右CK。ラインを切る。

10分、横浜FMの攻撃、中から右後方へ戻したボールを受けて22藤田がアーリークロスを入れる。ファーで09渡辺がヘッドで合わせるが枠外。

12分、02坂口から14内田へのパスを22藤田がカットしてショートカウンター。藤田の縦パスを09渡辺が半身抜け出しながら受け、中央へ落としたところに14山田が走り込みシュートを打つが、当たりが弱く、枠外へ。

19分、11半谷が右から切り込みゴール前へパス。これを受けた14内田とスイッチして左外から02坂口が切り込んでDFの間からシュートを打つが、GK原田がキャッチ。

21分、14内田が倒されて左遠めから07生地のFK。ファーで内田がヘッドで合わせるが枠上へ。

23分、右スローインをクリアして10吉尾の右CKに。GK波多野が飛び出してクリア。セカンドボールを受けてファー後方からシュートを打たれるが蹴り損ねて枠上へ。

25分、東京DFがカットしたルーズボールを42椿が走り込んで奪い、中へパス。中央でクリアしたところへ17薄葉が走り込んでシュート。わずかに枠上。

26分、左ゴール前へ出たパスにGK原田が飛び出したのを11半谷がかわしてシュートを打つが、DFがカバーに入りクリア。

27分、11半谷が倒され左奥で07生地のFK。ファーで14内田(?)が頭で折り返し、中央後方から10松岡がシュートを打つがDFに当たる。左へこぼれたボールに詰めるがDFがクリア。

29分、27岡庭の右CK。中央で競ってファーにこぼれたボールを04鈴木喜がシュート。DFがクリアして07生地の左CK。ファーで05蓮川が頭で合わせるが枠上へ。

31分、02坂口のロングフィードを右で相手DFが受けたところを10松岡が奪い返し、中へパス。42平川→14内田(?)が後ろに落として、27岡庭がドーンとミドルシュート。枠を切る。

横浜FM前線のプレスは速いが、この辺りになるとだいぶ慣れてきて、パスがつながるようになる。相手ゴール前は人数が揃って固いので、もう少しずつスピードを上げていきたい。守備時の切り替えも。

35分、右奥でのスローインから中につなぎ09渡辺がミドルシュート。GK波多野がキャッチ。ゴールキックを追った11半谷が倒され右遠めからFK。27岡庭のボールをニアポスト際で受けて14内田がシュートを打つが枠外。

38分、14内田が左から回り込みクロスを入れる。ファーで07生地がボレーシュートをきれいに合わせ、ゴール。【1-0】

41分、ロングフィードの競り合いで05蓮川と24澤田が頭をぶつける。ゴン、と音が聞こえる接触で心配したが、蓮川は間もなく復帰。澤田は担架で外へ運ばれる。

43分、横浜FMの交代、24澤田→18平澤。

27岡庭の右CKが続き、クリアから横浜FMのカウンター。左後方からのアーリークロスに、ゴール前の17薄葉がヒールで合わせゴールを狙うが枠外。

AT2分。

45+1分、27岡庭が縦につけたボールを受け、10松岡がふわっと前へパスを送る。11半谷が抜け出して打ったシュートが逆サイドのネットに刺さる。前半終了間際の追加点。【2-0】

-----
後半。
東京の交代、10松岡→41久保。
横浜FMの交代、17薄葉→15西田。

後半が始まると同時に雨がパラパラ降り始める。ゲーフラを仕舞ったりで、観戦エリアの後ろでしばらくバタバタ。入ったばかりのタケフサが最初から魅せてたみたい。後半立ち上がりは東京が試合の主導権を握る。

54分、11半谷がDFのパスをカットして中央を抜け出し、GK原田の位置を見てループシュートを狙う。しかし枠外。

55分、ゴール前で混戦となる中、左から41久保がシュートを打つが枠外。

57分、右CKで27岡庭がグラウンダーの速いボールを送る。ニアで04鈴木喜がスルーするが、中でも合わずにボールは逆サイドへ抜ける。

59分、左でルーズボールをひろい41久保が中へ切り込む。浮き球のパスに右から07生地が抜け出し、右足シュート。左のカドを狙うが枠上へ。

62分、右で足の滑った02坂口をかわして10吉尾(?)が切り込み、クロスを入れる。ファーで18平澤(?)がシュートを打つがGK波多野がはじく。左CKはファーでクリア。

64分、東京の交代、02坂口→23長谷川光。

68分、中央で06佐多(?)がDFの間からシュートを打つが、DFがブロックしてクリア。右後方で10吉尾(?)がひろって打ったミドルシュートは枠を切る。

横浜FMが裏を狙って攻め込む時間帯。

70分、東京の交代、42平川→12小林真。

75分、右からのアーリークロスに42椿が中央へ走り込みトラップ。抜け出そうとするところに27岡庭がしぼって身体を寄せ、もつれてこぼれたボールをGK波多野がキャッチ。

76分、左で14内田が持ち上がり、外から追い越していく23長谷川光へパス。長谷川光が抜け出して中へ折り返したボールを、ニアで11半谷が受け、中央へつなぎ41久保がシュート。GK原田がブロックしてこぼれたボールをもう一度久保がシュートして決める。【3-0】

78分、横浜FMの交代、42椿→27堀。堀が左SBに入り、18平澤が左の前へ移動。

80分、自陣で07生地のパスミスをカットされ、攻め込まれて左CKに。ショートコーナーからのクロスはファーに抜けて、横浜FMはいったんボールを下げる。

81分、東京の交代、07生地→08伊藤。スタメンを外れた伊藤がここからキレキレのパスを何度も見せる。

83分、08伊藤が浮き球のパスを前へ送り、12小林真から41久保へつないでミドルシュート。GK原田がファーへはじいたところに14内田が詰めるがDFがクリア。伊藤の左CKをファーで05蓮川が折り返し、セカンドボールをつなぐがファールで相手ボールに。

85分、中央で密集したところを14内田→41久保→12小林真とつないでシュートを打つが、GK原田がキャッチ。

86分、東京の交代、14内田→15小林幹(ちょっと足が攣っているが交代させてもらえない半谷。夏によく見た光景。笑)。

87分、横浜FMのCKが左、右、左と続き、最後は左後方からのクロスをGK波多野がキャッチ。

89分、ゴール正面で14山田を倒して10吉尾のFK。下を狙うがカベに当たり外へ。左CKはファーでクリア。

AT3分。

90+3分、右から切り込んでのクロスをブロックして右CK。これをクリアして試合終了。

-----
ベンチには前の試合までのスタメンが控え、出場した選手は2名を除きJ3経験あり、というのは、贔屓目に見ても凄いんじゃなかろうか。陣容に恥じない試合結果を残せたのは素晴らしい。

で、早くもEAST首位が転がり込んできてしまって、ちょっと目算が狂ってしまった。最終節までは追う立場で、最後に逆転するんだとばかり思い描いていたので、心を整え直さないといけない。…と、わちゃわちゃしているのはファンばかりで、選手たちは落ち着いたものだと思いますが。
気を引き締めて、頑張れ!

-----
今日から終盤恒例(?)のゲーフラ祭りを始めました。
鹿島、小平へ来られる方は、3年生へ送るゲーフラに寄せ書きをお願い致します。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック