2017年02月23日

T1第2節 FCトリプレッタユースvsFC東京U-18B 駒沢第二競技場

この間新人戦で当たったばかりのトリプと早速の対戦。

FCトリプレッタユース [ 7 - 0 ] FC東京U-18

【FCトリプレッタユース】=============================
−−−−−−26森−−−−−−−
14宇田川−−07川野−−−17谷本
−−−−10根本−05岩崎−−−−
12松本−23茅島−02榎戸−04進藤
−−−−−−01島田−−−−−−


【FC東京U-18B】=============================
−−−−32今村−13吉田−−−−
39芳賀−−−−−−−−−17横山
−−−−22杉山−14沼田−−−−
35鈴木−34草住−36高橋−28天野
−−−−−−21大本−−−−−−


むさしの3年生・沼田がT1初スタメン。むさしからのT1出場は初めてかな?


01分、早速トリプレッタの右CK。07川野が蹴ったボールはGK大本が飛び出してしっかりキャッチ。

10分、相手スローインをカットして右から14沼田(?)がロングフィード。13吉田が抜け出すがGK島田がキャッチ。

11分、東京のカウンター、中盤22杉山から左でフリーの35鈴木へ。鈴木の縦パスを受けて32今村が中へ切り込みシュートを打つがDFがコースをふさいでブロック。

12分、13吉田がドリブルで持ち上がってクロスを上げる。ファーサイドの32今村がボレーで折り返したところに22杉山が中央へ走り込んでシュートを打つ。しかし左ポストに当たりGK島田がキャッチ。

14分、ゴール前左でつなぐがシュートに行けず、中央後方へ戻したボールを22杉山がもう一度左へ送る。35鈴木が受けてシュートが決まり先制。【0-1】

昨年の怪我から復帰のトモヤが調子を上げてきた。守備でもプレスがかかっても落ち着いてボールをつなぐ。
この後しばらくは中盤での奪い合いが続き、互いにゴール前まで行けない。初出場の14沼田も遜色のないプレー振り、球際が激しいわけではないが身体を上手く入れてマイボールにできる。持ち味のパスも良い。
東京は左サイドの芳賀が中寄りでプレーして3トップ気味になることが多い。

27分、右で13吉田からの縦パスに14沼田が抜け出し、DFと競り合って右CKに。17横山のボールにファーからニアへ走り込んだ14沼田がヘッドで合わせるが枠を切る。

31分、13吉田が右→中へドリブルして左の35鈴木へ、鈴木から左外の22杉山へつなぎ、杉山が抜け出しシュートを打つがDFがブロック。ゴール前でごちゃごちゃっとしたところを13吉田が押し込むがオフサイド。

32分、左遠めから05岩崎のFK。GK大本が飛び出すが混戦でさわれず、こぼれたボールをひろって右から26森がシュート。枠上へ行くが、その前にファールで東京ボールに。

35分、34草住がプレスをかわして縦にパス。13吉田がワンタッチで左の32今村へ送り、そのまま前へ並走。今村のスルーパスに吉田が抜け出してクロスを入れるがGK島田がキャッチ。

40分、28天野が前へ運び、パスを受けた17横山が奥までえぐってクロスを入れる。ゴール正面の32今村がボレーで合わせるがわずかに枠を切る。

43分、左外の32今村からパスを受け、39芳賀が左から中へ切り込みミドルシュート。GKの頭上を越えて突き刺さるゴラッソが決まる。【0-2】

45分、バイタルエリアでつないで左からのクロス、中央で17谷本が受けて反転シュートを打つが枠上。

45+1分、右サイド深い位置で28天野がDFと1対1から無理やりクロスを上げる。山なりのボールがニアに落ちたところを39芳賀がシュート、枠を切る。

前半2点リードで折り返し。

-----
後半。
トリプレッタの交代、07川野→11船越、26森→08濱田。船越は、深川で阿部巧たちと同期だった船越啓太の弟らしい。
−−−−−−08濱田−−−−−−
11船越−−−10根本−−−17谷本
−−−−05岩崎−14宇田川−−−
12松本−23茅島−02榎戸−04進藤
−−−−−−01島田−−−−−−


47分、12松本がドリブルで持ち上がって縦にパス。08濱田が抜け出すが、35鈴木が逆サイドから中へしぼってクリア。04進藤の左CKはファーでクリア。

51分、13吉田の抜け出しを倒して02榎戸にイエローカード。正面右でのFKを、17横山がタイミングをずらして前へ蹴る。39芳賀が頭で合わせて本日2点目を決める。【0-3】

54分、自陣でトリプレッタの右スローインを奪って39芳賀がドリブルで前へ。右前へ大きくサイドチェンジ。32今村が抜け出して受けると、DF2人のマークを振り切って中へ切り込みシュート。【0-4】

59分、11船越のドリブルから04進藤の左CK。正面後方でクリア。

60分、35鈴木が左から切り込み中へパス。中央で32今村が受け、切り返してシュートを打つがDFがブロックして右CKに。
その前に東京の交代、22杉山→20品田。39芳賀→45佳史扶。
入ったばかりの品田が蹴ったボールをファーで競り合って、落としたところを34草住がシュート。DFに当たって左CKに。品田のゴールへ向かう軌道のボールはGK島田がキャッチ。

69分、自陣で取り返したボールをセンターサークル手前で32今村が受け、少し運んで前の13吉田へパス。吉田が中央から右へ抜け出し、飛び出したGKと1対1を決める。【0-5】

71分、東京の交代、14沼田→44金誠敏(キム・ソンミン)。
トリプレッタの交代、17谷本→24。05岩崎→25。

74分、32今村が中央をドリブルで持ち上がりミドルシュート。右ポストに当たって跳ね返ったところに13吉田が詰めてゴール。【0-6】

74分、東京の交代、17横山→43岡。

75分、32今村のシュートが枠上に行ったところで、32今村→40宮田。深川の岡・宮田もT1初出場、で、最終的にはこんな布陣に。
−−−−40宮田−13吉田−−−−
45佳史扶−−−−−−−−−44金
−−−−−43岡−20品田−−−−
35鈴木−34草住−36高橋−28天野
−−−−−−21大本−−−−−−


78分、13吉田が右から切り込みシュート。GK島田がキャッチしきれず20品田の右CKに。ファーで競り合ってこぼれたボールを45佳史扶がひろい、右へドリブルして品田へ戻す。品田から中へつなごうとするがこれはDFがカット。

80分、左スローインから中へ切り込むところを倒して04進藤のFK。ニアで受けたところを東京DFがクリア。

83分、アーリークロスに左で40宮田が抜け出すが、DFがブロックして20品田の左CK。ファーで折り返したボールに宮田が頭で合わせるが、GK島田がかき出す。

87分、DFからのバックパスを40宮田が追って、GKのキックミスを誘う。クリアが小さくなったところを中央で13吉田がカットして、前に出ているGKの位置を確かめてグラウンダーのミドルシュート。これが決まって吉田はハットトリック。【0-7】

88分、トリプレッタの交代、23茅島→13坂東。
−−−−−08濱田−−−−−
11船越−−−10根本−−−24
−−−13坂東−14宇田川−−
12松本−25−02榎戸−04進藤
−−−−−01島田−−−−−


89分、東京DFがパスカットするがこぼれを08濱田がひろい、正面右から切り込んでシュート。GK大本がキャッチ。

このまま試合終了。

-----
前半から吉田・今村が裏を狙って行き、後半はトリプレッタが前がかりでDFラインが高くなったため、さらにカウンターで得点を重ねることになった。吉田・今村はそれぞれに「ストライカー」なので以前は意思疎通できてる?と思う場面も多かったが、試合を重ねる中で次第に互いの動き方がわかってきた感じがする。

時間限定で慎重に復帰させているらしい品田。セットプレーで蹴るボールの軌道がつくづく良い。完全復活が待たれる。
一方で、横山のセットプレーは蹴る前のDFとの駆け引きを含めた上での良いボール。クイックやフェイントでタイミングをずらしてみたり、意表をついたコースだったり、面白い。

GKからの指示内容の良し悪しはよくわからないけれど、大本のコーチングは「聞き取りやすい」のと「内容がはっきりしている」という2つの意味でわかりやすい。つまり味方を動かしやすい。状況判断と同時に、声質と滑舌が良いこともGKの資質の一つだと思う。GKは発声練習もやればいいのに、と思うんだよね。

-----
本日の副審は高橋海人、どうもありがとう。
木曜日18時のキックオフは社会人には厳しい〜と思っていたが、HTあたりからどんどん風が強くなって気温も下がり始めたので、この時間で良かったかも。昼間はずいぶん暖かかったのだが、まだまだ夜は寒いです。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447859521
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック