2017年03月20日

春フェスですよ。イギョラ杯 小平グランド

好天に恵まれた3月の三連休、U-18は2つの春フェスに参加してました。

・3/16(木)〜19(日) 福岡 サニックス杯国際ユースサッカー
・3/18(土)〜20(月・祝) 東京 イギョラ杯

サニックスにAチーム、イギョラにBチームということだったけれど、実際には新2・3年生のほとんどのメンバーがサニックスへ(平川はU-17遠征でアメリカ)。イギョラ初日は新1年生のみ。
18日にはJ3とJ1の試合が重なるためトップチームの人が足りず、U-18の坂口・小林真・小林幹・原・久保・岡庭・品田は前日の試合後に福岡から藤枝へ新幹線移動。藤枝戦の後はそのまま東京へ戻り、久保以外は翌日から交代でイギョラへ参加の強行軍。今年もU-18は忙しそうです…。

ということで、イギョラ杯に参加したのはまだ顔を合わせたばかりで連携も何もあったもんじゃないチームだったので、各試合のメンバーのみ記録しておきます。ちなみに試合は35分ハーフの70分(HTは5分)。


-----
○3/18(土) Dグループ第1試合
FC東京U-18 [ 0 - 1 ] 浦和レッズユース

【FC東京U-18】=============================
−−−−39宮田−41谷地田−−−
34小林里−−−−−−−−−12金
−−−−37沼田−35武井−−−−
38佳史扶−28岡−32木村−40森田
−−−−−−30高橋−−−−−−


後半12分、30高橋→21飯塚。12金→43横田。

今年のイギョラ杯優勝は浦和だったけれど、この日はスタートもベストメンバーではなかった様子で、途中にどんどん選手を変えて最後はほぼ新2年生だったのかな?
立ち上がりはテンパってミスが続いた東京だったが、15分頃からは何とか落ち着いてパスがつながるようになった。が、ひとつプレーした後の切り替えや動き直し、判断のスピードがあきらかに遅く、この年代の1〜2年の違いはやはり大きいなあと再確認した次第(色々と規格外の人が何人かいるので、基本的なことを忘れそうになる)。反対に、ひとつのプレーでのテクニック面では負けていないので、これからが楽しみでもあります。

サイドを突かれながらゴール前で踏ん張っていたものの、後半23分に中央左をドリブルで突破され失点。GK飯塚も横飛びして反応するがわずかに届かず。
U-18にチャンスがないわけでもなかったので、惜しい敗戦。


-----
○3/19(日) Dグループ第2試合
FC東京U-18 [ 0 - 2 ] 習志野高校

【FC東京U-18】=============================
−−−34小林里−39宮田−−−−
41谷地田−−−−−−−−43横田
−−−−18品田−40森田−−−−
38佳史扶−28岡−32木村−05岡庭
−−−−−−30高橋−−−−−−


HT、39宮田→37沼田。40森田→35武井。
−−41谷地田−−34小林里−−
38佳史扶−−−−−−−43横田
−−−18品田−−37沼田−−−
05岡庭−28岡−32木村−35武井
−−−−−−30高橋−−−−−


後半10分、30高橋→21飯塚。

J3藤枝戦のスタメン組はこの日はOFFで、ベンチスタートだった岡庭・品田が出場。センパイに緊張したのか声が少なく、終始ギクシャクとしたプレー。センパイからの声も少ないのはイカンよ。前後半に1失点ずつ。

後半交代後の某達人の名言「マナト・コーセーのボランチはロマン派」


-----
○3/19(日) Dグループ第4試合
FC東京U-18 [ 2 - 1 ] 佐野日大高校

【FC東京U-18】=============================
−−−−39宮田−43横田−−−−
34小林里−−−−−−−−37沼田
−−−−35武井−18品田−−−−
38佳史扶−28岡−32木村−40森田
−−−−−−21飯塚−−−−−−


HT、18品田→41谷地田。谷地田が右に入り、沼田がボランチへ。
後半12分、21飯塚→30高橋。

前半20分、右から37沼田のミドルシュートをGKがニアに飛び出してブロック。こぼれたボールに43横田が詰めて先制。
後半12分、41谷地田が右からドリブルで切り込み、勢いのままミドルシュートがズドンと決まって2点目。
後半22分、佐野日大高がカウンターでGK高橋をかわして流し込み、1点返す。

午前中とは見違えるように動きが良くなり、東京ペースの展開。沼田がどんどんミドルシュートを狙っていた。「ヤッチ(本物)」こと谷地田は右サイドがやりやすそう。


-----
○3/20(月・祝) 3位トーナメント第2試合
FC東京U-18 [ 1 - 3 ] 日大藤沢高校

【FC東京U-18】=============================
−−−39宮田−14原−−−−
34小林里−−−−−−43横田
−−08小林真−37沼田−−−
12金−28岡−40森田−35武井
−−−−−30高橋−−−−−


HT、14原→10小林幹。39宮田→38佳史扶。08小林真→32木村。28岡→02坂口。
−−−34小林里−−10小林幹−−−
12金−−−−−−−−−−−43横田
−−−−35武井−−37沼田−−−−
38佳史扶−02坂口−32木村−40森田
−−−−−−−30高橋−−−−−−


後半13分、30高橋→21飯塚。

最終日、各グループ3位同士のトーナメントには帝京が来るはずだったのだが、同地域のチームが集まっても、ということでチームを入れ替えて日大藤沢との試合に。第1試合は磐田U-18 5-0 成立。

品田・岡庭はこの日はOFFで、他のJ3組が参戦。しかしイマイチ噛み合わず、前半まずは2失点。終了際に39宮田のゴールで1点返す。
後半も日大藤沢ペースで、27分にハイボールで競り負けたところから右サイドへつながれ、中へ切り込んでシュートが決まり1-3。切り替えや動き直しのスピードを上げていかないと、と改めて感じる。


-----
○3/20(月・祝) 3位トーナメント第4試合
FC東京U-18 [ 3 - 0 ] 成立学園高校

【FC東京U-18】=============================
−−−14原−39宮田−−−−
10小林幹−−−−−41谷地田
−−08小林真−35武井−−−
12金−28岡−32木村−02坂口
−−−−−21飯塚−−−−−


後半10分、08小林真→38佳史扶。佳史扶が左SBに入り、12金がボランチへ。
後半14分、21飯塚→30高橋。

むさし組がいないと思ったら、午後から卒団式とのこと。
新3年生4人が入るとさすがに貫禄を見せ、新1年生も上手く使ってペースを握る。
前半22分、左の10小林幹からのクロスを14原がDFを背負ってトラップ、反転シュートが決まり先制。
前半31分、左から侵入した14原が絶好のパスを送るも、ゴール右で39宮田がトラップミス、残念! しかし上がってきていた02坂口に戻すと、坂口のクロスにファーの原が下がりながらのヘディングシュートを決めて追加点。
後半17分、ハーフウェイラインあたりから10小林幹がミドルループ(所謂「銅像ミドル」=記念の銅像が立つレベルのミドルシュート)を決めて3点目。
終了際、38佳史扶が左で粘って上げたクロスに中央へ走り込んだ14原がダイレクトで合わせる、と思ったら豪快に空振り(笑)。ハットトリックを逃した。

成立学園とはT1で5/3に対戦予定となっている。新1年生うちの何人かは、その試合にも出場するだろう。今日は新3年生達が中心になったけれど、次は自分達で試合を動かせるかな?


-----
イギョラ杯トータルでは11位で終了。
新1年生達には、入学前のこの時期に高校年代のプレーを経験できて、まず目指さないといけないレベルがはっきりしたことと思います。新生活、新チーム、みんな頑張ってね!
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック