2017年07月09日

プレミアEAST 第8節 FC東京U-18vs鹿島アントラーズユース 小平グランド

仕事にかこつけてしばらく観戦記録をサボってました。そのうちしれっと過去記事を追加しているかもしれません。

前日の土曜日、U-23は福島ユナイテッドFCとアウェイで対戦。後半81分からの2ゴールで追いつき、2試合連続の引き分け。U-18からは品田、平川、久保がスタメン出場して、ベンチには坂口、長谷川光、小林幹、原が入る。
今日はU-23で長時間プレーした品田と久保はお休みで、他のメンバーは試合に名を連ねる。

土曜日にはトップチームも鹿島と味スタで対戦して、悔しいながらも久々に充実感のある内容の引き分け。心なしか小平の観客の雰囲気も明るい。

いよいよ夏。強い日差し、やや強い南風(小平名物?)。


FC東京U-18 [ 2 - 1 ] 鹿島アントラーズユース

【FC東京U-18】=============================
−−−−10小林幹−14原−−−−−
06荒川−−−−−−−−−−11横山
−−−−08小林真−23平川−−−−
02坂口−04長谷川−03篠原−05岡庭
−−−−−−16高瀬−−−−−−−


昨日、前・後半に半分ずつ出場した平川と小林幹がスタメン。左SB起用が続いていた荒川が、今日は1列前へ。


【鹿島アントラーズユース】=============================
−−−−−09金澤−12渡邉−−−−
05武沢−−−−−−−−−−08出津
−−−−15阿須間−18小沼−−−−
06荒川弘−04中村−13増崎−02結城
−−−−−−−01沖−−−−−−−



2分、左からの低いクロスに、ニアで長身の14原がかがんで頭で合わせるが枠を切る。

05岡庭の左右CKが続くが、GK・DFがクリア。

11分、縦パスに中央左から12渡邉が抜け出して、ゴール前へ折り返す。03篠原がブロック。08出津が低く蹴った左CKはサイドネット。

13分、左から10小林幹がドリブルで持ち込み、エンドライン際を中へえぐってシュート。DFがブロックしてGK沖がキャッチ。

14分、右サイド09金澤のドリブルをファウルで止めてやや遠めからFK。06荒川弘大朗が蹴ったボールはニアで06荒川滉貴がクリア。どーでもいいけど両方「06アラコー」である。

東京はその06荒川滉がやや中寄りの位置取りで、10小林幹とどうやって左サイドを使うか模索中に見える。一方、右サイドは05岡庭のウラをしつこく狙われていて、なかなかこちらから上がって行けない。鹿島の積極的なプレスを嫌がって中盤をハイボールでつなごうとして、ルーズボールをさらわれる。

17分、左へのロングフィードに14原が走り、ボールをキープして周りの上りを待つ。左で短いパスを出し入れしてタイミングを計り、02坂口がクロスを上げる。ファーで原が待ち構えるがGK沖がキャッチ。

19分、05岡庭の縦パスを11横山がスルー、奥で14原が受けたところをDFにカットされるが、原が取り返して反転、右前へパスを送る。横山が受けてドリブルで駆け上がり、ふわっとしたクロスを上げる。ニア後方の08小林真が左足ダイレクトで合わせるが枠外。

25分、飲水タイム。

29分、23平川が左サイドをドリブル、DF2人をフェイントでかわして抜け出すと中へパス。ニアで10小林幹が合わせるが枠外。

31分、ロングフィードに05武沢が抜け出す。マークについた03篠原が競り合いでファウルとなり、PA右から06荒川弘のFKはクリア。ここで14原が左ひじに出血ありということで、治療で外へ出る。08出津の左CKは、ファーにGK高瀬が飛び出し片手ではじく。セカンドボールを拾ってのミドルシュートは枠上。

36分、左スローインからの切り込みを03篠原がクリアしたところにアフターファウルがあり、09金澤にイエローカード。

40分、左からつないで23平川が抜け出しシュートを打つがDFがブロック。05岡庭の左CKはニアでクリア。

42分、GK沖からのロングフィードへの対応を08小林真が迷い、その隙に09金澤が中央を抜け出すが、03篠原が身体を入れ、GK高瀬がキャッチ。

43分、04長谷川光の09金澤へのファウルで、右遠めから08出津のFK。ニアで02坂口がクリア。セカンドボールをつながれて左からクロスが入る。ファーサイドでDFの人数が足りなくなったところへボールが飛ぶが、頭上を越える。

45分、左サイドをドリブルで持ち込み10小林幹がシュートを打つが枠外。

AT1分。

0-0で前半終了。鹿島の中盤の出足の速さに、少し慌ててルーズなボールが多くなった印象。もっと主導権持ってつなげるはず。

-----
後半。
鹿島の交代、05武沢→10須藤。

46分、左からのクロスに08出津(?)が頭で合わすが鹿島の選手に当たりGK高瀬がキャッチ。

後半立ち上がりはまず鹿島が一手。その後はしばらく東京がパスをつないで攻撃が続く。

51分、左の02坂口から06荒川滉がパスを受け、右へ展開。05岡庭の縦パスに11横山が抜け出し、DF1人をかわして中へ折り返す。ニアで14原、08小林真がつぶれて、ファーサイドの荒川がシュートを打つが左ポストに当たる。

55分、05岡庭からパスを受けて11横山が抜け出し、切り込んでシュート。GK沖が両手ではじく。セカンドボールを10小林幹がひろうが、シュートはDFがブロックしてクリア。鹿島のカウンターとなるところを03篠原が止めて、主審から注意を受ける。

60分、08小林真(?)からパスを受けて05岡庭がカウンターで前へ。クロスにファーサイドで14原が頭で合わせるが枠上へ。

62分、右からパスを受けて23平川が中へ切り込みミドルシュート。DFが足に当てて枠上へ。05岡庭の右CKはニアでDFがクリアするも、詰めていた11横山に当たったとの判定でゴールキックに。

鹿島の交代、12渡邉→07佐々木。

64分、右に流れた06荒川滉が10小林幹のパスに抜け出すがDFがクリア。05岡庭の右CKはニアでクリア。

23平川が右から抜け出し、角度のない位置からファーサイド上を狙ってシュートを打つが枠上へ。

10小林幹のパスに06荒川滉が抜け出して折り返す。中央に11横山が待つがその前でDFがクリア。

69分、飲水タイム。
東京の交代、11横山→07杉山。前線はこんな配置に。
−−−−−−14原−−−−−
10小林幹−07杉山−06荒川滉


73分、05岡庭のパスに06荒川滉が抜け出して中へ折り返すがDFがクリア。

74分、鹿島の交代、06荒川弘→03白井。06アラコー対決だったのだがすぐに終わってしまった(笑)。

79分、右スローインからつないで05岡庭が抜け出しクロスを入れる。ファーサイドに走り込んだ02坂口がボレーで合わせて先制。【1-0】

81分、07佐々木からパスを受けて08出津がクロスを入れる。ゴール前でクリア。セカンドボールをファーでひろい、15阿須間がシュートを打つが力が乗らずにGK高瀬がキャッチ。

84分、中央右でファウルがありFK。GK高瀬がキャッチ。

85分、右で10小林幹からパスを受けて02坂口のシュートはGK沖がはじく。05岡庭の左CKも沖が飛び出してはじく。

86分、左から10小林幹の折り返しを中央で07杉山がシュート。DFが足を延ばしてブロック。

87分、鹿島の交代、09金澤→14有馬。

88分、鹿島の交代、08出津→17前田。

89分、左スローインからのクロスに10須藤が頭で合わせ、鹿島が同点ゴール。【1-1】

90分、東京の交代、14原→22今村。

AT3分。

90+2分、05岡庭が抜け出し折り返す。ニアで22今村がつぶれて、中央に走り込んだ07杉山が蹴り込み、土壇場で勝ち越しゴール!【2-1】

試合終了。

-----
前半に自サイドを狙われた05岡庭が、後半は意地の攻め込みで終わってみれば2アシスト。1年生でポジションを掴んだときから(その前から)、オカニーのこういう負けん気はとても頼もしい。たまにそれがオラオラな荒い方に行ってしまうのには気をつけてほしい。

この試合はベンチスタートとなった07杉山。故障を心配したがそういうことではなかったようで、相当悔しかったと思われる。杉山も岡庭と同様サッカー選手としては小柄な体格に、「ナニクソ」という負けん気と、体格差をひっくり返す技術とアイデアを詰め込んでいる。ウルトラマン伶央は見てて楽しい選手です。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック