2017年07月14日

T1 第10節 実践学園高校vsFC東京U-18B 実践学園高尾グラウンド

金曜夕方、午後半休で高尾へ。
明日土曜日はJ3アウェイ鳥取戦、明後日日曜日にはプレミアEASTアウェイの青森山田戦ということで、今日のT1は1・2年生のみの登録となった。GK橋優はT1デビュー戦。キャプテンマークは19芳賀が巻く。副審は杉山。T1首位、ここまで負けなしの実践学園との対戦。

実践学園高校 [ 4 - 2 ] FC東京U-18B

【実践学園高校】=============================
−−−−07前原−10武田−−−−
−−−−−−09村上−−−−−−
12山内−−−−−−−−−08石本
−−−−06北條−05奥山−−−−
−04三澤−−02尾前−−03斎藤−
−−−−−−01成田−−−−−−


【FC東京U-18B】=============================
−−−−34小林里−33久保征−−−−
19芳賀−−−−−−−−−−−−12金
−−−−−20中谷−37沼田−−−−−
25鈴木−29高橋亮−−32木村−40森田
−−−−−−30橋優−−−−−−



01分、中央から左でフリーの12山内へパス。絶妙なトラップで抜け出すが、飛び出したGK橋優がシュートの前にブロックしてキャッチ。立ち上がりにいきなり少しいたむがナイスセーブ。

06分、左スローインから前へのパスに07前原が抜け出して中へ折り返す。中央で09村上がダイレクトボレーで合わせて先制。【1-0】

実践の前線3人の流動的な攻撃をつかまえきれず、振り回される。速いプレスに東京の選手達は跳ね返すのでやっとなのだが、前で収めることができない。

12分、中盤で東京のパスをカットして09村上から縦にパスが入る。32木村が足を出すがさわれず、07前原が中央を抜け出す。GK橋優の脇を抜いて流し込み。【2-0】

東京の選手達、自信がなくなって、味方がボールを持っても自分に呼び込むことができない。気持ちで負けたらだめだよー。

17分、左で12金がファウル。10武田のFKに中央で04三澤が競り勝ち、頭で合わせる。三度、あっさりと失点。【3-0】

20分、中央で34小林里がセカンドボールをひろい前へドリブル。DFのカットしたボールを後ろで受けてゴール前へクロスが入るが、走り込んだ小林里には合わず。クリアを後方でひろった33久保がミドルループを打つがバーに当たる。

22分、19芳賀が左奥まで持ち込んでDFをかわして中へドリブル、シュートを打つがサイドネット。

3得点で実践が少しペースを落としたこともあって、やっと各局面で少し戦えるようになる。

25分、後ろからつないだボールを中央右で33久保が受け、縦にパスを送る。37沼田が走り込みシュートを打つが、力が乗らず枠外。

27分、パスが手詰まりか、となったところで左後方から25鈴木がロングシュート。枠へ飛ぶもGK成田がキャッチ。

28分、飲水タイム。

32分、右の33久保から中央の37沼田、さらに左で34小林里が受けて前へボールを送ると19芳賀が走り込んでシュート。GK成田がさわってクリアとなるが、速いパスがつながっていい流れの攻撃ができた。

35分、33久保から左前へのパスを12金が受け、中へドリブルしてシュートを打つがGK成田がキャッチ。

37分、25鈴木のドリブルから37沼田の左CK。これが両チーム合わせて1本目のCK。ファーで12金が折り返すが中央でのシュートはクリア。

38分、縦パスを10武田が競って05奥山の右CK。ゴール正面へのボールをGK橋優が飛び出し片手ではじく。後方で12山内がひろってミドルシュートを打つが枠上。

39分、34小林里が倒されてPA左角でFK。19芳賀がクイックリスタートを狙うがDFに当たる。結局やり直しで、ニアで東京のファウルに。

45分、中央の09村上から左の05奥山へ、また中へ戻したボールに10武田が走り込むが東京DFがブロックして左CK。武田が中央へ入れたボールに06北條が飛び込む。頭をかすってボールは外へ。

AT3分。

45+2分、ゴールキックを追った34小林里が倒されて中盤左でFK。12金がいいボールを入れるがDFがクリア。

後半にもう一段ギアを入れられるか。

-----
後半。
東京の交代、33久保→39宮田。

48分、25鈴木がドリブルで運んで中へパス。34小林里が受けて切り込むが、ゴール前への折り返しはDFがブロック。12金の左CKはニアでDFがクリア。

58分、実践の交代、08石本→14大関。

59分、中央で低い軌道のミドルシュートがポストに当たり、跳ね返りに09村上が詰めて実践に追加点。【4-0】

宮田が前で身体を張って、起点ができるようになってきたところで失点してしまうが、交代で仕切り直しを図る。

60分、東京の交代、25鈴木→38佳史扶。34小林里→41谷地田。

64分、実践の交代、09村上→19村木。
東京の交代、37沼田→26天野。

65分、左へドリブルした41谷地田からパスを受けて39宮田が中へ。ゴール前の密集の中で19芳賀へパスを入れるがDFがクリア。これを26天野がひろってグラウンダーのミドルシュートを打つがGK成田がキャッチ。

66分、中央でパスを受けた19芳賀が少し運んでゴール前へパスを送る。DFをかわして抜け出した41谷地田がシュート。1点を返す。【4-1】

67分、38佳史扶が上がった裏へパスが出て、14大関のカウンター。ゴール前へパスを入れるがニアに走り込んだ07前原には合わず、枠を切る。

73分、自陣右からのパスを中央で受けて19芳賀が縦にドリブルで抜け出す。GKと1対1を落ち着いて流し込む。まだまだ時間はあるぞ!【4-2】

75分、GK成田のフィードを競ってこぼれたボールを07前原がひろい、シュートを打つが枠上。

76分、中盤で20中谷のパスがずれたところをカットされ、縦にパスが入る。14大崎がドリブルで運んで打ったシュートは、DFがさわって枠を切る。10武田の左CKをファーで03斎藤が折り返すが、GK橋優がキャッチ。

79分、実践の交代、06北條→15高須。

82分、12山内のドリブルから左CK。10武田の蹴ったボールはDFがクリア。

88分、東京の交代、12金→35武井。
実践の交代、07前原→20岩本。

90分、実践の交代、05奥山→13。

90+1分、中央をワンタッチのパスでつなぐと、19芳賀が抜け出してシュートを打つ。しかしGK成田がブロック。芳賀は足を攣らせて倒れるが、気合いで復帰。

90+2分、ロングフィードに39宮田が抜け出すが、バウンドしたところをGK成田がキャッチ。

試合終了。1点返した後は左サイドを中心に攻め込んでいたのだが、なかなか得点にはつなげられなかった。

-----
さすがにスタメン6人が1年生とあっては、厳しい試合になった。

前・後半を通じて戦っていたのは、キャプテンマークの19芳賀。ことに後半終盤、獅子奮迅という頑張りには熱くなった。その熱量をピッチ上の味方の選手達にもっと伝えてほしいと思うし、周りも積極的に巻き込まれていってほしい。

怪我で出遅れたけれど、39宮田が徐々に復帰してきた。前で起点を作れるようになるとT1で攻撃の選択肢が増える。前半での交代となった33久保征が後半を見て、次の機会にどんなプレーをするか興味を持っている。

41谷地田、38佳史扶の流れを変える力はさすが。彼らについては、しばらくは身体の成長とバランスを取りつつの起用ということになるのかなーと思う。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック