2018年04月08日

プレミアEAST 第1節 FC東京U-18vs青森山田高校 味の素スタジアム西競技場

新チームが始動してから、新人戦GLで三菱養和に0-4(前半0-1)の敗戦。守備で後手に回る時間が続き、試合中に佐藤監督からは「誰も助けてくれねーぞー!」と檄が飛んだ。
その後、春フェスやドイツ遠征で試合を重ねる中、イギョラ杯でも養和と対戦し、またも1-4(前半1-1)で敗戦。この試合は見に行けなかったが、少しずつチームの形ができてくるものの、身近なライバルを相手にまだ後半の踏ん張りが利かない様子だった。

昨年は、偉大な先輩達の後ろでなかなかAチームでの経験を積めなかった選手達が、どれだけ急いで成長できるかが今年の当面の課題だろう。

先に開幕したT1やJ3で公式戦に出場しつつ迎えたセントラル開催のプレミア開幕戦。相手は、昨シーズン最終節で対戦した青森山田高校。廣末陸以来、毎年のようにFC東京U-15から選手が進学しており、今年もスタメンに小松慧(3年・深川)、控えに後藤健太(2年・深川)の名前がある。相手側の、この試合への思い入れの強さも伺えようというものだ。


FC東京U-18 [ 0 - 4 ] 青森山田高校

【FC東京U-18】=============================
−−−−11今村−−10芳賀−−−−
15横田−−−−−−−−−19谷地田
−−−−17寺山−−07小林−−−−
09鈴木−04草住−02木村−05高橋亮
−−−−−−−01大本−−−−−−



【青森山田高校】=============================
−−−−13小松−09佐々木−−−−
10檀崎−−−−−−−−11バイロン
−−−−08武−−−07天笠−−−−
03豊島−05三國−04二階堂−02橋本
−−−−−−01飯田−−−−−−−



前半は東京が風下。
02分、右サイドの長いパスから青森山田07天笠の右CK。風に乗ってニアの頭上を越えたボールに、中央でオーバーヘッドで合わせるが上に飛んでGK大本がキャッチ。

04分、ファウルがあり左遠めから10檀崎のFK。05三國の頭をかすめたボールを、一度こぼしながらもGK大本がキャッチ。

東京はカウンターから10芳賀、19谷地田の抜け出しを図るが、DFラインでカットされる。青森山田の切替も速く、なかなか中盤を押し上げて行けない。11バイロン、10檀崎とマッチアップの両SBが攻撃に加われない。

14分、中央で17寺山→10芳賀→19谷地田と短いパスを縦につなぎ、谷地田が抜け出すが、DFを振り切れずにボールは外へ。ようやくひとついい流れで攻撃ができた。

徐々に味方へのサポートが速くなり、二人目、三人目、と後ろから選手が「湧き出して」来るようになってきている。新人戦の頃にはこれができなかったのだ。17寺山と07小林の中盤の守備も利き始めた。

23分、CBに10芳賀がプレスをかけ、GKへのバックパスに11今村が詰めるが間に合わず。

29分、青森山田が左サイドを持ち上がり、内側で一人スルーして中へパスをつなぎ、前のスペースにパスを送る。02木村と競りながら13小松が抜け出し、前に出たGK大本と交錯。このプレーで小松にイエローカード。大本は起き上がるが、ユニフォームが破れていたため外に出され、着替えるのかと思ったらガムテープで穴を塞いで試合に戻る(笑)。

試合が中断している間に、寺山キャプテンからベンチ外選手達へ、スタンドに上がって応援に加われ、と指示が出たらしい。ピッチの外まで視野が広いね(笑)。

36分、左サイドを15横田(?)がドリブルで駆け上がり、エンドライン際でパスを受けた10芳賀(?)が切り込んでゴール前へマイナスの折り返しかシュートか。ニアでGKがはじき、こぼれたボールは相手に渡る。

40分、ロングパスを03豊島が受けて左サイドをドリブルで前へ。クロスがDFに当たって10檀崎の左CK。中央後方へ低く入れたボールを縦につなぐところをクリアするが、セカンドボールをつながれ再びクロスが入る。これをクリアしてもう一度檀崎の左CK。中央で13小松(?)が頭で合わせるが東京DFがクリア。

43分、右から02橋本のスローインをDFが頭でクリア。橋本がもう一度頭で送ったボールを13小松が後ろに落とし、右から走り込んだ09佐々木がダイレクトでシュートを打つ。東京のDFは、そこで一度持ち直して裏へのスルーパスが出ることを想定していた。一瞬の隙を突かれて、青森山田に先制される。【0-1】

44分、右からつないだボールを中へ受けた17寺山が、PA外からシュートを打つも枠を切る。

45分、07天笠の右CK。全員がファーに構えて走り込み、05三國が先に触るがタイミングが合わず枠外。

AT4分。

45+2分、ハーフウェイラインあたりからのロングFK。ゴール前でバウンドしたボールに13小松(?)が頭で合わすが枠外。

45+4分、中央左寄り遠めから15横田のFKは、ファーでGKがキャッチ。


予想よりずっと、やりたいことが出来た印象。失礼ながら、もっと振り回されるかと思っていた。ごめん。
双方、球際で厳しく競り合うで、少しファウルで途切れることが多い感じがする。

-----
後半。
青森山田は10檀崎と11バイロンが左右の配置を入れ替え。

46分、11今村→15横田→09鈴木からのリターンを横田が受けて左から切り込むがクリアされる。

48分、右から09佐々木のロングスローを13小松がトラップしてオーバーヘッドでシュートを打つが枠上。青森山田は佐々木と05三國がロングスローワーの様子。

50分、東京も負けじと05高橋亮が左へ移動してロングスローを入れるが、ニアでクリアされる。高橋亮のロングスローは、今年に入ってU-23で投げ始めたのだったと思う。武器にしてほしい。

51分、クリアを07小林がひろい、11今村へつなぐ。今村がDF裏へパスを送るが、10芳賀の前でGK飯田がキャッチ。

60分、GK飯田のフィードに09佐々木が競り、セカンドボールを10檀崎が中央右で受けて縦にドリブル。角度のない位置から打ったシュートはファーポストに当たりゴールの中へ。【0-2】

61分、左遠めから15横田のFKに17寺山が頭で合わせるが、枠上へ。

63分、中央左から10檀崎のFKに、中央で05三國があっさり頭で合わせる。打点、高! 【0-3】

東京の交代、19谷地田→25青木。09鈴木→22佳史扶。前の配置はこう。
−−−−−11今村−25青木−−−−−
10芳賀−−−−−−−−−−−15横田


73分、東京の交代、11今村→37角。

76分、青森山田の交代、13小松→19近藤。

77分、右で07小林→15横田とつないだボールを前に出た05高橋亮が外で受け、低いクロスを入れる。ニアで37角がダイレクトでシュートを打つが枠外。

79分、左から19近藤がエンドライン際を切り込むのを止めて左CK。ショートでつながれるがクリア。

81分、東京の交代、02木村→20湯本。

83分、青森山田の交代、09佐々木→21後藤。

85分、相手陣内、右サイドの攻防で05高橋亮にイエローカード。

86分、22佳史扶のドリブルから左CKに。ショートCKのリターンを10芳賀から受けた15横田がクロスを入れ、20湯本が頭で合わせるがGK飯田の正面。

88分、青森山田の交代、07天笠→15藤原。08武→20鳥海。

89分、10檀崎の左CKに中央後方から05三國が頭で合わせるが、GK大本がキャッチ。

AT3分。

90+2分、右からDFをかわして11バイロンが中へ切り込むところを倒してしまい、青森山田にPK。10檀崎が左に蹴ったボールにGK大本も反応するが届かず、ダメ押しの追加点が決まる。【0-4】

青森山田の交代、11バイロン→14宍戸。

90+3分、東京の交代、07小林→06天野。

試合終了。今年もプレミアは黒星スタート。

-----
新人戦からの成長が見られた前半と、それでもまだまだ足りなかった後半。失点すると焦ってちぐはぐになってきてしまうのは、まだ失点を跳ね返す自信がなくて、自分達で立て直せないから。自信をつけるには勝利の経験を積み上げるしかなく、そこはニワトリとタマゴだ。シーズン最初はとにかく必死で、実力だろうと偶然だろうと勝ちをひろって行くしかない。

後半途中から出場の25青木、37角は1年生(青木は昨年プレミア16節でデビュー済)。二人とも素晴らしいアタッカーだが、今日は思うようにパスが出てこずにもったいない場面が多かった。周りとの意思疎通はまだこれからだ。

例年よりも全体の経験値の低い今年のチームだが、それでも今年もU-23に選手が呼ばれるわけで、多くの選手がいきなり1段も2段も上のレベルの試合に入っていくことになる。そして、次の試合は選手がレベルに慣れるまで待っていてくれない。「今」が頑張り時だ。皆、食らいついて行けよ。でも怪我には注意だよ。

-----
小松慧と言えば、深川での最後の試合(2015/11/8 高円宮杯関東大会2回戦 vsクマガヤSC JY)に途中出場で退場してしまい、雨の中、試合後に号泣していたのを思い出す。あの彼がまあゴツくなって(当時も大柄だったけど)、と感慨にふける。外に行った選手も、それぞれの場所で活躍していってほしい。

posted by kul at 23:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: