2018年04月15日

プレミアEAST第2節 ジュビロ磐田U-18vsFC東京U-18 磐田スポーツ交流の里ゆめりあ

夜半から東京は雨と強風。運転見合わせの路線もあったようだが、新幹線は無事に運行中。西へ進むに従って天気は回復してきて、静岡あたりからはほぼ雨は上がっていた。
試合前のピッチサイドでは、浅利さんと川口信男・磐田U-14コーチが会談する様子や、宮崎智彦・三浦龍輝の両OBの顔も見られた。


ジュビロ磐田U-18 [ 0 - 2 ] FC東京U-18

【ジュビロ磐田U-18】=============================
−−−25青木海−35馬場−−−−
07岩元−−−−−−−−−10平澤
−−−−14疋田−08加藤−−−−
02徳永−04平松−05速水−23鈴木
−−−−−−01近藤−−−−−−



【FC東京U-18】=============================
−−−−11今村−25青木友−−−
10芳賀−−−−−−−−−15横田
−−−−07小林−17寺山−−−−
09鈴木−04草住−20湯本−06天野
−−−−−−01大本−−−−−−


昨日のU-23にフル出場した高橋亮・佳史扶は控えに回り、木村は帯同してないようだ。
1年生25青木友がさっそくスタメン(両チームの25番が「青木海渡/青木友佑」だったので、今回は下の1文字まで入れてます)。

大変どうでもいいけど、東京には寺山「翼」キャプテン、磐田の控えには宮下「岬」くんがいる。はい、どうでもいいですね。


02分、スローインから14疋田の右CK、ニアで頭で競ったボールは外へ。GK大本のゴールキックを磐田DFがクリアして今度は左から東京のスローイン。競り合ってこぼれたボールを17寺山がひろい、ポーンと浮き球を前へ送ると、DFの間から15横田が抜け出して、これまたポーンと軽く浮かせたシュートはGKの頭上を越してゴールイン。立ち上がり03分に東京が先制する。【0-1】

04分、ゴール後のリスタートから磐田がPA右カドでFKを獲得。14疋田が入れたクロスをGK大本が片手でパンチングしてクリア。こぼれたボールを磐田の選手が追うが手に当ててしまい、ハンドで東京ボールに。

25青木友が1番手、11今村が1.5番手という感じで前からどんどんプレスをかけて、相手ボールをカットし、競り合ったセカンドボールをひろう。FWで奪えなくてもサイドに追い込み網をかける。「猟/漁」という文字が浮かんでくるようなボール奪取が続く。

13分、右サイドの縦パスに11今村が走るが、GK近藤飛び出してクリア。09鈴木が低く蹴った右CKはニアでクリア、これを受けてもう一度入れたクロスもクリアされる。

24分、25青木友がCBにプレスをかけてパスカット、こぼれたボールを中央で11今村がひろい、持ち直してミドルシュートを打つが枠上へ。ゴールキックの跳ね返しから縦につなぎ、左から11今村が抜け出して中へ切り込んでシュート。しかしバーに当たる。惜しい!

31分、GKからDFへ、DFからボランチへの不用意なパスを07小林がカットして、中央左からループ気味のミドルシュートを狙うが枠上。

33分、04草住が縦に入れたボールをいったん相手に奪われるが10芳賀が取り返して前へパス。11今村がエンドライン際で追いつき09鈴木に戻すと、鈴木がグラウンダーのパスをゴール前へ送る。DFの間を抜けて転がるが、味方にも合わずにゴール前を横切る。

42分、09鈴木が前に出てパスカットすると、17寺山へパス。これを寺山がすぐに縦へ送るが、25青木友とタイミングが合わず、GK近藤がキャッチ。

43分、左で07小林がカットして短いパスをつなぎ、最後は11今村がシュートまで持って行くも枠上。

AT1分。立ち上がりに先制して勢いづくと、そのまま東京ペースで前半終了。欲を言えばこの内容なら追加点も欲しかった。
守備では、CK・FKはあれど、流れの中でゴール前には侵入させず被シュートを0に抑える。CBは初コンビ(?)だが、20湯本は相手フィードの競り合いに全勝、カバーも冴えてる。奪った後は、湯本はフィード、草住は縦につけるパスという感じで攻撃の組み立てにも参加。

-----
後半。
磐田の交代、35馬場→29小林。以降、磐田の交代は同じポジションに入る。

47分、ファウルがあり左遠めから10平澤のFK。ニアでクリア。

49分、右スローインからつないで10平澤がDF裏を狙うが、04草住がマークについてボールはラインを切る。

52分、磐田DFが跳ね返したボールを前へつなごうとするところに17寺山がプレスをかけてボールを奪う。右に運んで15横田へパス。横田がいったん戻すと寺山が浮き球で前へ送る。横田を追い越し駆け上がってパスを受けた07小林が、エンドライン際を回り込んでDFを振り切り中へパス。ニアで受けた25青木友がシュートを打つがGK近藤がブロック。中央にこぼれたボールを11今村がボレーシュート! ようやく追加点が入る。【0-2】

57分、磐田のカウンターになるところを、15横田が引っ張って止める。カードが出るかと思われたが注意のみで、左遠めから10平澤のFK。東京DFがクリア。

58分、磐田の交代、14疋田→09清田。

59分、東京の交代、15横田→37角。

62分、磐田の交代、25青木海→18原口。

64分、11今村からパスを受けた37角が、一度DFにボールを奪われるも奪い返して、前へパス。07小林が右サイド角度のない位置からシュートを打つもGK近藤がブロック。09鈴木の右CKもGK近藤がはじく。

75分、縦パスに04草住が先にさわって10平澤の右CK。GK大本がキャッチ。

82分、磐田の交代、07岩元→12宮下。

84分、右サイドの縦パスに25青木友が追いつき、中へ折り返す。10芳賀が受けてシュートを打つがやや弱く、転がっていったボールを11今村がヒールに当ててゴールするもこれはオフサイド。
東京の交代、25青木友→18久保。

87分、07小林がカットして前へドリブルで運ぶところを09清田が引き倒してイエローカード。相手陣中央のFKを10芳賀が蹴る。走り込んだ18久保が頭で合わせるが、ふわっと飛んだボールは枠外へ。

88分、東京の交代、11今村→19谷地田。前はこういう並びに。
−−−10芳賀−18久保−−−
37角−−−−−−−10谷地田


AT3分。

90+1分、東京の交代、10芳賀→27梅原。

90+2分、東京の交代、09鈴木→28大森。大森が左CBに入り、04草住が左SBへ。

90+3分、相手のスローインに詰めて左CKを獲得、07小林がショートCKのリターンを受けてクロスを入れるが、ゴール前の頭上を越してファーでDFがクリア。奪い返してミドルシュートが枠をそれたところで試合終了。

-----
開幕戦を引きずらず、昇格組を相手に快勝。U-23組を休ませて、木曜日のT1で良いプレーをしたらしい選手達をプレミアで出場させることができた。「活躍すれば上で使われる」と示されているのは、T1組にもU-23組にもよい刺激になる。

昨年から春先にかけては、なかなかポジションが定まらなかった07小林だが、1年生にアタッカーが多いので、今年は主に17寺山とボランチを組むことになるのだろうか。攻撃で鮮やかなプレーもできる選手だけに、ほんとは前がやりたいのかも、と思わないでもないが、身長が伸びて身体つきもしっかりしてきたので、このまま中盤の支配者を目指してみるのもいいんじゃないでしょうかどうですか。

posted by kul at 23:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: