2007年06月20日

J1 第16節 FC東京vs甲府 味の素スタジアム

見始めた頃から、「ここで勝てば上に行ける」ところでは勝てないが、「ここで負けるとマズい」ところでは何とか勝てるんだな。選手がどれだけ変わっても、そういうところだけは変わってない。“帳尻合わせ”と言う所以である。
中盤でボールが落ち着かないし、甲府にはゴール前で細かく繋がれるし、危なっかしかったが、好調規郎の左足シュートが決まり、ようやく落ち着いてペースを掴む。後半、カウンターの絶好機を信男さんが止められてしまい、リチェと交代したが、すぐに福西シュートのこぼれ球をルーカスが押し込み追加点。ベンチの信男さんがとても喜んでいた。信男さん、日本平のときも憂太のゴールに喜んでピッチ内まで入ってしまって、副審に叱られてたのだよね。いい人だー。
交代で入ったリチェは、やる気が空回り。最初のプレーで倒されてファウルを取ってもらえず、リスタート直後にやり返す形になってしまい、イエロー。PA内に切り込んで倒れたとも倒されたとも微妙なプレーでダイブを取られ、2枚目イエローで退場。まあ、1枚目が余計なカードだったので、リチェが不用意だったと言うしかなかろう。抗議してなかなか外に出ないのを、増嶋が押し出していた。増嶋、気持ち入って、頑張ってるなあ。甲府では金髪の藤田健が良かった。
ちょっと慌ててバタバタして、ボールサイドに皆で集まったところでパスを出されて、フリーの茂原があっさりゴール。1点返される。その後もなかなか立て直せずにいたが、残り時間少なくなって、ファウルの後、茂原に続けてカードが出されて退場。何だかよくわからなかったが、イエロー+唾吐きで一発レッドだったらしい。主審は家本さんだったが、全体的にはそれほど不満はなかった。退場が2人も出てしまったのは、巡り合わせ(+過去の実績?)が悪かったですね。

ようやくホームで勝って、ルーカスとも規郎とも藤山ともシャーして、気分良く会社に戻ってまた仕事する(苦笑)。

【6/25追記】
茂原は合計7試合の出場停止だそうで、甲府にとっては厳しい裁定だ。ちと気の毒。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック