2018年04月29日

プレミアEAST第4節 FC東京U-18vs鹿島アントラーズユース 東京ガス武蔵野苑多目的グランド

快晴のGW。しかし小平はやや強い南風。鹿島ユースはここまで3連勝でEAST首位に立つ。


FC東京U-18 [ 0 - 1 ] 鹿島アントラーズユース

【FC東京U-18】=============================
−−−−11今村−−25青木友−−−−
10芳賀−−−−−−−−−−−03森田
−−−−−17寺山−07小林−−−−−
22佳史扶−04草住−02木村−05高橋亮
−−−−−−−−21飯塚−−−−−−


前節に負傷交代の横田は控えからも外れて、森田が初スタメン、常盤が初ベンチ入り。GKも飯塚が初スタメン(大本は負傷?)。


【鹿島アントラーズユース】=============================
−−−−09有馬−−19赤塚−−−−
10前田−−−−−−−−−−06熊田
−−−−04篠塚−−08小沼−−−−
07佐々木−05佐藤−03増崎−02結城
−−−−−−−01山田−−−−−−



鹿島キックオフで試合開始。前半の東京は向かい風。

01分、08小沼の左CK。中央で選手がつぶれて、ファーの07佐々木が頭で合わせるが枠上。

風上を利用して鹿島はロングフィードを入れてくる。競りに行った目測が強風でずれることもしばしば。中盤のプレスも強く、ボールを持つとすぐに2人寄せにくる。

08分、左遠めから07佐々木のFK。DF裏へ落ちるボールに09有馬、19赤塚が走り込むがGK飯塚がキャッチ。ゴールキックも吹き戻されて飛距離が出ないが、左で25青木が受けるとDFをかわしてドリブルで抜け出し、大きくサイドチェンジ。右サイドの03森田が受けてクロスを入れるがDFがクリア。05高橋のロングスローもクリアされる。ようやく一つ攻撃の形が出せた。

12分、22佳史扶が入れたクロスのクリアがファーに流れ、03森田がひろって低いクロス。ニアでこぼれたボールを競り合い、11今村がシュートを打つがGK山田が横に飛んでキャッチ。

21分、スローインの競り合いから左で07佐々木のFK。中央で東京DFの上から05佐藤が頭で合わせるが枠上。

23分、中盤中央で07小林が奪って縦にドリブルして、左へパス。10芳賀が受けて少し運び、左外の22佳史扶へつなぐ。佳史扶がフェイントでマークを外してクロスを入れるが、ゴール前に落ちたボールは味方に合わずにDFがクリア。

24分、右で09有馬が縦パスを受け、DFを切り返して中へドリブル。DFの間からシュートを打つがわずかに枠上。

28分、右スローインから02結城がクロスを入れ、ファーに10前田が走り込む。GK飯塚がパンチングでクリア。

29分、左からの07佐々木(?)のクロスにゴール前に飛び込んだ選手が頭で合わせるが枠上。

32分、02木村が前に出て守備しようとしたところで浮き球を裏に入れられ、19赤塚が抜け出す。04草住がカバーに行くが体勢を崩し、かわされて左からシュート。GK飯塚がキャッチ。

33分、左奥でボールを奪い合ってCKに。03森田が蹴るが風に乗って流れ、ファーで11今村が追ってクロスを入れる。ゴール正面で02木村がフリーになって頭で合わせるが枠上へ。

39分、右深い位置からの02結城のロングスローが2本続き、右CKに。07佐々木の蹴ったボールはファーでラインを切る。

45+1分、左で22佳史扶が縦に運び、パスを受けた10芳賀が倒される。佳史扶のFKはファーに流れる。

45+3分、右遠めから08小沼のFK。02木村が跳ね返したところで笛。風上の鹿島がやや優勢な感じで前半終了。

-----
後半。相変わらず強い風が吹く。サイドが風上になって、どうなるか。

48分、左サイドを22佳史扶が抜け出しクロスを入れるが、GK山田がキャッチ。

52分、07佐々木の右CKをニアで競り合って、セカンドボールはファーに流れる。

58分、ピッチ中央からのFKで03増崎が蹴ったボールは左へ曲がって伸び、02木村と前に出たGK飯塚がかぶる。ゴール前へ転がったボールは04草住がカバーに入りクリア。守備の声がもっと必要。

59分、25青木からのパスに右外から03森田が抜け出し、ゴール前へ折り返す。ファーで11今村がDFと絡みつつ走り込みボールにさわるが、わずかに枠外。

60分、自陣中央で横パスをカットされ、10前田がドリブルからミドルシュートを打つ。DFがさわって枠外。07佐々木の右CKに、ファーサイド大外から走り込んだ09有馬が足先で合わせてゴール。鹿島が先制。【0-1】

63分、左でつないで07佐々木が遠めからクロスを入れる。ファーで09有馬の頭をかすめ枠外へ。

68分、東京の交代、11今村→37角。

69分、37角が中央で受けて右の03森田へ。森田が後ろに下げて中へ走り、05高橋が入れたクロスを受けてシュートを打つが枠上。

70分、東京の交代、03森田→19谷地田。ターゲットの今村が下がったので、クロッサーの森田も交代。

72分、19谷地田→05高橋と右でつなぎ、07小林がパスを受けてドリブル。右から抜け出してクロスを入れるがDFがブロック。22佳史扶の右CKはクリアされる。高橋のロングスローのセカンドボールをつないで、小林が右からシュートを打つがGK山田がキャッチ。リスク覚悟で両ボランチが前に出てきて、チャンスが見えてくる。

73分、ロングフィードに25青木が中央左から抜け出し、GK山田も飛び出す。青木が1対1でタメて時間を作り、ゴール前へクロスを入れる。ファーサイドに19谷地田が走り込むが合わず、カバーに戻ったDFがクリア。22佳史扶の右CKは、風でファーに流れる。

75分、右から05高橋のロングスローに02木村が頭で合わせるが、ボールは上へ飛んでGK山田がキャッチ。

78分、右でつないで10芳賀がポストとなって前へパス。07小林(?)が走り込むがGK山田がキャッチ。

80分、東京の交代、22佳史扶→09鈴木。

05高橋のロングスローが続くがクリアされる。

85分、鹿島の交代、04篠塚→14小針。

86分、左奥で09鈴木が粘ってCK。今度は07小林が蹴るがこれも風に乗ってファーで外へ。

88分、東京の交代、10芳賀→38常盤。

90分、鹿島の交代、19赤塚→11杉山。

AT4分。

90+2分、鹿島の交代、06熊田→30沖田。

90+3分、左から05高橋のロングスローをつないで17寺山がシュートを打つが、DFがブロック。37角の左CKもファーに流れる。

終盤のセットプレー、ロングスローも実らず、試合終了。

-----
試合後の円陣(監督・コーチからの講評・反省会)では、めずらしく佐藤監督の大きな声が聞こえた。喝を入れられ、さて、次節はどんなプレーが見られるか。

鹿島ユースの指導についてはやや思うところもあるのだが、勝ちたい気持ちをチームで共有してプレーの一途さに結び付けられているところはさすがだ。一瞬でも先に動き一歩でも近くに詰めよう、自陣では絶対に相手を自由に動かさせない、という意識が徹底されているのは見習うべき。一人ずつが上手に静かにきれいにやろうとしているだけでは、チームはひとつの生き物にならない。熱量、声出し、一体感。毎年の課題に、いつどうやって対応していけるか。

今年は少しメンバーの傾向が片寄っていて、Aチームの攻撃陣は小柄なドリブラーが多い。一人長身の今村も、本来はポストプレーでなく、裏へ抜け出したりサイドからドリブルで持ち込んでシュート、というスタイルの選手。今は得意でないターゲット役を務めざるを得ず苦戦しているが、頑張ってもらうしかない。選手交代での変化をつけにくい中、佐藤監督は組み合わせやポジション移動を試したり、刺激を入れたりと模索中なのだろうと思う。

プレミア次節はGW最終日、J3開催と重なる。さすがに今年は同日のハシゴ出場(流経柏→味フィ西)はないと思うが、登録メンバーは今節とはまた変わるだろう。連携を取るためにもムードを作るためにも、声は大事だよ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: