2018年05月06日

プレミアEAST第5節 流通経済大学付属柏高校vsFC東京U-18 流通経済大柏高校グラウンド

GW最終日もさわやかな晴天。ちょっと用事があったので、江戸川台から歩いて流経柏へ。

流通経済大学付属柏高校 [ 3 - 1 ] FC東京U-18

【流通経済大学付属柏高校】=============================
−−−−10熊澤−15渡会−−−−
06中井−−−13木村−−−22羽坂
−−−−−−07佐藤−−−−−−
09岡本−04西尾−28藤井−08北島
−−−−−−01猪瀬−−−−−−



【FC東京U-18】=============================
−−−−11今村−10芳賀−−−−
37角−−−−−−−−−−03森田
−−−−17寺山−07小林−−−−
09鈴木−04草住−20湯本−06天野
−−−−−−21飯塚−−−−−−


U-23やら負傷やら、なんだかんだで日替わりのスタメン。今季ここまでに17人が起用されている。


04分、左から13木村のロングスローはクリア。今日もロングスローワーがいる。

05分、左中盤から22羽坂のFK。28藤井が頭で合わせるが枠を切る。

08分、中央でつないだボールを左から中へ走り込んだ06中井が受けてシュートを打つが枠上。

フィフティなセカンドボールの回収で遅れを取り、なかなか攻撃の時間を作れない。流経柏はマイボールにしてからのつなぎが速く、一気に深くまで攻め込まれる。

18分、ファウルがありPA左角あたりから10熊沢のFK。壁に当たって08北島の左CKに。GK飯塚が飛び出し、片手でクリアして、今度は右CK。一度やり直しになり、22羽坂が蹴ったボールは大きくファーに流れる。東京のスローインだったが、クリアボールが味方に当たって、左から流経柏13木村のロングスローに替わる。クリアしてもう一度ロングスロー。セカンドボールを争って混戦から10熊澤が打ったシュートは東京DFがブロック。右でこぼれをひろってドリブルで持ち上がるところを09鈴木がクリア。右からのロングスローを競り合って、ようやく東京ボールのゴールキックになる。


24分、左サイドを10芳賀がドリブルで運び、外の09鈴木へパス。鈴木が大外を駆け上がってクロスを入れる。ファーで11今村がドンピシャのヘッド! …と思ったらバーを直撃。跳ね返りをつなぐがクリアされる。

25分、03森田の右CKはニアでクリアされて、セカンドボールを争うがラインを切ってゴールキックに。

27分、10熊澤が競り合ったセカンドボールを15渡会が受けて13木村→06中井とつなぎ、中井が左サイドをドリブルで駆け上がる。中へ切り込みそのままシュートが決まる。マークへ行くのが遅れてフリーにしてしまった。【1-0】

31分、06天野がドリブルでDFをかわして中へ切り込む。左へつないだボールを10芳賀が受け、11今村とのワンツーでPA内へ抜け出すところでDFに倒されてPKを獲得。04西尾にイエローカード。今村が右下へ落ち着いて蹴り込み、すぐに同点に追いつく。【1-1】

33分、中央右から07小林のアーリークロスを11今村が受けて抜け出すがオフサイド。

37分、ファウルがあり左遠めからの09岡本のFK。クリアを中央後方でひろわれてアーリークロスが入る。これもクリア。セカンドボールを15渡会が右へつなぎ、10熊澤がドリブルからマークをかわしてクロスを入れると、ファー大外の04西尾が頭で合わせてゴール。流経柏が再びリードする。【2-1】

39分、中盤で17寺山が倒され正面遠めからのFK。11今村が直接狙うがGK猪瀬がキャッチ。

45+1分、ハイボールの競り合いでファウルがあり、左内寄りで09岡本のFK。壁に当たってこぼれたボールをひろってクロスが入るが、GK飯塚がキャッチ。

流れの中での攻撃にはなんとか対応できているので、問題はセットプレー時。自陣で不用意なファウルからFKを与えているのを注意したい。

-----
後半。

51分、13木村の右ロングスローをクリアして、08北島の左CK。ニアでクリアしたボールを後方で北島がひろってクロスを入れるが、GK飯塚がキャッチ。

54分、13木村の右ロングスロー。GK飯塚が声をかけてジャンプするが、目測を誤る。後方で頭で合わせられるが枠上へ。

56分、ハイボールの競り合いで、20湯本と10熊澤が頭をぶつける。湯本が鼻(?)を負傷して外へ。

59分、東京の交代、20湯本→19谷地田。谷地田が右サイドに入り、03森田がCBへ移動。
流経柏の交代、22羽坂→11芹田。

60分、09鈴木が倒されて左から37角のFK。ニアでクリアされこぼれたボールを中央でつなぎ、19谷地田がシュートを打つがDFがブロック。

62分、07小林が左でねばって中へ切り込み、37角へパス。角のスルーパスに19谷地田が反応し、つんのめりそうになりつつ正面左から抜け出すが、先にGK猪瀬がキャッチ。

67分、19谷地田から浮き球のパスに07小林が中央右を抜け出すが、DFがクリア。37角の右CKはクリアされ、角がひろってシュート性のクロスを入れるが枠を超えてゴールネット上に乗る。

69分、東京の交代、11今村→38常盤。常盤がボランチに入り、07小林がトップに移動。

東京が細かいパスをつないで攻め込む時間帯。時折ロングパスも入れて抜け出しを図る。

77分、カウンターをファウルで止めて03森田にイエローカード。左遠めからのFKは11芹田がグラウンダーボールを送り、ニアでDFがクリア。

82分、07小林が右でパスを受けて中へ切り込むところを倒され、PA角あたりからのFKに。その前に東京の交代、37角→18久保。10芳賀がDF裏へクロスを入れるがクリアされる。

東京の最終の布陣はこうなった。
−−−−17寺山−18久保−−−−
10芳賀−−−−−−−−19谷地田
−−−−07小林−38常盤−−−−
09鈴木−04草住−03森田−06天野
−−−−−−21飯塚−−−−−−


86分、流経柏のカウンターを38常盤が倒してセンターサークル外あたりからのFK。長いクロスをクリア。右ロングスローもクリア。

90分、自陣でファウルがあり38常盤にイエローカード。中央右寄りから10熊澤のFKはGK飯塚がクリア。スローインの前に流経柏の交代、06中井→23熊川。左スローイン、左CKからキープして時間を使われる。

90+3分、流経柏の交代、15渡会→02岩崎。

90+5分、まだ笛が鳴らない、もう一度チャンスを作れる、と攻め込むが、09岡本がカットして前線へロングキック。10熊澤がボールの落ち際にDFと身体を入れ替えて抜け出し、GK飯塚の飛び出しをかわしてダメ押しのゴール。【3-1】

試合終了。得失点差を考えると、最後の最後にもったいない失点をしてしまった。

-----
鹿島ユース戦に続いての連敗を喫し、なかなか浮上のきっかけをつかめないままU-18プレミアリーグは中断期間に入る。次節は6月24日、アウェイの清水ユース戦。

自分が「まずは守備」と思うタイプだからというのもあるが、変化のきっかけは守備の建て直しではなかろうか。この日の失点の理由は、守備に戻るのが遅れたこと、不用意なファウルとセットプレー崩れへの対応が良くなかったこと、最後に気を抜いてしまったこと。やるべきことをきっちりとやりきれば、すべて修正できるんじゃないかな。
守備が良くなれば、チームに余裕ができる。そうすれば攻撃でも慌てずに済む。アイデアを出し合っていけるだろう。

プレミア中断期間には、クラブユース選手権関東大会が行われる。ここでもう一度、チームを練り直してほしい…なんてことを言っていられるほど、関東大会の相手は甘くない。自分達で、今、変わらないと。

-----
試合後は西が丘のJ3鳥取戦へ遅刻してハシゴ予定だったのだが、近隣の柏の葉競技場で関東大学リーグをやっているということで、筑波大vs国士館大を見に行く。筑波大には長澤皓祐と小林幹(生地慶充は負傷中)、国士舘大には山岸瑠が出場。今季は両チームとも苦戦中のようだが、頑張ってほしい。

-----
ところで、今年の3年生が少ないのは何故かと質問を受けたのですが、元々この代の人数が少なめ(12人)だったところに、平川怜・久保建英(タケはU-18昇格時も飛び級だが)の2人が昨年中に飛び級でトップ昇格し、都合で1人退団したためです。
チーム編成の難しさをハンデととらえずに、今がチャンスだと台頭してくる選手を待ってます。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: