2018年06月02日

クラブユース選手権関東大会準々決勝 FC東京U-18vs三菱養和SCユース 東京ガス武蔵野苑多目的グラウンド

快晴の小平グラウンド。
関クラトーナメントは1回戦 vs杉並ソシオFC U-18を12-0、2回戦 vsFC Goisを5-0で勝利して、ひとまず全国大会への出場は決定済み。このあとは「第〇代表」を決定するための順位決定の試合となる。
準々決勝の相手は養和ユース。今季は2月初めの新人戦で0-4、3月半ばのイギョラ杯で1-4と、2度の大敗を喫しているとあって、負けられない相手、現在の自分達を測るモノサシとなってくれる相手だ。


FC東京U-18 [ 2 - 2 (PK 2 - 4)] 三菱養和SCユース

【FC東京U-18】=============================
−−−−10芳賀−11今村−−−−−
37角−−−−−−−−−−−03森田
−−−−06天野−17寺山−−−−−
09鈴木−28大森−20湯本−05高橋亮
−−−−−−−21飯塚−−−−−−


草住は先週の退場のため出場停止。翌日のJ3のため、登録外の選手もあり。横田、青木が怪我から復帰でベンチ入り。


【三菱養和SCユース】=============================
−−−−20栗原−10宮本−−−−−
03小山−−−−−−−−−−−09林
−−−−07冨久田−16清水−−−−
06廣川−04遠藤−05渡辺大−02宮嶋
−−−−−−08渡辺舜−−−−−−



東京ボールのキックオフ。前半は向かい風。

立ち上がりに一度攻撃の流れを作るものの、その後は養和の連携の速さに対応できず押し込まれる。

06分、右サイドを09林が快速ドリブル。09鈴木を半身抜け出してクロスが入る。ニアに20栗原が走り込むが、28大森がクリア。

09分、右サイドを09林がドリブルで駆け上がる。マークについた09鈴木がボールを奪うも、GK飯塚へのパスがゆるく、鈴木をかわして走り込んだ林と飛び出した飯塚が交錯。飯塚がなんとかクリアしたボールを、10宮本がひろってクロスが入る。20栗原のシュートは20湯本がクリア。
ここで治療のため一時中断。飯塚は試合復帰するが、林はそのまま担架で外へ。大きな怪我でなければよいが。

養和の交代、09林→11勝浦。勝浦がトップに入り、10宮本が右サイドへ移動。

15分、左から07冨久田が抜け出して入れたクロスを17寺山がクリア。06廣川の左CKに、GK飯塚が前へ飛び出すがさわれず、後方からのヘディングシュートが混戦に飛んでDFのハンドの判定。PKを04遠藤が左へ蹴り込み、養和が先制する。【0-1】

17分、サイドで運ぼうとする03森田が倒される。右遠めから37角のFKはDFがクリア。

23分、右サイドを駆け上がった02宮嶋のクロスから、養和の波状攻撃。なんとかしのいで、最後はオフサイドに。

25分、03小山のドリブルをファウルで止めて、左から06廣川のFK。ゴール正面でクリア。

29分、09鈴木がドリブルで持ち上がり中へパス。17寺山(?)から11今村につないでシュートを打つがDFがブロックしてGK渡辺舜がキャッチ。ようやく東京がシュートまで行けた。

30分、右奥で10芳賀が粘って、37角の右CKに。ファーで折り返すがGK渡辺舜がキャッチ。

34分、02宮嶋のアーリークロスを20栗原(?)から11勝浦(?)につないでシュートを打つが、養和選手に当たり、ハンドで東京ボールに。ゴール前まで養和選手が何人も入っているということ。

37分、ロングフィードの20湯本のクリアが後ろに飛び、06廣川の右CKに。GK飯塚の周囲が密集となって、身動きできない。ファーで待ち構える05渡辺大のヘッドが決まり、養和が追加点。うーん、飯塚はユニを掴まれてたんだけどな…見えなかったら仕方ないな。【0-2】

45分、自陣右サイドのスローインを受けた11今村が相手DFと交錯して倒れるが、セカンドボールを10芳賀が持ち出して中央をドリブルで持ち上がる。左へのパスを37角が受けGKと1対1、シュートを打つがブロックされる。こぼれ球をもう一度シュートするがDFがクリア。

治療の中断があったためATが長い。45+5分、東京DFからボランチへのパスをカットされ、縦パスに11勝浦、03小山が走り込む。小山のシュートはぎりぎり枠を切る。

-----
苦手意識か、気負いすぎか、良いところを出せずに前半が終わる。
養和の速い出足に慌ててしまい、パスが雑になっている。奪ってもすぐに相手に渡るため、中盤が前に出て行けない。大きく蹴るしかないが、全体の重心が低いためセカンドボールをひろう選手がいない。
東京の選手達がワタワタしているので、養和は余計に余裕ができる。前半は特に、選手同士の距離感の良さが目についた。守備で一人目がかわされれば二人目、三人目とすぐに時間差でプレスをかけてボールを奪う。

何とかしよう、と特にDF陣は声を掛け合っているのだが、流れを変えられない。このままではまた春先の試合の繰り返しだぞ、と思っていたら、HTに佐藤監督からかつてないほどの大カミナリが落ちた。観客席まで内容がはっきり聞こえるほどの叱咤に、思わずファンもシュンとする。

勝っても負けてもいいとなったらこれか、いつまで同じことやってんだ。そう、同じじゃいけない。春先よりも成長したことを示さなければ。

-----
後半。
東京の交代、9鈴木→22佳史扶。10芳賀→13宮田。11今村→25青木。一気に3枚替えで攻撃の変化を図ると、すぐに東京が流れを引き寄せる。

48分、左サイドをつないで22佳史扶からマイナスのパスを受け、06天野がシュート。DFに当たり、佳史扶の右CKに。ニアに走り込んだ28大森のシュートをDFがブロックして、もう一度右CK。またニアに蹴ったボールはDFがクリア。

52分、22佳史扶がドリブルから中へ折り返す。ニアで17寺山がスルーして、後ろで受けた13宮田がシュート。逆サイドネットに刺さり、1点返す。【1-2】

22佳史扶が足元で奪われずにボールを運べること、13宮田が前で収められることで、全体の意識が前に向かうようになる。選手同士の距離が近くなり、テンポよくパスがつながる。

55分、左からつないだボールを右で03森田が受け、切り返してシュートを打つ。GK渡辺舜がはじいて、22佳史扶の右CK。ニアで28大森が受けてマイナスのパスを出すが、DFがクリア。

56分、05高橋亮の右ロングスローに、ニアで17寺山が頭で合わせようとするがわずかに届かず、ボールは外へ。

60分、東京自陣の左スローインから中へつないだボールを16清水がカットして、縦にパスを出す。左から走り込んだ03小山のシュートをGK飯塚が片手ではじく。06廣川の左CKにファーで頭で合わせるが外へ。

69分、パス回しでいったんDFにボールを下げ、28大森からのロングフィードを左でフリーとなった22佳史扶が受けて抜け出す。クロスに逆サイドの03森田が頭で合わせるが枠外。

攻め込むものの得点できず、流れは少し養和へ。

76分、養和、右からのクロスにファーで打ったシュートはポストを直撃。跳ね返りをGK飯塚がキャッチ。

77分、自陣中央でパスを受けた17寺山がドリブルからグラウンダーのミドルシュートを打つが、枠を切る。

78分、中央で03小山がパスを受け、切り返してシュートを打つ。GK飯塚がはじいて06廣川の左CK。ゴール前の混戦からこぼれたボールを飯塚がキャッチ。すぐにカウンターで37角が前に走るが、ここはパスが合わない。

81分、東京の交代、37角→15横田。

85分、東京の交代、05高橋亮→38常盤。常盤がボランチに入り、06天野が右SBに移動。

右遠めからの03森田のFKにファーで17寺山が頭で合わせるが枠外。

88分、DFラインのパスを13宮田が左で追って奪い、中へ切り込んでシュートを打つが、GK渡辺舜がキャッチ。

89分、養和の交代、16清水→12。

AT3分。

90+3分、養和DFのクリアが味方に当たりハンドの判定。左PA角あたりから03森田のFKが直接ゴールに吸い込まれる。ほぼラストプレーで追いつく!【2-2】

-----
大会ルールで延長はなく、すぐにPK戦。大抵は奥のゴールで行われるが、観客席側が選択された。

養和〇:04遠藤。

東京×:17寺山、GK渡辺舜がはじく。終了時点で足がつっていたようにも見えた。

養和〇:20栗原。

東京〇:06天野。

養和〇:03小山。

東京〇:03森田。

養和〇:06廣川、GK飯塚がはじくがボールの勢いが強く、そのままゴールへ。

東京×:20湯本、バーに当たる。

PK戦は【2-4】で、養和が準決勝へ進出となった。

-----
後半に追いついたことは成長の証。でも前半のうちに自分達で流れを変えることができず、勝ちきれなかった。まだまだ足りない部分があるということ。

失点しても絶対取り返す、取り返せる。その気力と自信を持ちたい。そのために何をすればよいか、何が足りないか。

一人一人で考えて、皆で話し合って。夏はもうすぐだ。頑張れ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: