2018年06月30日

T1第7節 FC東京U-18Bvs実践学園高校 東京ガス武蔵野苑多目的グラウンド

関東は昨日梅雨明け。今日も小平は南風が強い。
深川グランドでU-15クラ選関東大会3回戦(深川 1-2 STFC。明日、深川は敗者復活トーナメントへ)を見ていたので、試合開始に遅れて到着。前半20分頃から。


FC東京U-18B [ 1 - 0 ] 実践学園高校

【FC東京U-18B】=============================
−−−−27梅原−35須藤−−−−
26上田−−−−−−−−19谷地田
−−−−38常盤−14沼田−−−−
23岡−−28大森−39古屋−24武井
−−−−−−30野澤大−−−−−



【実践学園高校】=============================
−−−07−−11−−19−−−
08−−−10−−−20−−−06
−−−15−−02−−22−−−
−−−−−−01−−−−−−



前半は風下。実践GKが2本くらいナイスセーブしたとのこと。04、19にイエローカードが出ている。

22分、飲水タイム。午後早い時間のU-15では前後半に3分間ずつのクーリングブレイクが取られたが、夕方になるとやや気温は下がってきている。

中村コーチ。23岡に「風がこう(強い向かい風)だから、バックパスなしで!」
同じ強風の水曜日には簡単にボールを下げて狙われたので、その点を全体が注意しているらしい。

30分、右遠めから08のFKはニアでクリア。なかなかいいボール。

31分、自陣中盤でボールを持った14沼田を読んで、19谷地田が右でロングフィードを受ける。中へ切り込むがファウルを取られ相手ボールに。

32分、右サイドで06がドリブルで持ち上がりゴール前へパスを送る。07が走り込むが、39古屋が身体を入れて触らせず、ボールはファーに流れる。

38分、PA左後方から08のFK。GK野澤大がはじいて08の右CKとなるが、ファーでラインを切る。

45分、中央で14沼田がカットして左へパス。26上田が23岡とワンツーで抜け出し、中へ切り込んでミドルシュート。GKがブロックしてクリア。

0-0でHTへ。

-----
後半。東京の交代、28大森→08中谷。35須藤→31小林慶。小林慶が左に入り、26上田がトップへ。

46分、右サイドを抜け出した26上田から、中の19谷地田へ。谷地田の縦パスをDFの間で受けた27梅原がシュートを打つ。強いボールはGKの指先をかすめてそのままゴールへ。東京が先制。【1-0】

50分、右奥スローインのリターンを受けて24武井がクロス。ファーで31小林慶が受けて、DFをかわしてシュートを打つが枠を切る。

52分、実践の交代、06→13。

56分、縦パスに26上田が追いつき、後ろに下げて19谷地田がクロスを入れる。ファーに31小林慶が飛び込むが、GKがクリア。

62分、カウンターで13が右サイドを抜け出す。クロスをファーでつないで左から06がクロスを入れるが東京DFがクリア。

64分、中盤でカットしてこぼれたボールを27梅原がひろい、中央を縦にドリブルして浮き球を前に送る。26上田が抜け出すがシュートは枠外、とその前に梅原へ20のアフターファウルがあり正面遠めからFK。20はこのプレーで腿裏(?)を痛めて外へ。そのまま実践の交代、20→05、19→18。
14沼田のFKに23岡が頭で合わせるが枠を切る。

70分、飲水タイム。

72分、18のドリブルからの折り返しをカットして、08の右CK。ファーに落ちたボールをひろい後方からのシュートはGK野澤大がキャッチ。

74分、左で19谷地田のキープからつないで、27梅原のスルーパスに26上田が追いつき角度のない位置からシュートを打つが、サイドネット。

実践の交代、07→09。

77分、27梅原が高い位置でカットしてドリブル、左から中へ切り込みシュートを打つがGKがキャッチ。

79分、東京陣内で05がカットしてカウンター、折り返しをクリアして08の右CK。ファーで頭で合わせたシュートはDFがクリア。

83分、右でパスを受けた26上田がいったんゴール前の38常盤に預け、左へ走りながらスイッチしてボールを持ちシュートを打つ。DFに当たり38常盤の左CK。ニアへの低いボールはDFがクリアするが、後方でつないで縦パスに右から39古屋が抜け出しエンドライン際からクロスを入れる。ファーでDFのトラップが浮いたところに31小林慶が足先を合わせてゴールを狙うがわずかに枠上へ。

87分、右でファウルがありFKとなったところで、実践の交代、10→14。替わって入った14がキッカーとなるが、ニアでクリア。

90分、中央でカットして09が右へドリブル、切り返してDFのマークをはずしシュートを打つが枠を切る。

90+1分、27梅原→41大迫。水曜日の深川レオンに続き、むさし3年生アオトがT1デビュー。

90+2分、左から14のクロスを、ニアで09がトラップしてターン、前を向くがクリア。

90+3分、右遠めから14のFKをファーでクリア。

試合終了。実践の攻撃を集中してしのぎ、1点を守り切って勝利!

-----
水曜日のように相手ペースに飲み込まれず、弱気にならずに意識を前へ、という姿勢が感じられる試合だった。27梅原はナイスゴール。26上田、31小林慶も持ち味を発揮できた。

中村コーチが前の選手によくかける言葉に「全部追え、全部ひろえ、全部やれ」というのがあるが、そう言われていたのは少し前までは18久保で、今は35須藤と19谷地田だ。少し遠くても背後でも、常に準備して隙を見逃さず、ボールに執着して味方を楽にするプレーを、というコーチング。そういうプレーが自然にできるようになったとき、上に行けるのだ。頑張れ!
posted by kul at 23:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: