2018年10月31日

T1 第11節 FC東京U-18Bvs帝京高校 東京ガス武蔵野苑多目的グランド

水曜夜の小平、だいぶ寒くなってきました。


FC東京U-18B [ 4 - 0 ] 帝京高校

【FC東京U-18B】=============================
−−−13宮田−−27梅原−−−
40安田−−−−−−−−15横田
−−−−12金−38常盤−−−−
34菅原−23岡−39古屋−26上田
−−−−−16橋優−−−−−


この試合のキャプテンマークは13宮田。40安田虎士朗は深川3年生。


【帝京高校】=============================
−−−−−−−20赤井−−−−−−
07入澤−−−10佐々木−−−09中島
−−−−08三浦−−06中村−−−−
03石井−04梅木−−05鷲田−02久保
−−−−−−−01冨田−−−−−−


帝京には青赤OBが多く進学していて、この試合では20赤井シャロッド裕貴(3年)、10佐々木大貴(3年)、03石井隼太(2年)、控えの12山本乾太(2年)がむさしOB。07入澤大(3年)、06中村怜央(3年)が深川OB。


帝京のキックオフで試合開始。

07分、23岡のフィードから27梅原が抜け出してゴール。東京が幸先よく先制。【1-0】

08分、20赤井が落として左へ展開、07入澤のシュートはGK橋優がキャッチ。

14分、12金の左CKがファーポストに当たり、跳ね返ったボールを40安田が押し込む。【2-0】

16分、左から12金→13宮田へつなぎ、外を追い越していく34菅原へパス。DFがクリアして金の左CK。ゴール前の混戦をDFがクリア。

21分、23岡のフィードを13宮田が左から抜け出して受けると、GK冨田の飛び出しをかわしてシュート。逆サイドネットに刺さる。【3-0】

26分、右遠めから03石井のFK。GK橋優が飛び出すも相手選手とぶつかってはじききれず、正面でひろってシュート、となるがファウルの判定でゴールキックに。

29分、縦パスに中央左から20赤井が抜け出す。GK橋優が大きく飛び出すがはじききれず、こぼれたボールはカバーに戻った26上田がクリア。

相手にパスをつながれるが、中盤で粘ってカットできている。帝京は守備のときのボールの奪いどころがはっきりしない感じ。
この試合、東京のDFラインは両CBが開いて間に38常盤が入り、後ろからの組み立てに参加。23岡の縦フィードが大変良い。

35分、中盤中央でのFK。12金が直接狙ったボールはポストに当たり、外へ。

40分、38常盤からパスを受けた12金が右サイドを駆け上がりシュート。GK冨田がさわって左CK。金の蹴ったボールはDFがクリア。

42分、34菅原が左サイドを駆け上がってクロスを入れ、ニアで受けた13宮田がシュート。GK冨田がブロックしてこぼれたボールを、左に走り込んだ38常盤がひろい、シュートを打つがDFがブロック。12金の左CKはクリアされる。

前半途中から帝京のDFラインが配置を入れ替えて、02久保がCB、05鷲田が右SB、になっていたような。

-----
後半。
帝京の交代、06中村→14石川。

52分、帝京の交代、10佐々木→11塩入。

後半開始からは帝京ペースで試合が進む。ボールを奪いきれずにパスを回される。

58分、左で12金が奪って中へつなぎ、15横田がゴール正面で受けてターン、シュートを打つが枠上。

60分、13宮田が左から抜け出してシュートを打つが、GK冨田がブロック。セカンドボールを左で38常盤・40安田の連携で奪い、宮田→27梅原→12金とつないで金が抜け出しシュート。GK冨田がブロックして左CK。金が蹴ったボールはクリアされる。

62分、帝京の交代、09中島→12山本。

65分、26上田のドリブルを14がスライディングで倒し、イエローカード。

67分、帝京の交代、07入澤→15。並びはこうなる。攻撃時は03石井がかなり高い位置。
−−−−−−11塩入−−−−−−
20赤井−−−08三浦−−−12山本
−−−−14石川−−15−−−−−
03石井−04梅木−02久保−05鷲田
−−−−−−01冨田−−−−−−


75分、帝京の交代、20赤井→18中瀬。
左遠めから03石井のFKをGK橋優が一度落とすが、DFがクリア。

76分、また左遠めから03石井のFK。GK橋優が片手ではじき、帝京選手がセカンドボールを受けたところをシュートを打つ前にクリア。

83分、27梅原へのファウルはいったん流されるが、40安田も倒されたところで、先のファウルの11塩入にイエローカード。PA左から12金のFKはファーに抜け、安田が走り込むがDFが身体を入れてボールは外へ。

85分、34菅原のクロスをDFがクリア。12金がひろって抜け出しクロスを入れが、GK冨田がさわって外へ。
CKの前に東京の交代、27梅原→19谷地田。
金の右CK、ニアに39古田が走り込むもその前でDFがカット。

87分、中盤で東京ボールをカットして帝京のショートカウンター。12山本から中へのパスを中央で15が受けてシュートを打つ。やや蹴り損ねてGK橋優がキャッチ。

88分、26上田のドリブルから右CK。
その前に東京の交代、15横田→32佐藤。26上田→08中谷。
12金の右CKはニアでクリアされ、セカンドボールをファーで39古屋がひろうがDFと競り合って外へ。

90+1分、19谷地田の左からの抜け出しに対応しようとしたDFがつまづく。谷地田がボールを奪い返してクロスを入れると、ぽっかり空いた中央に走り込んだ32佐藤が合わせて、終了際にダメ押しの追加点。【4-0】

90+2分、東京の交代、12金→35立川。13宮田→31小林慶。

90+3分、右から持ち込んでのシュートはGK橋優がキャッチして試合終了。


-----
T1残留に向けて大きな勝利。大量点のおかげで、得失点差も+1になった。
T1で首位に立つの帝京は、3日前の日曜に選手権予選準々決勝で堀越と戦ったばかり(2-1で勝利)。少し疲労や脱力があったかもしれない。

12金が公式戦で久しぶりにボランチに入り、攻守に大活躍。他のポジションもこなす器用な選手だが、できれば真ん中で見たいと思う。
この試合、23岡のフィードが大変良かった(大事なことなのでもう一度)。たまにポカもあるのだけど、前向きにはじけられる明るい性格はチームを支える力になると思うので、コツコツ頑張ってほしい。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: