2018年11月05日

T1 第17節 東久留米総合高校vsFC東京U-18B 東京ガス武蔵野苑多目的グランド

月曜日の19:15という半端な時間のキックオフ。小平からいちばん近いT1の対戦相手なのだが、時間割が遅いコマまで入ってるとかかな。
電車の中など少し蒸し暑いくらいの日だったが、試合前に雨がしとしと降り始めた。


東久留米総合高校 [ 1 - 1 ] FC東京U-18B

【東久留米総合高校】=============================
−−−−12瀬尾−07武田−−−−−
09結城−−−−−−−−−−19山中
−−−−15奥秋−08金野−−−−−
11郷家−16下田−05高橋幹−20大谷
−−−−−−−17和田−−−−−−


11郷家がかなり前めなので3バックかなーとも思ったけれど、やっぱり4バックですよね。


【FC東京U-18B】=============================
−−−27梅原−−18久保−−−
40安田−−−−−−−−15横田
−−−−12金−38常盤−−−−
34菅原−23岡−39古屋−26上田
−−−−−16橋優−−−−−


小平開催だが、今日はアウェイ扱いのため白ユニ。18久保がこちらでも先発で、大忙しだ。


前半。東京のキックオフ。

03分、開始早々雨もあってバタバタ落ち着かないところで、中央右から抜け出した08金野のゴールで東久留米総合が先制。【1-0】

06分、08金野のドリブルから右CK。金野がファーに蹴ったボールを19山中が受けて折り返すところを12金がブロック。左CKのキッカーも金野。GK橋優が片手ではじく。

08分、右サイドでプレスをかけて、ずれたパスを38常盤がカット。左前方へ送ったボールはDFがクリアするが、12金がひろって右へ運び、18久保へパス。久保のミドルシュートはわずかに枠上。

それほど強い雨ではないものの着実に降り続いているため、ポールが弾むとしぶきがあがるくらいにはピッチ上に水がたまってきた。東久留米総合のプレスが速く、後ろから組み立てようとして出しどころに困る場面が多い。ボールを持ってからの判断を速くしたい。プレスの上を飛び越して前線にボールを入れようとするが、なかなか18久保まで届かない。

18分、左から12金のFKをファーで39古屋が頭で折り返し、逆サイドの18久保が合わせて同点ゴール。【1-1】

本日の中村コーチ。
「フル、まず遠く見ろ。近くでなく」
「しつこく!しつこく!」

27分、縦パスを27梅原が後ろに落とし、40安田(?)がクロスを入れる。ファーに流れたボールを15横田がひろって、マイナスの折り返しに12金が右足でミドルシュート。惜しくもバーに当たる。

30分、右から12瀬尾(?)のクロスにファーサイドで09結城が頭で合わせる。GK橋優がはじいたボールを受けて、正面で15奥秋がシュート。枠外。

31分、08金野の右CK。競り合ったセカンドボールを受けて東久留米総合のシュートは枠上。

38分、GK橋優が右で大きく蹴ったボールを、相手DFがクリアで蹴り返したところに18久保がスライディングに行ってしまい、イエローカード。

徐々に弱まっていた雨は、ほぼ上がる。

41分、40安田が左から中へドリブルして右へ出したパスを15横田が受け、外を追い越す26上田へ渡す。上田のクロスをファーで18久保が待ち構えるが、その前でDFがクリア。12金の左CKはファーに流れる。

AT1分。

東京はサイドからクロスは入るがなかなかゴール前に合わない。東久留米総合は12瀬尾・07武田のFW2人と08金野の抜け出しが速いが、雨のせいかパスが少しずれていて、何とか対応できている。

-----
後半。

50分、相手プレスを受けた34菅原のバックパスが外へ。08金野の右CKを中央でGK橋優がはじき、ファーでクリア。

東京両SBへのプレスが速く、思うようにパスを出せない。中村コーチからは「(ピッチ状態もあるので)コントロールしようとするな。まずクリアでいい」と何度か指示が出る。

52分、縦パスに07武田が抜け出そうとするのを23岡が競って外に出す。08金野の右CKは、今度は低い速いボール。ニアでクリアしたボールがファーサイドまで飛んで外へ。

54分、中央左で18久保が受けてドリブル。右へ出したパスを15横田が受けてグラウンダーのシュートを打つが、GK和田がキャッチ。

55分、27梅原の抜け出しが倒され正面右でFK。12金が蹴ったボールは枠へ飛ぶが、GK和田がさわって外へ。金の左CKはクリアされる。

60分、12金のCKが続く。右CKをファーで39古屋が折り返すもDFがクリア。左CKもクリアされるが、38常盤がひろって後方の26上田へ戻す。上田のクロスのセカンドボールがゴール前へ転がり、27梅原(?)が抜け出しを図るがDFを倒してファウルとなる。

63分、相手陣内深くでつないで18久保のキープから12金の左CK。久保と競り合った16下田が頭を打って倒れるが大事なし。「征一郎、今のすごいいいタイミング!」と中村コーチのフォロー。

67分、07武田が中央をドリブルで運び、左へ切り返してシュートまで持っていくが枠を切る。

右サイド深くで34菅原がボールを持つ場面が増えるが、最後にパスを選択したり、PA内まで切り込みを図って囲まれ奪われたり。状況を見て「自分でシュート」「外からクロス」の選択肢も持ちたい。

78分、18久保→19谷地田。

79分、左遠めから08金野のFK。GK橋優が飛び出し、一度はじいてキャッチ。

81分、19山中のドリブルを34菅原・40安田で止めて、菅原が前へボールを送る。27梅原が受けたところをDFがカットするが、セカンドボールが側の19谷地田のところへ。谷地田が溜めて内側から抜け出す梅原へパス。梅原のシュートはGK和田がブロックしてキャッチ。

87分、12瀬尾(?)の折り返しを受けて09結城が切り込みシュートを打つ。東京DFがブロックしてこぼれたボールに20大谷が走り込みシュートを打つが枠上。

89分、34菅原のクロスをDFがクリアするところに、菅原が自分で走り込む。ファウルとなってイエローカードが出る。

90+1分、右から切り込んで東久留米総合のシュートは、ファーでGK橋優がはじく。左で11郷家(?)が受けて、GK橋優をかわしてシュート。東京DFがブロックして左CK。競り合いでファウルがありゴールキックに。

90+3分、08金野の右CKをGK橋優がキャッチしたところで試合終了。

-----
ここで勝てれば、混戦となっているT1残留を確実にできたのだが、東久留米総合の気持ちの入ったプレスに押されて引き分けに終わった。
T1でのメンバー構成もまた変わってきていて、連携が上手く行かなかったり、それぞれの判断が甘かったりする場面がある。T1残り2試合をピシッと締めくくれるように。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: