2018年12月02日

プレミアEAST 第17節 FC東京U-18vs市立船橋高校 味の素スタジアム西競技場

ラスト2節。前節終了時点で8位磐田と勝ち点3差なので、今日は是が非でも勝たなければならない。


FC東京U-18 [ 1 - 0 ] 市立船橋高校

【FC東京U-18】=============================
−−−−10芳賀−−25青木−−−−
09鈴木−−−−−−−−−−17寺山
−−−−14沼田−07小林里−−−−
22佳史扶−02木村−28大森−04草住
−−−−−−−01野澤−−−−−−



【市立船橋高校】=============================
−−23佐藤−11鈴木唯−12西堂−
−07鈴木稀−32佐久間−03松尾−
28植松−04田谷−08岡井−06余合
−−−−−−01田中−−−−−−


4バックで始まったと思うのだけど、試合の流れで配置が変わってよくわからない。途中からは3バックだった模様。
3年生の08田谷と06余合、1年生の32佐久間は深川OB。佐久間はプレミア初スタメンだったのかな。


東京キックオフで試合開始。

04分、10芳賀が左内寄りで倒されて22佳史扶のFK。ファーで02木村が頭で折り返したボールを、GK田中が片手ではじきDFがクリア。

06分、中央で12西堂が縦パスを受け、グラウンダーのミドルシュート。GK野澤が身体を倒してはじく。左CKをキッカー11鈴木唯が中央後方へ送る。これを途中でカットして東京のカウンター。
サイドチェンジを右で07小林里が受け、中へ切り込もうとするところでDFと絡んで倒れる。膝を痛めて少し時計が止まる。PA右から22佳史扶のFK。頭上を越えるボールにGK田中が片手でわずかにさわるが、そのままファーサイドネットへ刺さる。10分に東京が先制!【1-0】

07小林里はいったんプレーを続けるが、守備で走ったところでやはり無理ということで交代。14分、07小林里→37角。角が右サイドに入り、17寺山がボランチへ移動。

19分、右スローインからパスを受けた07鈴木稀が切り返すところを倒し、PA角近くでFK。キッカーは32佐久間。ちょっと気持ちが入りすぎたか、しっかり力が乗らず、ニアでクリア。

21分、左遠めから22佳史扶のFK。DFのクリアが外に飛んで左CK。佳史扶がゴール正面へふわっと蹴ったボールの競り合いにファウルがあり、ゴールキックに。

24分、37角が浮き球のパスを縦に出すと、右から抜け出した10芳賀がDFを背負って受けてヒールで落とす。そのまま角とのワンツーで中へ切り込み、左サイドへパス。09鈴木が受けてPAへ切り込みシュートを打つが枠を切り、ファーでDFがクリア。

市船は左右に広い配置なので選手間に距離があり、途中でパスカットもできるが、お互いになかなかプレスはかからない。

30分、市船の交代、32佐久間→10井上。佐久間に特に悪いプレーがあったわけではないのだけど。残念。

34分、28植松のクロスをブロックして11鈴木唯の左CK。大外で受けてクロスを入れるところを04草住がブロック。右スローインからアーリークロスが入るがクリア。

38分、右から04草住のロングスローにニアで02木村(?)が頭で合わせるが、ファーでGK田中がはじく。

43分、サイドチェンジを09鈴木が受けて抜け出すところをDFがクリア。22佳史扶の左CKをファーで折り返して競り合うがゴールキックに。

AT2分。

市船カウンターで中へ折り返したボールをなんとかクリアして前半終了。

-----
後半。
市船の交代、23佐藤→13橋本。並びは多分こんな感じ。
−−−28植松−−−12西堂−−−
−−−11鈴木唯−−10井上−−−
13橋本−−−07鈴木稀−−03松尾
−04田谷−−08岡井−−06余合−
−−−−−−01田中−−−−−−


53分、22佳史扶からパスを受けた09鈴木が左サイドを抜け出してマイナスのクロスを入れる。中央でフリーになった10芳賀が頭で合わせるが、GK田中がはじく。佳史扶の左CKはニアでクリア。

何度か中盤でカットされてカウンターからクロスが入るが、シュートまでは行かせずにしのいでいる。

60分、市船が中盤でカットして左へつなぎ、28植松が左から中へ切り込んでシュート。28大森がブロックしてクリア。

64分、25青木がDFラインへプレスをかけ、10芳賀がパスをカットして中央へスルーパスを送る。青木が抜け出すもGK田中がクリア。左スローインからつないで09鈴木が抜け出しクロスを入れる。中央で37角が頭で合わせるが、GK田中が横飛びでナイスキャッチ。

65分、市船が中盤でカットして縦パスが入る。28植松が左からドリブルで抜け出しシュートを打つが、GK野澤がブロック。

67分、東京のロングフィードが跳ね返されたところを中央で10芳賀がひろい、ミドルシュート。GK田中がキャッチ。

69分、09鈴木のドリブルをカットしたボールが外へ。22佳史扶の左CKをゴール前で28大森が競るが、ファーに飛んだボールを市船選手がひろってカウンター。クロスをクリアして、今度は市船の右CKに。28植松が蹴ったボールをニアでクリアしたところに、03松尾が走り込んでシュートを打つも東京DFに当たる。

73分、市船の交代、13橋本→42郡司。
−−−28植松−−−12西堂−−−
−−−42郡司−−−10井上−−−
08岡井−−11鈴木唯−−−03松尾
−07鈴木稀−04田谷−−06余合−
−−−−−−01田中−−−−−−


74分、クロスのクリアを右で10井上がひろってシュートかパスか。ファーサイドに28植松が走り込むが枠外。

双方、出足が遅れがちになり、カウンターの応酬になってくる。

78分、04田谷が前に上がって左から強烈なミドルシュート。GK野澤がキャッチ。

86分、東京の交代、25青木→13宮田。

87分、13宮田がカットしたボールをつないで10芳賀がドリブルで持ち上がり、DFに当てて外へ出す。22佳史扶の左CKはDFがクリア。

89分、28植松の右CKはニアでクリア。もう一度右CK。クリアをひろって右からシュートを打たれるが、東京DFがクリア。

90分、市船の交代、28植松→44井原。

AT3分。

なんとか逃げ切って試合終了。勝ったー!

-----
とにもかくにも最終節へ望みをつなぐ大きな勝利。気持ちが逸るあまり、後半の残り時間が少なくなっても点を取りに行ってしまって余裕がなかったが、集中が切れるよりはその方がよい。GK野澤が前半のビッグセーブで波に乗せてくれた。先制につながったファウルの際に、07小林里が負傷してしまったことだけが残念。重い怪我でなければよいのだが。

今季、右サイドの組み合わせが固まらないこともあって攻撃が左偏重になりやすく、その分、相手チームからも警戒されているのだが、それでも突破していく22佳史扶と09鈴木が頼もしい。その二人も、組んだ当初はかみあわなくてギクシャクしていたんだよなあ、とシーズン当初を思い出してしみじみする。

-----
8位磐田が勝利、7位浦和が引き分けて、勝ち点19で並んだ両チームが最終節に対戦。

7位浦和 勝ち点19 得失-5
8位磐田 勝ち点19 得失-12
9位東京 勝ち点16 得失-11

他会場のことを考えても仕方がない。まずは自分達が勝たなければ何も始まらない。東京の最終節は、アウェイ日立台。
7月の小平での柏戦はちょうど帰省していて見ることができなかったのだが、実況で1-6の敗戦に驚いたのだった。現在得失点差で苦しくなっている原因の一部となった試合でもある。今年の借りは、今年のうちに返しておきたいよね。笑って終われるように。頑張りましょう。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: