2007年06月30日

J1 第18節 鹿島vsFC東京 カシマスタジアム

蒸し暑そう、と思って出かけたが、到着してみたら曇り空で案外寒かった。そう言えば、カシマに来る度に予想より寒くて震えているのだった。毎回出かけるときには忘れてるのだ。学習能力がない。

前半、マルキーニョスにDFラインがかき回されてアタフタ。土肥ちゃんのセーブは冴えるが、焦りからかミスキックを連発。今ちゃんが、らしくないミスでハイボールの処理を誤り(録画を見たら後ろから引っ張られていたが)、田代に奪われドタバタと失点。ハーフタイムに入るところでは、どうしてこうも選手同士の気持ちが通じてないんだろう、1点取られたらすぐにがっくりしちゃうんだろう、今回もここからしょんぼり帰ることになるのかしら、と思っていた。とても15分で立て直せるとは思えなかったので。
ところがところが。後半が始まると、まるで別のチームになっていた。開始すぐのプレーで右サイドからのクロス、福西のシュートはポストに当たるが、いきなりチームが元気になってるのが伝わってくる。びっくりしている間に、CKのこぼれ球をルーカスが蹴り込み、さらに再びCKのこぼれ球のこぼれ球を規郎が蹴り込み、後半開始11分で逆転してしまった。左でー決めろよー俺たちのノリオー!新チャントで沸き立つゴール裏。前半に梶山と伊野波が後ろでモタモタして、福西も動かないで、全体に噛み合わずに馬鹿げたパスミスを連発していたのが嘘のよう。ボランチ2人がどんどん上がってくる。前半途中にサイドを入れ替わった規郎とリチェも、自信持って勝負している。ミスったら全力で駆け戻る。こうなると攻め込まれている時間も楽しい。
ラスト5分ほどで交代で入ったモニが、セットプレーからの流れでPA内で相手を倒したということでイエローを受ける。ボールと関係ないところなのに、吉田主審、そりゃないよ。しかしPK。土肥ちゃんとモニがプレッシャーをかけたためか、野沢の蹴ったボールはポストに当たってサイドラインの外へ。助かったー! ピンチを切り抜け、梶山が相手陣内のコーナーでボールキープする。最後まで安心できず、「眠らない街」を歌い始めたのは試合終了の笛が鳴った後だった。

中断前の最後の試合は、前後半でまったく違う内容。ひとつボタンを掛け違えると、ズルズル沈んで悪いままになってしまうが、掛け違えさえ修正できれば(内容はともかく)立て直せる、という今年前半の総まとめのようだった。
逆転。カシマでのリーグ戦初勝利。勝ち点ダンゴ集団に何とかついて行っている。とりあえず、良い気分で中断期間に入れて一安心だ。中断と言ってもナビスコ杯があるんだけども。

チョペさん辞めるらしいよ、と試合前に聞いたが、家に着いた頃に公式で退団が発表された。上手く合わせられなくて、お互いに残念なことだった。外国人A契約枠が1個空いたけれど、ササが戻るの? それもどうだろう、と思ってしまう。ササは好きだけど、また前が混乱するだけにならないか?

すぽるとを見たら、試合後に今ちゃんが泣いていて吃驚。キャプテンマークと一緒に色々背負い込んで、胃悪くしたりしてないかと心配になるね(苦笑)。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46588492
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック