2019年07月21日

クラブユース選手権グループステージ第1日 京都サンガU-18vsFC東京U-18 前橋フットボールセンターD

夏のグンマ、クラ選の始まり、と言うものの、長梅雨の影響で湿度は高いが涼しい前橋。雨も朝に上がって、芝の状態は悪くない。しかし、会場に4面あるうちのD面は元々凸凹の残るグランドで、2試合目というのも手伝って荒れた箇所も見える。
D面の第1試合は、同じグループEの横浜FC [3-2] 岡山。岡山が2点リードされて追いつくものの、終盤のPKで横浜FCが逃げ切る試合だった。


京都サンガU-18 [ 1 - 2 ] FC東京U-18

【京都サンガU-18】=============================
−−−−22勝島−10山田−−−−
14中野瑠−−−−−−−−20川島
−−−−07川崎−19遠山−−−−
03前多−04木邨−05井上−06木村
−−−−−−01北原−−−−−−


1日目の相手はプレミアWESTで首位に立つ京都。京都のトップチームコーチには佐藤一樹前監督が就任されているので、成長したところを見せたい。


【FC東京U-18】=============================
−−−−−11宮田−−−−−−
−−−10小林里−40角−−−−
12大迫−−−−−−−05森田慎
−−−−14沼田−33梶浦−−−−
−−29古屋−17常盤−28大森−−
−−−−−30野澤大−−−−−


前日のJ3に出場の木村、岡はベンチスタート。


グループステージは35分ハーフ。東京キックオフで試合開始。

2分、ロングフィードを11宮田がDFと競り合って京都のファウルに。中央右、遠めから14沼田のFKはDFがクリア。

5分、07川崎がドリブルで持ち上がり、中へ折り返したところに40角が足を出してクリア。10山田の左CKは、ニアで05森田慎がクリア。

ピッチが少し荒れているせいか、東京は立ち上がりからロングフィードが多め。セカンドボールを収めて押し気味に試合に入る。

14分、京都のカウンターを29古屋がファウルで止める。中央右遠めから10山田のFK。低めに入れたボールをクリアすると、40角が受けてカウンター。右サイドをドリブルで運ぶと中へ切り込んでゴール前へパスを送る。ゴール正面で10小林里が受けてターン、切り返してDFの間からシュートを打つが、GK北原がキャッチ。

19分、左サイドで33梶浦が倒され、遠めから05森田慎のFK。ニアの10小林里がバックヘッドで上手くゴールへ送って先制!【0-1】

24分、自陣で05森田慎がカットしてそのままドリブルで持ち上がり、ミドルシュート。GK北原がキャッチしてDFへ出したところに10小林里がプレスをかけ、ボールを奪うと左からシュートを打つが枠上へ。

26分、ハイボールを競った28大森が後ろへ戻すと、GK野澤大が大きく前線へ蹴り出す。DFがトラップしたボールを33梶浦がさらって、右前の40角にパス。角からスイッチしてボールを受けた11宮田が中へ切り込み、ミドルシュートまで持って行くが、GK北原がキャッチ。

29分、縦パスに22勝島が抜け出したところを、29古屋と前に出たGK野澤がブロックして、10山田の左CKに。中央で競ったセカンドボールを、ニアで17常盤がクリア。

34分、左からのサイドチェンジに05森田慎が追いつき、ドリブルで少し運ぶとすぐにグラウンダーで速いパスを折り返す。ニアに40角が走り込むが間に合わず、ボールはゴール前を横切る。

AT1分。

35+1分、ゴール正面での07川崎シュートをブロックするが手に当たり、ペナルティアークのライン上で10山田のFK。壁に当たって上に飛んだボールをクリアするが、山田がひろってもう一度シュートを打つ。東京DFがブロックしてこぼれたボールを川崎が追ってシュート。これもブロックして、前半終了。

東京1点リードでHTへ。

-----
後半。

38分、左スローインを受けた10小林里にファウル。先制点のときと同じあたり、左遠めから05森田慎のFK。ニアでクリアしたボールがファーに飛んで競り合うが、ボールはエンドラインの外へ出てゴールキックに。

42分、右スローインのトラップからこぼれたボールを33梶浦が追い、エンドラインで粘って残すと後ろに戻す。10小林里がダイレクトでシュートを打つが枠上へ。

46分、京都の交代、20川島→08野浜。

48分、左から右へつないだボールを08野浜が受けて、折り返したところを東京DFがクリア。セカンドボールを京都がつないで、10山田が右から切り込みミドルシュートを打つ。28大森が頭でクリアするが、後ろへ飛んで左CKに。山田が蹴ったボールは、ニアでクリア。

49分、東京のカウンター。中央左でボールを持った14沼田がドリブルで運び、右前へパス。40角がフリーで受けてシュートを打つが、GK北原がはじく。セカンドボールを11宮田が左に追うが、DFがクリア。

53分、右サイド40角へのファウルでハーフウェイラインを越えた辺りから14沼田のFK。ファーに蹴ったボールを17常盤が追い、頭で折り返すが、エンドラインを切る。

56分、京都の交代、22勝島→15中野桂。
東京の交代、11宮田→42野澤零。

バランスが整わず守備がバタつく時間帯。08野浜を捕まえきれない。

58分、バックパスをGK野澤大が前へ蹴り出そうとするが、蹴り損ねて短いボールに。08野浜が受けたところを17常盤がカットするが、29古屋がDFラインでつなごうとしたパスを07川崎がカットして左へ送る。いったん後ろに下げて、中央で縦に入ったパスを10山田が受け、右の野浜に渡すとPA内へ走る。野浜が切り返して前に出したボールに、GK野澤大が飛び出して、走り込んできた山田と接触。こぼれたボールは東京DFが何とかサイドへ蹴り出すが、外で06木村が受けてファーサイドへクロスを入れる。15中野桂が受けて内側の14中野瑠につなぐと、中野瑠が切り返してシュート。GK野澤大の届かないコースを狙ったボールは、ファーポストに当たってゴールへ。【1-1】

同点とされて、東京は俄然、前へ。

62分、左スローインを受けた42野澤零が、外の10小林里とのワンツーでサイドを抜け出す。中へ走った小林里へパスを送るが、これはDFがカット。ピッチ中央へ転がったボールを、右から中にしぼった05森田慎がひろい、縦にパス。ゴール前で40角がポストとなって後ろに落とし、スペースに走り込んだ森田慎がダイレクトでゴールに叩き込む。追いつかれてすぐに突き放す勝ち越しゴール!【1-2】

63分、東京の交代、14沼田→02木村。木村はそのままボランチに入る(深川時代以来、初めて?)。

64分、10小林里が粘って右CK。05森田慎の蹴ったボールは中央でクリア。

65分、左スローインから05森田慎の左CK。GK北原がさわって右CK。02木村が競るがボールを見失って、DFがクリア。

AT2分。

70+2分、15中野桂がドリブルから上げたクロスをブロックして左CK。中野桂がショートCKで戻ってきたボールを受けてクロスを入れる。東京DFがブロックしてもう一度右CK。中野桂が蹴ったボールをクリアして、試合終了。
-----
無事に初戦に勝利。失点してもシュンとならず、すぐに点を取りに行けたのが良かった。しばらく出番のなかった05森田慎が走り回り、クロス、セットプレーだけでなくセカンドボールに反応して豪快な追加点を決めて見せたのも良かった。1年生33梶浦の冷静に「次」を予測してカバーに動くプレーも良かった。

短期連戦の全国大会は、チームの雰囲気作りが大事。気分の盛り上がる展開で初戦に勝てたことで、いい流れを作って行けるんじゃないかと思う。明日も頑張ろう!
posted by kul at 23:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: