2007年07月14日

ナビスコ杯準々決勝2nd. FC東京vs横浜FM 味の素スタジアム

台風襲来で雨降り。重馬場の中、どうして普段通りにボールをつなげると思うのか。
終わって振り返ってみれば、初戦で1点リードしたことが、逆に作用してしまったと言える。勝ってるんだから落ち着いて普段通りやれば、と思い過ぎた。ピッチは、普段通りできる状態じゃなかったのにね。ボールが、ある場所では転がり過ぎたり、転がらなかったり。足元が重いから選手は長距離を走りにくい。一方の横浜FMは、負けているんだから思い切っていかないと、と割り切って、とにかくゴール前まで長いボールを入れていき、セカンドを拾いまくって何かが起こることを期待する作戦。そして期待通りにゴールが生まれた。
タイになっただけ、要は勝てばいいんだ、と気を取り直したであろうハーフタイム直後に、セットプレーからまた失点。これでガクンと来た。点を取りに行かないといけなくなった。それでもまだ普段通りつないで形を作ろうとするんだなあ。ヒロミが頑固なのか、東京の選手達が要領が悪いのか、どっちだ。練習したとおりに形を作ろうとして失敗する試合を何度も見ているので、どっちかと言うなら選手の要領が悪いことに問題があるような。
なりふり構わず絶対に勝つ、という思いは、横浜FMの選手の方が強かったということだ。東京の選手の気持ちの甘さ(?)は不満だが、今日は運もなかったのも事実。前半から頑張ってラインを高く高く保っていた松田が交代で下がってからは、決定機を作れたのに、決められない。あと2点は取れていたのにね(そしたら同点…でも横浜FMもポスト直撃が1回あったな)。まあ、石川がゴールしたことと、浄のゴールという珍しいものを見られたのは良かったのだが。

「勝つと思うな、思わば負けよ」と慢心を戒めた上で、「何が何でも勝つ!」と思わないと、勝利の女神は微笑まないのだ。メンタルって難しいねえ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック