2005年07月08日

TdF 第6ステージ

5人の逃げグループにキルシプーが加わっててちょっと吃驚。最後の4級山岳まで逃げて、後はバラバラに吸収されていくが、ゴール地ナンシーを地元とするマンジャンが残り10km、一人で逃げ続ける。タイム差はみるみる減っていく。2kmを切ってヴィノクロフとベルヌッチが飛び出し、残り1kmのゲート手前でほぼ追いつく。逃げ切るか、それとも3人での勝負かと思ったら…ゲート直後の右コーナーに先頭で飛び込んだマンジャンが転倒。後続集団も止まり切れずに同じ場所で次々落車する。マンジャンにぶつかりかけて危うく逃れたヴィノクロフを抜いて、ベルヌッチが勝利。ヴィノクロフも2位に入って、ランスとのタイム差を縮めた。Tモバイルはこの先どうするんですかね?
それにしても、ベテランが、地元での勝利を目前にまさかのクラッシュというのは…辛いなあ。
posted by kul at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック