2005年07月13日

TdF 第10ステージ

休養日明けの山頂ゴール。ディスカバリ強し。というより豪腕さん強し。昨年はライバル勢が勝手にポロポロと脱落して不甲斐なかった訳ですが、今年も残りのステージでそうならないといいなあ…。
クールシュヴェルの上りで最後までランスについて行ったのは、マンセボではなくバルベルデ。CYCLE SPORTSのハンドブックで、平均的に力はあるが山岳が課題と紹介されていたけれど、山も上れるじゃないか。この優勝(初出場で初優勝)でマイヨ・ブランを獲得し、総合でも4位に浮上。先が楽しみですね。マイヨ・ジョーヌは再びランスの元へ。ラスムッセンも4位フィニッシュで総合2位、頑張るなあ。バッソもちぎれた割には最小限(?)のタイムロスでゴール。

マヨとベロキが遅れちゃったよー(泣)。
posted by kul at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック