2005年07月13日

J1第16節 清水vsFC東京 日本平スタジアム

今日は自分の誕生日です。プレゼントに勝ち点3ください、とサッカーの神様に祈りながら、オフィシャルのバスツアーで出発。東京社員の皆さんも各号車に分乗されていたが、別に警備のために行く訳ではなく、5月初めから全員でファンに混じって応援に行く予定になっていたとのこと。平日にも関わらずバス4台。さらに海老名を出た辺りでへいちゃんからメールが入り、早退して車で向かっているとのこと。ダメな社会人がいっぱいです。
G裏2階の端の方に座ってキックオフを待つ。雨が降るやら降らぬやら。雨具は持ってきたけど。日本平と言えばパルちゃん、今日も芸達者で可愛かった。アウェイ側にもちゃんと来てくれるから好きさー(名古屋の鯱ファミリーも)。

ルーカスの1トップ。ベンチは憂太と規郎。
お互いにちょっとずつ仕掛けて様子見のような前半。点を取れる感じもしないけれど(苦笑)、そう簡単には取られない感じも戻って来たのは、とりあえずは良いことか。ユキヒコさんとモニのマッチアップに燃え。石川は突破するところまでは良いんだけど、クロスとかFKとかが今日はちょっとねえ。梶山は頑張って走って守備をしていたが、取ったボールをすぐ挟まれて取り返されたりパスミスしたりするのを、もっと気をつけないと。
後半、清水はユキヒコさん→澤登に交代。チョ・ジェジンとジャーンが相対するようになって、スピードで抜かれそうで怖い。右から来ればモニがいるのにー。おかげで加地があまり上がって来れない。代わりに逆サイドの金沢が今日は積極的に上がってきて自分でもシュートを撃っている。
立ち上がりの15分が過ぎてもまだ得点できず、ああ大丈夫だろうかと思った矢先、右サイドでボールを持って山西相手にじりじりフェイントをかけていたルーカスが、相手DF陣の足元を抜けるシュート。ファーサイドにいた戸田へのパスかと思ったそれが、直接サイドネットに入った。目の前で見ていながら、え、今の入ったんだ、と一瞬間があって歓声を上げる!ルーちゃんありがとう!やっぱり貴方は頼れる人だ!
でもまだ残りは25分以上ある。神セーブの土肥、身体張って守ったDF陣、気迫の今野、あちらこちらと走り回る栗澤、皆必死だった。ルーカスと交代で入った憂太も、前から一所懸命プレスをかけに走っていた。最後の澤登のFKは心臓が変な打ち方をするくらい怖かったが、枠を逸れた。「眠らない街」が始まって、安堵感に涙が出た。勝つっていいね。勝つって難しかったね。戸田のクリアがオウンにならなくて本当に良かった(苦笑)。
試合の内容としては、双方ミスが多かったし、あまり褒められたものではなかったが、とにかく勝った、12試合ぶりに勝ったということ、それがこの試合のすべてです。

試合後にピッチ上でクールダウンしてくれたので、試合に出た選手も出なかった選手にもコールを送る。清水の皆さん、はしゃいでごめんなさい。挨拶に来るときの大志がめちゃめちゃ嬉しそうに皆に抱きついていたのが可愛かったので、大志コールを繰り返し、シャーまでさせる。ついでにヒロミにもさせる(笑)。またすぐ次の試合が待っているが、今日だけは素直に喜ぼう。

【追記】
帰りのバスへと歩いて行く途中に擦れ違った中学生くらいの清水ユニの男の子達が、「負けるとは思わなかったけどモ・ニ・○できたからまあいいかー」と話していた(笑)。どこでやってたんですか。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック