2007年08月11日

J1 第19節 FC東京vs大分 味の素スタジアム

味スタのピッチはひどい状態で、一歩目を踏ん張ると足元が崩れる。それもあって、どちらもミスが多くドタバタと行き当たりばったり。それでも前半はまだ、何とかセカンドも拾っていたし、何より早い時間に先制できた。
後半立ち上がり、エンドラインを切れたボールに、メイン側副審のフラッグは水平。あ、ゴールキックと思ったら、いきなり大分にショートコーナーからクロスを入れられ失点。ええ? 自分もびっくりしたので、これについてはあまり責められないかも。とは言え、セルフジャッジして早いリスタートからの失点を何度喰らっているのやら。主審の判定をきちんと確認しなさいって。
失点したら、振り出しに戻っただけだというのに、また急に焦り始めて、前半は何とかかんとかできていたこともできなくなる。ウチの人達ときたら、技術だの戦術だのの練習をいくらやってもダメなんじゃないかね。山籠りして滝にでも打たれてきた方が集中力やら平常心やら養えるんじゃないかしらん。
あ、東京のDFラインで高橋が動き出してる、と思ったら、そこにロングフィードが入り、DFをかわした勢いのままミドルシュートを決められる。あれくらい思い切りのいいプレーをしてほしいものだ。FWじゃなくてもMFでもDFでも、GKだって、誰がシュート打って決まったって1点じゃないか。で、サッカーはたくさん相手ゴールに入れた方が勝つ競技じゃないか。きれいに崩して決めたら5点とかいうような競技じゃないんだからさ。何か勘違いしてませんかね。

ホームの客の前で勝ってないというのはプレッシャーだとは思うけれど、じゃあ期待しないよ応援しないよともいかないのだ。何とか精神修養しておくれよね。
イケイケな方々が、失点するとすぐに「たたかえー」と速いペースで歌い始めるの、やめた方がいいんじゃないかね。選手を余計に焦らせている気がするのだけど。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51204639
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック