2007年08月12日

J2 第33節 東京Vvs水戸 西が丘競技場

チケットをもらったので、浴衣着て出かける。久し振りに行ったら、西が丘に電光掲示板が設置されていてびっくり。そのため、ホームとアウェイのサイドが逆になっていた。
アウェイゴール裏の漢祭りでちょっと遊ばせてもらう。このくらいの人数だと端々の話を合わせてまとまって楽しめるよね、と自分は話に聞くのみの東京の西が丘時代を思ってみたり。

選手個々の能力はヴェルディの方が上である中、水戸も気持ちは負けずにつないで裏を狙っていき、昨日よりも(苦笑)試合として面白かった。1点目は、フッキが平松を突き倒したところでファウルだと思ったのだが流されて、クロスが上がり、ディエゴのゴールでヴェルディ先制。主審からは見えない位置だったか。水戸には不運。2点目は中央にうまくDFを集めて、空いた左スペースへのパスを受けた服部がそのまま持ち上がりクロス、船越が押し込む。フッキが1人いれば御の字のところにディエゴもいるんだから、そら組み立てるのも走らすのも楽だわなあ…。
後半はヴェルディが省エネなのか気が抜けたのかわからないが、多少ちぐはぐになって、その分水戸のチャンスもできるのだが、焦ってミスしたりラストの精度がイマイチだったり。ああ、どこかのチームを思い出してもどかしいことだ。

夏の夜の、照明に照らされたスタジアムは、いつ見ても美しいなあと思う。専用スタならなおのこと。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック