2007年08月19日

サテライト FC東京vs横浜FC 夢の島競技場

暑いからやめようかとも思ったが、昨日モニや石川が出なかったので様子を見に行く。電車から夢の島競技場を見たら、メインスタンドにばっちり夕日が差していてげんなりしたが、着いたらちょうど西の空に雲がかかって陰っていた。夢の島の芝は、味スタよりきれいだった。使用頻度の問題?
サブはともかく、スタメンGKが田端でびっくり。ノブはノブでも阿部ノブ君は怪我か? 田端/吉本・エバ・八田・モニ/栗澤・池上/石川・森村・規郎/小澤。サブは怪我明けの小山に、U-18から井上、大竹、井澤、岡田。U-18のお子達が入っているのでちょっとテンションが上がるユース好き。捻挫中のスズケン君はボール拾いを手伝っていた。横浜FCには、三浦カズに山口モトさん、三浦アツもいて、何だかお得な試合だ。
0-0で折り返して、後半に吉本が豪快なヘッドでオウンゴール(苦笑)。吉本と交代で入った大竹が、昇格に向けてアピール!と言わんばかりの働きで、森村からのボールに抜け出し、ゴール前でDF2人に阻まれながら冷静に中を見て、逆サイドでフリーの石川へパス、石川がゴール。直後にDFの気が抜けたところを中央突破されて、シュートはバーに当たるもはね返りを内田に決められまた失点。交代枠を使い切ったところで横浜FCは内田が2枚目イエローで退場、ペ スンジンが負傷でピッチを出て、ロスタイムにオフサイド(ファールだったか?)かと足の止まった横浜FCの隙をつき栗澤が同点ゴールを決めたのをガンガン抗議していた玉乃も2枚目イエローで退場。別に荒れてはないのに、終わった時点では11人対8人になっておりました。まあ、カード自体は妥当だったと思う。
途中のフォメは、53分規郎→小山で石川が左、小山が右。62分吉本→大竹で、小山が右SB、石川が右、大竹が左。79分森村→井澤はそのまま。SBが少ないのでやりくりやりくりだ。吉本とモニは前半ほとんど上がらず。代わりにエバが上がりまくっていた。エバはきれいにスライディングでボールを奪ったり、意外と足元が上手かったりしているんだが、あれーというミスもあって、まだよくわからん。時間をかければ良くなる感じだが、外国人選手がそれでいいのかというチョペさん的な疑問もあり。吉本は不慣れなポジションというのはあるにしても、ちょっと試合勘を失ってるのかも。もっと頑張れ、よく考えろ。八田は試合に出たいならもっともっと頑張れ。八田と池上は後半に体力や集中力が落ちるのか、あっさり抜かれすぎだ。池上・栗澤で、もうちょっと試合を作って欲しかった。
Capマークを巻いていたこともあってか、石川の動きが光っていた。規郎はパスを呼ぶための動き出しを考えた方がよいと思う。小澤の身長がないので、ゴールキックやロングフィードに競るのは昂太なんだが、コザ君には回りでもうちょっとこぼれを拾って欲しかったなー。コザのゴールチャンスは3回位あったので決めたかったなー。森村・小澤は、今、身体を鍛えるのとキレのバランスが崩れてるのかも。頑張って乗り越えてくれ。終盤に大竹が入ってからは、昨年のU-18で散々ワクワクさせてもらった森村−大竹ラインが楽しかった。これが見れただけで満足(笑)。岡田も出たかっただろうな。

こういうエラそなことは書かんとこうと思っていたが、書いちゃえ。選手・監督・フロント・ゴール裏をどっかで読んだような論調で批判しまくっていた人が、目の前の試合の展開すら追えてないのは滑稽です。わーいわーいむかむかぷん!
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52218546
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック