2007年08月25日

J1 第22節 浦和vsFC東京 埼玉スタジアム

予想がつかずに見に行ったら、意外やなかなか拮抗して面白いゲームになった。しかし、内容は上向いてきても、勝利という結果に結び付かないのがつらい。選手もつらかろうが、ここで気落ちしてはいかんよ。水曜に広島へ行けないのが残念だ。なんとか踏ん張ってください。
主審の松尾さんは珍しくルーカスへのファールを取ってくれていたが、再三、闘莉王にひじを使われてイライラしていたルーカスが、抗議の後にファールしてしまいイエロー。これで累積4枚となって、次節は出場停止だ。浄の負傷も心配。
今日の敗因は平川にやられたことよりも、3点目につながったセルフジャッジだろう。甘い、詰めが甘いよ。せっかくしつこくプレスをかけて持ちこたえていたのに。DF陣が中央寄りになって、サイドが空き気味だったのが気になった。あと、守から攻の際の切り替えにもたつく。味方の上がりを待つプラスよりも、相手DFに陣形を整える時間を与えることのマイナスの方が大きいと思うのだけれど。
とりあえず、やろうと思えば首位と張り合う試合が出来るんだから、弛まずに頑張れ。昨年の埼スタでの、スローインを誰も受けにいかない悲しい試合を思えば、選手が「戦う気持ち」を失っていない今はまだ前向きに考えられるというものです。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53002121
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック