2007年09月01日

J1 第24節 FC東京vs神戸 国立競技場

U-15スペシャルマッチを前半途中から。むさしのFW11浅野君、でっかいねー1年生。上級生を含めた深川とむさしの選手達は、そのままメイン上方で観戦していたので、弟分達の前で気持ちよく勝てて本当に良かった。東京ゴールのときには、ノリノリで飛び跳ねていた。微笑ましい。
立ち上がりこそ危なかったものの今日はゴールが近そうだぞ、と思っていたら、CKから失点。でもそれほど心配せずに見ていられた。福西のシュートはオフサイドでバースデーゴールはならず。前半終了間際にCKから今ちゃんのゴールで追いつき、後半に福西と交代したルーカスが赤嶺とのコンビで2ゴール。残り時間少なくなってから入った平山は、ロスタイム、確実に決めようと時間をかけすぎてGK榎本にブロックされ、こぼれたところでルーカスと重なってしまいシュートならず。終了の笛の後、ゴール前に座り込んで不服気だったが、も少し早く打っとけばよかったんじゃない?という感じ。まあ、ゴールに飢えているのは良いことだ。
今日は何より、中盤に今野がいる幸せを噛み締める試合でした。ここまで待たせたモニはたくさん反省せよ。今ちゃんの守備は、やはり最終ラインではなくて、ボランチとしての守備なのだ。積極的に仕掛けていく守備だし、仕掛けた結果抜かれたり倒したりしても後ろにもう一段備えがあるからOKという守備。巻き上げ切ったネジを一気に解放したような運動量であった。負けじと梶山も前へと動く動く。バランスを取るのは左サイドの栗澤と金沢。石川も被カウンター時に長い距離を戻ってくる。ちゃんとパスコースがあるし、余裕があるから遠くも見えているし、ってそんな当たり前のことがようやく噛み合ってできるようになってて嬉しい。各人がむなしく孤軍奮闘するだけという試合が多すぎた。“チーム”になるまで、ずいぶん時間がかかったな。
まだ、やるべきことはあるけどね。前半、ルーカスがベンチスタートで、スローインの受け手を割と工夫しながらやってるなと思ったのだけれど、後半にルーカスが入ってくると、また彼頼みになってしまった。そりゃあ、ルーちゃんは頑張って納めてくれるけど、相手が一人だけに張り付けば良くなってしまうじゃないか。前半と同じように場合によって別の人が受けに行けばいいのに、とか。単純なパスミスは無くそう、とか。モニはクリアするならきちんと前方遠くに飛ばせ、とか。ボランチから前掛かりになっていたので、結構カウンターで危ない場面もあったし。
スワローズとのコラボ試合で、久しぶりにホームで快勝できて、ロスタイムには東京音頭も飛び出した。やれやれ。コラボ傘は買い損ねました。残念。

帰ってMXの録画を見たら、何だか前田さんはずいぶん悲観的な解説であった。ここまで、悪い試合を見すぎたからかな。前田さんがポジティブになれる試合をしていきたいものです。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック