2007年09月17日

追悼マクレー…

自家用ヘリが墜落、世界ラリー元王者・マクレー氏が死去(YOMIURI ONLINE)

コリン・“マクラッシュ”と呼ばれ、スバルであれだけクラッシュしても平気だったくせに、どうしてこんな事故で…。
同乗していた息子さんも亡くなったとのこと。辛すぎる。

マクレーの事故は15日。翌16日は、デビッド・リチャーズもヘリの墜落事故に遭遇していたそうだ。幸いにしてこちらは無傷。

今年はほんとに、悲しい別れが多い。何故だ…。

【9/18追記】
ニュースと、マクレーについてはSUBARUのOfficial Blogが詳しい。

訃報 コリン・マクレー、ヘリコプター事故で他界

「ペダルと名のつくものは床まで踏め」
「いかに上手く滑らせるかを考えてドライビングしている」
誕生日にチームから切り株にぶつかったインプレッサの形のケーキをプレゼントされたり、自分でサス修理して逆転優勝したのにあいつに修理出来るはずがないと調査されたり。WRCフル参戦初年の92年1000湖、ゴロンゴロン転倒してボコボコになったレガシィでの8位フィニッシュ。93年サファリ、軽のVIVIOで激走(Leg1を4位)→リタイア。同ニュージーランド、自身とスバルの初優勝、レガシィに最初で最後の勝利をもたらす。95年、カタルニアでのチームオーダー破り未遂の末、サインツと同ポイントで最終戦RACを迎え、真っ向勝負に圧勝して自身とスバルの初ダブルタイトル。96・97年、ランサーを駆るマキネンとの名勝負、ドライバーズは逃すがスバルのメイクス3連覇に貢献。

ドリフト全開のドライビングは、現在では主流から外れてしまったのかもしれないけれど、とにかく格好良かった。
今でも、555カラーを見るとき最初に思い出すのは、マクレーとインプレッサです。ご冥福を心よりお祈り致します。

バーンズもボーンも久世さんも亡くなり、“古き良き時代”がどんどん遠くへ行ってしまうなあ、という気がします…。
posted by kul at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック