2007年09月23日

J1 第26節 FC東京vs清水 味の素スタジアム

試合前にアマ登場。奥原コーチと一緒にゴールのパフォーマンス…と思いきや、最初はお約束(笑)で外して、もう一回。今度は成功!で飛行機ポーズ。懐かしいような、ついこの間まで見ていたような。アマに心配かけないように頑張るよ。頑張ろう。
試合は、前節を踏まえてルーカスがやや下がり目。アマとケリーのときも、博実はケリーに「縦の2トップだよ」と言っていたが、そういう形が東京にはいちばんやりやすいのかも。
味スタの芝は相変わらず。転んでも飛び起きてサイドを駆け上がる石川のクロスに、清水DFが思わずオウンゴール。無失点が途切れて動揺しているところにたたみかけ、1分後に福西と赤嶺の連携から追加点。今日の福西はキープから不用意にボールを失ったり、そこは走ってーというところでスペースを埋めに走らなかったり、守備はピリッとしなかったが、ゴール前での得点感覚というのは不思議なくらいだ。難しいパスにきっちり合わせた赤嶺のシュートも上手かったねー。2-0で折り返すのは怖いからもう1点欲しかったが、清水が気を取り直して前半終了。
後半に右SBで戸田が登場。ハートブレイクな青赤戸田段幕、ウケましたよ。東京の攻撃のときに浄の前に戸田がいるもので、何だかとっても見慣れた感じなのだが、ユニの色が違うのよね。浄vs戸田で、戸田にイエローを出させている浄。あとでネタにしていぢめるんだろうなーと。
やられた!と思うシュートやクロスは多かったけれど、ことごとく枠を逸れ、塩田が積極的に飛び出してセーブしてくれた。ゴールキックがラインを切りまくっていたのはご愛敬。上空は風が強かった?
交代前の赤嶺も、前からよくプレスに行ってヘトヘトになっていたが、それ以上にルーカスが前から後ろまで最初から最後まで走り続けて、試合終了の笛と同時に倒れ込んでいた。本当にこの人には頭が下がる。

2-0勝利でチーム初の4連勝、10位に浮上。早く順位表の1枚目に戻りたいね。2桁あった得失点差のマイナスもようやく「-2」まできた。こっちもプラスに持って行きたいものです。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック