2007年09月30日

J1 第27節 千葉vsFC東京 フクダ電子アリーナ

F1の表彰台を見てから出発。蘇我に着いた頃には雨はやんでいたが、前半途中からまた降り始めた。寒かったー。

前半立ち上がりは東京ペース。惜しい場面が何度か続き、今日はいけるか?と気持ちが前掛かりになったところで、千葉が中盤のプレス合戦をやめて巻めがけて蹴り込み始める。で、巻はつぶれるのだが、そのこぼれをちゃんと新居が拾うのだ。新居は自分で行けないとなると、後ろから上がってくる工藤に落としたり、サイドを駆け上がってくる水野に振ったり。さらに後ろから佐藤も走り込んでくる。前に当てた間に後ろからどんどん次々走り込んでたたみかけてくる攻撃は、敵ながらお見事でした。新居と水野を抑えられなかったのが大きい。東京守備陣は次々来られるのに腰がひけてボランチから後ろが引いてしまい、攻撃陣は立ち上がりの良いイメージのまま攻めたくて戻るのが遅れ、前後が離れてしまった。千葉にどんどん走り込まれる訳だ。ボランチ2人には、リスクを侵しても出て行って欲しかったね。前節前日には体調不良で吐いていたという徳永と、週中に捻挫した藤山も、ちょっと本調子ではなかったかもしれない。今ちゃんがDFラインにいたのはそのせいもあるのかも。
東京がボールを持った際には、中央に人が足りずに出しどころに困り、もたもたするうちにプレスをかけられてサイドへ押し込まれ、押し出される。相変わらず、ガツガツ勢いよくプレスに来られると、途端にどうしていいかわからなくなるねえ。ボール扱いや個人・チームとしての判断スピードがまだまだ足りないってことだろう。2-0でハーフタイムへ。
後半にボランチ2人が前に出てくるようになったが、流れが決定的に変わった感じはしない。すぐに両サイドを替えて、スピード&パワーの規郎とリチェーリを投入。前半、石川は助けのないところを一人で頑張ってたので、交代はちょっと気の毒だった。東京が攻め込むが、攻撃に人数をかけたところでボールを失い、大きく前へ蹴られて新居に抜け出され、徳永が倒してPK。結果的にはこれが痛かった。3点差がつき、千葉は新居→池田で守備固め。東京は金沢→平山で攻めるしかない布陣に。セットプレーからの流れで今野、スルーパスに福西が抜け出しPK獲得でルーカスがゴール。追いつける、まだ取れるって感じはしていたのだが時間切れ。前半に後ろが引きすぎたのが悔やまれます。やはり怖がったらいかんのよ。

-----
どうでもいいけど帰り道の話。新木場から有楽町線に乗って、池袋で乗り換えるはずが寝過して要町。池袋に戻って西武池袋線に慌てて乗ったら準急で、最寄駅をすっ飛ばし、練馬で降りる。なにやってんだかなーと向いのホームに移動して、ちょうどやって来た電車に乗る。文庫本を読みだしたら、何だか地下に潜っていく。え?新桜台?と思ううちにドアが閉まり、ようやく有楽町線乗り入れの新木場行きであることに気がつく。フクアリに戻って行ってどうする、とがっくりしながら小竹向原で下車。西武池袋線乗り入れの電車を待って練馬に戻り、池袋行きに乗り換えて最寄駅へ。池袋から家に帰るのに1時間かかってしまった。間抜け過ぎる。富士の交通を傍観して気の毒〜とか言ってたバチがあたったでしょうか。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック