2007年10月06日

J1 第28節 FC東京vs横浜FM 味の素スタジアム

味スタへ移動。土肥の怪我で、前節控えGKは阿部伸だったが、今日は権田。若手2人は日替わりで行くのかな。徳永が累積休みで右SBは伊野波。両サイドは規郎とリチェでスタート。
前半。大島をターゲットにボールを入れられるが、その後を取り返して東京が両サイドからカウンターを仕掛ける展開。でもDFをかわしきるには至らず。0-0で折り返し。それにしても相変わらずピッチ状態が悪い。緑色にはなってきたけれど、全然根が張ってなくてちょっと踏ん張るとすぐにめくれる。毎年夏場の味スタの芝はひどいものだが、今年は特にひどい。怪我しそうで怖い。
後半。横浜FMが右SBを小宮山→隼磨に交代。開始2分に隼磨→中央の山瀬功→逆サイド側から追い越して行った山瀬幸へ繋がれ、スピードに乗ったままきれいなゴールを決められる。うーん、きれいではあったが、福西が山瀬功のチェックに行くのが遅れた。この場面の伊野波は仕方なかったと思うが、他の場面ではどうかなあ。あまり安心して見てはいられなかった。チームでも代表でもいろんなポジションをやらされて、どこも中途半端になってしまうんじゃないかと心配。
規郎とリチェでサイドを入れ替え。ハイボールを入れても中澤にクリアされてしまうので、15分程で赤嶺に替えて平山投入。左に移ったリチェが足を滑らせながらも頑張って、隼磨と中澤につかれながら時間を作り切り返してクロス。ゴール前で那須と競った平山がヘッダーを決めて同点。
足元が悪いせいか、双方徐々に運動量が落ちてくる。福西→浅利の交代で、今ちゃんの攻撃参加を増やす。リチェ→石川で、石川が右、規郎が左に。塩田からのロングフィードを規郎が受けようとするところに、横浜FMのGK榎本がPA外まで飛び出してくる。規郎が上手くボールを収めて、すぐにゴール前の石川へパス。トラップし切れずにボールが跳ね上がるが、落ちてくるところに合わせて落ち着いてループ気味のシュートを決める。看板を飛び越えてゴール裏へ走ってきたが、笑顔でなく思いつめて思い切ったような表情だったのが印象的だった。ベンチスタートで、古巣相手で、思うところが多かったんだろうなあ…。相手のことだが、榎本哲はこういうとっさに飛び出し過ぎての失点が多い気がする。焦りやすいのかな。
リチェや浅利の治療があって、ロスタイムは4分と長かったけれど、平山がライン際で那須と栗原を相手に延々ボールキープしているのが面白かった。や、本当に、相手チームに平山がいてふてぶてしくされるとムカつくだろうなあと思います(苦笑)。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック