2005年08月20日

J1第19節 浦和vsFC東京 埼玉スタジアム

浦和美園の駅を出たところでべーさんに声をかけられた。同じ電車だったのね。暑いかなーと500mlのお茶パック2つも持って行ったけれど、うっすら雲がかかって風もあったので待ち時間はそれほど苦ではなかった。埼スタの場合、ピッチレベルには風が通るのだろうか。

石川・栗澤がベンチで、規郎・憂太の両サイドでスタート。立ち上がりはどちらも集中し切れてなくて、前半5分に金沢クロス→ササのヘッドで先制したものの、浦和にしては出会い頭の事故のようなものだっただろうな。上川主審の基準が曖昧で、ファールを取られたり取ってもらえなかったりしたせいで、東京の選手はどこまでなら行ってよいのか最後まで迷っていたように見えた。新オフサイドのルールは相手がボールに触るまで取ってもらえるのかどうかわからなくて、心臓に悪い。
規郎の位置は右サイドで中途半端、憂太はつい中へ入ってしまう、ササは前半はともかく徐々に運動量が減る、金沢がまだ本調子ではなく今野が後方左から上がれない、という訳で、前半のルーカスは鬼のように広いエリアを走っていた。FWにあんなに負担かけちゃだめだよー、アマもやってたけどさー。裏にパス出すにしてもどうして坪井のいるサイドに出すんだよー、規郎であれルーカスであれ、快速DFとヨーイドンさせるのは厳しかろうよ。サポートが足りずにすぐ囲まれちゃったりとか、どうにも攻守にギクシャクしていた。梶山・憂太あたりには、そういう味方のフォローをするプレーをして欲しいんだけどね。でも左サイドでの憂太は山田相手に随分頑張って守備していたけど。相手の2点目に繋がった梶山のミスはいただけなかった。今回の敗戦の責を1人に負わすことはできないが、梶山は自分(のポジションの選手)がミスをすると致命的な結果に繋がるというのをもっと意識しておかないといけない。フミさんとの交代があと少し早かったら、て感じ。もうライン際で待機してたのにね。
浦和は新外国人のポンテが良かった。以前の足の速いFWに頼った縦1本のパスが減って、サイドで細かくパス交換して人を集めた後で逆サイドのフリーの選手へ大きくサイドチェンジしたり、中央で溜めている間に全体を押し上げてそこからスルーパスを出したり、いいようにやられてましたね。縦1本の戦術でなく人数をかけてくるから茂庭がマリッチを見るのにゴール前に居らざるを得ない訳で、永井とモニの1対1ならそうそう負けはしなかっただろうと思うが、金沢はそんなに足速くないしな。そういう点でポンテとマリッチは効いてた。でもモニも微妙に調子悪かったようだから、以前の戦術で来られてもどうだったかはわからないかもな。
後半途中にササ→石川に交代してからの方が、憂太も中央でプレーできて流れは良くなった。金沢にしても、自分の前に「行って来ーい」で走ってくれるタイプの選手(戸田とか規郎とか)がいる方がやりやすいんじゃなかろうか。石川の途中交代ってどうだろうと思っていたけれど、「何とかしなきゃ!」が時間限定で発揮されるのは、自分ではなく相手のペースを乱すことができて良いみたいだ。終了近く、ポストに弾かれたシュートが決まっていれば、石川のためにも良かったのにね。
連携がまだまだ、手探り状態のままで今週は3連戦。しんどい期間が続くなあと思いつつも、J再開で嬉しいのです。東京の試合が見られるって楽しいね。

最後っ屁。浦和はせっかく面白いサッカーをするようになってきているんだから、いいかげん、痛がり過ぎで寝転がるパフォーマンスをやめればいいのに、と思った。まあ、東京の選手などはそれであっさりとうんざりイライラさせられているんだから、1つの戦術として有効なのかもしれないけどね。
posted by kul at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック