2007年10月14日

サハラ杯 予選第3節 川崎U-18vsFC東京U-18(多摩川子ラシコ) 等々力競技場

MM21でのサテライトも見たかったが、先週の負け方が良くなかったので今週はどうなるか、とU-18へ。
ポスターやDMの宣伝効果もあって、1600人以上の観客。選手も気合が入るだろう。高校選手権の華やかさを羨ましく思っている選手も多いだろうから。観客が増えると、トップの応援と同じ感覚で指示を飛ばしたり野次ったりする人も出てくるのは、仕方ないのかねえ。

詳細はあとで。

岡田が左サイドで、センターに山村と大竹。真ん中にターゲットを置かずに、岡田が左前で大きなサイドチェンジからのボールを受けて再三チャンスを作っていた。ボランチが攻撃的な(?)2人だったのは、川崎が後ろから3トップに放り込んでカウンター狙ってくるのを予測してかなあ。中盤を警戒する必要なし、と。岩渕は最近スーパーサブとしての起用が続いているが、出たらすぐさま結果を出しているのが立派。須藤が初ベンチでDF登録だったが、実際にはどっちで出場するんだろう。駒大での巻弟みたいな感じか?

東京はこれで予選3試合目なのだが、川崎はもう6試合消化していて、サハラの試合日程はよくわからん。ちなみに、サハラ予選は各グループH&Aの2回戦総当たり、各上位2チームが決勝Tに進出。東京はDグループ(5チーム:山形/浦和/FC東京/川崎/新潟)です。

サハラ杯戦績表(Jリーグ公式)
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61025527
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック