2005年08月21日

J1第19節 柏vsJEF千葉 日立柏サッカー場

N島君からチケットを回してもらって千葉ダービーへ。行きはS本さん達の車に乗せてもらったが、普段は車と無縁の生活なので、たまに首都高に乗ると遊園地のようで楽しい(笑)。

今日も蒸し暑いが、かなり風があるのでスタンドは過ごしやすい。柏もJEFも好きなチームだが、柏が勝つと東京の順位が下がっちゃうなーという感じの観戦。どっちも応援しながら見るには面白い試合だった。JEFの、誰かがボールを持ったら周囲の味方選手がすぐに動き出している様子とか、柏のDF陣とGK南の頑張りとか。小林と坂本のゴリゴリ系サイド対決とか、CBのはずのストヤノフがどこまで上がって行っちゃうんだとか。ストヤノフは2本もいいシュート撃ってたよ、いいキャラだなあ。一方、そのおかげで阿部のプレイエリアの広いこと。こうして改めて見ると、阿部は運動量の多いタフな選手だ。DFは頑張っているのに、柏は攻撃陣において、味方がボールを持ったときの反応が鈍い。新加入のフランサを楽しみに見に行ったのだけれど、まだもっさり身体が重そうだった。レイナウドの方が、足が速くて面白そう。
前半残り5分くらいに巻のゴールでJEFが先制し、後半すぐにクレーベルが異議(?)で2枚目のイエローを出され退場。せっかく面白い試合なのになー働いているクレーベルがいなくなるのは辛いなーと思ったのだが、そこからの柏のプレーは1人少ない感じはしなかった。が、JEFはゴール前できれいにパスを回し、ストヤノフが逆サイドでフリーの羽生へ渡して、羽生は落ち着いてループ気味のシュートを決めて2点目。うわー、美しい。こんなのを目の前で見られたらJEFのG裏も本望だろう。これで柏は意気消沈しかけたけれど、数分後にPKで1点返してからはまた元気を取り戻した。さあ、最後まで楽しめそうだぞと思ったのだが。オフサイドの笛に気付かずにシュートした巻にイエロー。それ自体はともかくとして、問題はこれがこの試合で2枚目だったこと。それを家本主審が忘れていたこと。普通に次のプレーが始まって、アウトオブプレーになったときに、副審らに懸命に呼ばれてようやく主審は思い出し、巻に退場を命じる(ばっくれてた巻も、すぐに言わない柏の選手もオイオイという感じではあるが)。巻がなかなか出て行かず、ピッチ外でも何か言ったらしく、波戸が珍しく激昂していた。全然荒れる要素のない試合だったのに2人も退場させちゃって、全体の雰囲気も悪くさせる審判ってどうかと思うよ。両チームとも集中がいったん途切れてしまって、面白い試合だったのに最後にバタバタしたのは後味が悪かった。

いつ行っても、日立台はいいスタジアムだね。好きなチームの試合をこんな所で見られるなんて、羨ましいことだ。味スタは味スタで、“マイ・スイート・ホーム”ではあるのだけれど。

【8/22追記】
メインのアウェイ側端の方で見ていたんですが、後ろの方で千代大海と琴欧州が観戦してたんですよ。日刊見たら、琴欧州はストヤノフと同じブルガリア出身なのね。友達の応援だったんですね。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック