2007年10月21日

J1 第29節 名古屋vsFC東京 豊田スタジアム

バスツアーで豊田へ。風邪気味なので厚着した上に上着を持って行ったら、スタジアム内は西日で暖かかった。先日亡くなられた黒川紀章氏設計の豊田スタジアム。上層の席には、高所恐怖症なので登れません…。
土肥ちゃんがサブに復帰。土肥ちゃんがどこかにいてくれるとそれだけで安心する。昨年までのフミさんのようだ。
前半は怪我から復帰のヨンセンをポストに名古屋の両サイド・ボランチが流動的で、隙を見せれば切り込まれる。ボールポゼッションも名古屋が圧倒的。それでも東京の守備がヨンセンの次への対応に集中していたので、あまり失点する感じはしなかった。前半30分過ぎに福西がファウルでイエローを受け、ついでに負傷、自分で×を出して浅利に交代。とりあえず崩れずに前半を乗り切る。
後半になって、どちらも前でボールが収まらなくてバタバタ度が増してくる。が、一瞬人数をかけて攻め込んで、PA手前で金沢から今野へスルーパス。今ちゃんが左サイド深く切り込んで、マイナスのクロスを送り、ゴール正面からルーカスが決めて先制。この場面はニアに規郎、ファーには赤嶺がいたというのが良かったね。
残り30分強、押し込まれる展開が続くが、塩田の好セーブと全員の守備の奮闘で守り切って粘り勝ち。疲れる試合だったが、ひとまずはめでたしめでたし。モニ輪コールを何度もやったことで、ようやく本格的に復調したなあと実感。ヨンセンの肩先までしか届かないフジが、タイミングと身体の当て方の技巧を尽くしていたのを堪能(笑)。今ちゃんは相変わらず中盤の鬼でした。今野を見慣れると、それがボランチとして当たり前のような気がしてしまって贅沢なことだ。

福西の怪我はどうも膝の内側のようなので、残り試合がどうなるか(【10/23追記】左膝後十字靭帯損傷、全治約8週間…今年はずっと脚が痛そうだったからしっかり治してください)。梶山も福西もいないとなると、組み立てできずに局地戦で勝って行くしかなくなるので、疲れる試合が続きそうだなあ。

深川のねえさんがメールでサハラ新潟戦のレポを送ってくれて、U-18も無事勝ったようで安心して帰る。セットプレーからの得点が多いのは、いいのか悪いのか。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62100119
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック