2005年08月24日

J1第20節 FC東京vs名古屋 味の素スタジアム

夕方に外での打ち合わせを入れ直帰・早退で味スタへ行ったものの、ゲートでチケットを出そうとして、出かける前に資料を移し変えて会社に置いてきた方のファイルにチケットを入れっ放しだったことに気が付いた(がくり)。

栗澤・石川(祝・J1通算100試合出場!)がスタメン。ササと憂太はベンチスタート。前日に発熱したという規郎が左サイドだったが、見る限りでは問題なさそう。
前節でササの運動量が少なかったから栗澤に変えたのだと思うが、前半はボランチ2人の位置が低すぎて、結局ルーカス共々広いエリアを走らざるを得なかった。ボールを取り返してさあ攻めるぞという場面で、取り返す位置が自陣中央だったり取り返したのがルーカスだったりするのでは、効率が悪すぎる。梶山は前節のミスがまだ響いているのかなあ、守備は頑張ってたがちょっと弱気に見えた。それにしても、梶山がパスを出そうとすると対峙する相手に当たることが多いのは何故だ。キックモーションがわかりやすいの?
名古屋も出来が良くなくて、お互い慎重な試合運びと言えば聞こえはいいが、要は大きな展開や全体の運動量が少なくて互いに手詰まり、相手のミス待ちのような前半。どちらも点の入る気配がない。しかし自陣近くでふっと「あ、上手い」と思う選手がいると思うと、それは藤田俊哉なのだった。やっぱりいい選手だ。名古屋では中村直志も好きなのだが、今日はイマイチだったかね(助かるけど)。
後半、梶山・今野が前に出て行くようになり、前半よりは試合に動きが出てくる。攻めに転じるとき、走り屋の規郎にごちゃごちゃ色んなことを求めるのは違うと思うけれど、石川にはあまり右に張り付いてボールを待っていて欲しくはないなあ。15分過ぎたあたりで規郎→ササ。ササはまだチーム戦術に馴染んではないのかもしれないけれど、ゴール前にボールが送られたときの期待感はある。何度かCK等のチャンスはあるものの決められず、残り約15分、逆にカウンターで失点。その際、中村の突破をスライディングで止めようとした金沢が、緩んだ芝に足を取られて負傷、憂太と交代。右足首か膝か? 故障の程度が心配…。
最後のカードは梶山→フミさん。失点・負傷交代で焦りが出て、バタバタした時間が続く。こういうときに最後まで諦めないのが今野。最後まで追いかけてボールを取り返したり、CKやスローインと取ったり、本当に気持ちの強い選手だね。石川には、疲労はわかるけど、気持ちの面で今ちゃんを見習って骨太になって欲しい(欲しい欲しいって、苦情より期待の現れなんだよ、頑張れ!)。
ロスタイムまであとわずか、パスを受けて左に切り込んだ今野が中央へ速いクロス、これをニアで楢崎がキャッチ、と思ったら受け止め損ねて後ろに逸らし、そのままゴールへ。楢崎はササが詰めていたのが目に入って慌てたのかなあ、それまで危なげないセーブが続いていたので気の毒ではあった(助かったけど)。終了後の東京側からの楢崎コールは、上手くいかなかった試合のガス抜きだったんだよ、ごめんね。
なんとか引き分けて、順位は変わらず14位。次節アウェイ磐田。浄の怪我が痛いなあ(泣)。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック