2005年08月27日

J1第21節 磐田vsFC東京 ヤマハスタジアム

バスツアーで磐田へ。渋滞で30分程遅れる。到着した頃は暑くて日陰に逃れていたが、試合前のアップが始まる時間になると陽も傾き、風も吹いて過ごしやすくなった。

金沢は怪我でしばらくお休み。前半立ち上がりは左SBに今野、ボランチは梶山と文丈さん。磐田も実は怪我人が多かったのね。川口・服部・鈴木・福西・西あたりが怪我、前田は出場停止でお休み。相手のお休み面子の顔ぶれが豪華なので、ここで勝っておきたかった気もするが、そう上手くはいかなかった。まあ、展開が速くて面白かったので結構満足している。
上述の配置でスタートしたものの、今ちゃんがまた相手選手とぶつかって脳震盪で倒れてしまい、前半は少しぼぉーっとしていたようだった。頑張る選手だけに、いつか大怪我をしてしまいそうで心配になる。前半は栗澤がトップ下(2トップの一角?)で、中盤〜前を繋いでいたが、もうちょっと「自分が、自分で点を取る」という意識があってもいいんじゃないかなあ(とか思っていたら後半には彼が点を取っている訳だが)。前にカレンがいるからか、この試合の磐田は結構縦へのパスが多かった感じ。カレンはよく動くなあ。名波と交代で入った船谷、河村あたりも嫌だった。
中盤で負け気味なので、前半途中から左SBに規郎、今野をボランチへ。栗澤が左の前にずれて、真ん中に梶山の布陣になる。今日は栗澤・梶山からサイドチェンジのパスが出ていたのが良かったし、梶山は前の試合よりは自分でシュートを撃って行こうとしていたけれど、期待が大きいだけにもっと出来るはず、もっと相手に喰らい付いて行けるはずと思ってしまう。こういうのは能力・技術より性格の問題かねえ。それでも梶山は前の方で見たいよ。
後半すぐにフミさん→ササで、梶山が再び下がり目に。ササを始めから出せという意見を多く見るけれど、中2日3日の3連戦で動かないササを最初から使うと、ルーカスが過労で倒れると思います先生。馴染ませるために修正の時間の取れない連戦の間は、途中投入で良かったんだと思っている。ササの能力の高いのはよくわかるので、止まってボールをもらいたがらないでくれたらなあ。スペースに動いてくれないとパスを出しにくいよなあ。ササ・ルー・栗澤で、前の左側は混雑していた感じだが、右は右で加地と石川がお互いに狭い所に寄って、渋滞していた。役割とかパターンとか、整理したいねえ。後半30分に石川→憂太。
試合開始からずっと、点が取れそうでもあり取られそうでもありな展開の連続だったが、35分に中央の河村から左の崔にパスが渡り先制される。まだわからんよ10分あるよと思ううちに、次のプレーでゴール正面右寄りのやや遠い位置でFKを得る。右に加地が開いているのに磐田の選手がマークに行っておらず、GK佐藤が気にして指示を出す。磐田の集中が一瞬途切れたときに、憂太が加地にパスを出す振りで正面の栗澤へ、ゴール前でドフリーの栗澤が落ち着いてゴールを決め、先制された1分後に同点に追いつく。栗澤は対磐田連続ゴールだねえ。そう言えばアップ時にも、無理のないコースにいちばん多くゴールを決めていたような。
最後の交代は梶山→宮沢。ミヤー、ミヤー、頑張れ。出てきたのは残り5分位だったが、何とか逆転しようとミドルを撃っていた。試合後もたくさんコールされていて、ちょっと恥ずかしそうであった。エンブレムを叩く、フミさんのよくやるあの仕草をしてくれましたよ。宮沢オタなので嬉しかったよ。
帰りのバスは順調。ひたすら寝倒してしまった。牧の原SAの自販機でコーヒーを買おうとしたら、抽出を待つ間にコーヒールンバがかかってびっくりした。新宿に1時半過ぎに着いて、高田馬場まで歩き、自転車で帰宅。風呂に入って、リガ開幕のアラベスvsバルセロナを見てから就寝。

酒が入っているのでいつも以上に支離滅裂な文章ですみません。ちなみにこれを書いたのは日曜の深夜。日付をまたいだ場合、何日の日記にすればいいのか迷う。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック