2007年11月04日

天皇杯4回戦 FC東京vsTDK SC 味の素スタジアム

一度自信をなくすと、それを取り戻すには時間がかかる。それはわかるが、それにしても東京の選手たちはナイーヴ過ぎる。真面目なのはいいことだけれど、もうちょっと図太くなれと思う。自分たちで勝手に入れ込んで勝手に焦って勝手に空回りしている。スタジアムの雰囲気が開始早々からブーイングが出て殺伐としていたのも事実だけど、焦るんじゃなくて、「こんちくしょーもうブーイングなんてさせねー」と奮起する方に向ってくれないものか。
焦るものだから、また、初めて組んで試合をしているようなチームになってしまった。声出てる?ちゃんとお話してる? 勝ったことだけが良かった試合。まあ、カップ戦は勝たないと反省を次に活かすこともできないんだが。
ボールを溜めてさばく人がいないのが、本当に辛い。最初から栗澤を入れるか、ルーカスにそういう役割に徹してもらうようにしないと、どこまでも場当たりなままだ。TDKの方がちゃんと意図のあるサッカーになっているというのが、情けないというか、これでJ1ですみませんと言いたくなるというか。先制直後の失点の場面、ボールがライン切ったと思って追うのをやめた規郎と、クリアを簡単に相手に返してしまったモニは反省しましょう。

書いてるとネガネガになってしまうが、松田君が今はTDKで頑張ってたりするのを見ると、「ちゃんとやろうぜ、君らプロなんだから」と余計に思ってしまう訳です。プロになって、J1でプレーできるサッカー選手なんて、サッカー人口のほんの一握りじゃないか。天皇杯は、プロ・アマの垣根を取っ払ってごちゃ混ぜで戦って行くトーナメントなんだから、いつも以上にサッカーをやっているすべての選手に対して恥ずかしい試合はできないと思わなきゃいけないんじゃない(意図的にイチヌケタをする場合はさておき)?

来週のリーグ戦が気になるが、翌日から旅行のため新潟アウェイは不参加。1週間で、どう変えられるか。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64560568
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック