2005年09月03日

J1第22節 柏vsFC東京 柏の葉競技場

仕事してから東武野田線で江戸川台へ。つくばエクスプレスが開通したが、最寄駅から柏の葉までは結局30分近くは歩くらしいと聞いたので乗りには行きませんでした。

ササはスタメン。復帰の阿部ちゃんがベンチ入り。久々のチャントが嬉しい。石川にもいっぱいコールする。
開始1分にササがFKを直接決めて先制。これで落ち着いて行ってくれ、と思ったんですけどね。落ち着き過ぎちゃったね。エンドラインぎりぎりでタッチラインを割ったボールに規郎と今ちゃんがマイボールを主張する間にスローインを入れられて、あっさり失点。左SBに入った規郎が攻め込まれての守備で所在無げにする間に2点目。前半の失点は、とにかく取られ方が悪過ぎた。規郎が上がるか下がるか、開くか絞るかと右往左往する場面が多く、モニと今ちゃんはもっと指示を出してやるべきだった。
後半も開始早々にカウンターで失点を喰らい、さらに10分後にもう1失点。栗澤と交代で入った阿部が1点返すものの、4-2で惨敗。
敗戦以上にショックだったのは、柏の方が断然ボールへの執念が優っていたこと。東京はきれいなサッカーをしようとしすぎる。しかし、きれい=淡白ではない。きれいなサッカーと泥臭いプレーは、両立できないものではないはずだ。共に下位に沈む同士の対戦で、ここで負けることの意味をよくわかっていたのは柏の選手達の方だった。「こんな順位にいるはずじゃないのに」という意識でいてもしょーがないんだ、現実に「こんな順位」なんだから。「こんな順位」から抜け出したいなら、それに見合ったプレーをしなきゃならない。集中してあと一瞬早くあと一歩遠くへ動かなきゃ。頼むよ。
あんまり考えがまとまらないので、以下適当に箇条書き。
・戻って来た阿部ちゃんは、ちゃんと阿部ちゃんだった。久しぶりに見ると、次にどう展開するかを予測しながら動いているのがよくわかる。動かなきゃならないということをちゃんとわかってるというのもよくわかる。
・ササはプレーエリアは広くないかもしれんが、そのエリア内では工夫して動いてると思う。
・梶山は動作に素早さがないのが難点だよなあ…。
・規郎は守備はアレだったが、最後までとにかくよく走った。
・セルフジャッジ禁止!
・パスを繋いで攻めたいなら、トラップの技術上げなきゃ。で、正確さに欠けるならなおさら、もっと高い位置でボールを奪わなきゃ。てことは、DFラインを上げなきゃ。相手に足の速いFWがいたから怖かったのかもしれないけどさ。

帰りも江戸川台まで歩く。駅から歩いた先にあるのが日立台なら、喜んで歩くんだけどねー。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック