2005年09月10日

J1第23節 FC東京vs清水 国立競技場

青山劇場でマチネを観終って、千駄ヶ谷へ移動。蒸し暑い。ずいぶんシートに砂が乗っていると思ったら、G裏下層バックスタンド寄りの一角が改修工事中で封鎖されていた。

戸田がスタメン復帰、ベンチにササと阿部。石川は?と思ったが、後で怪我で大事を取ったらしいと知る。左SBに藤山。清水はチョジェジンと森岡が出場停止中。先日の石川に続きモニがJ100試合出場で、試合前に花束贈呈を受ける。
前半から、先週みたいなプレーはしないという気合は感じた。しかし、連携の効率の悪さからセカンドボールを相手に拾われることが多く、清水優勢。FWマルキーニョスと左サイドの兵働が怖い。何度も裏を取られたりクロスを上げられたりするが、最後にGK・DFが集中して弾いたり相手が外したりで事なきを得る。互いに相手のミスでボールを奪っては、わーっと攻めてわーっと攻め込まれる落ち着かない前半。戸田が相変わらずの運動量で良い。
後半すぐに規郎→ササ投入で雰囲気が変わる。清水DF陣がササに慣れる前に、そのササがPA左外で上手くファールをもらってFK。栗澤がポーンとファーへ、今野の折り返しを戸田がボレーで蹴り込んで先制。復帰おめでとう!誕生日おめでとう! でもまだまだ30分以上残っている。1点じゃ全然安心できないので栗澤→阿部。残り5分切っても、今の東京じゃ気持ちが守りに入ると危ないというので戸田→憂太。とにかく攻める交代だったのには、苦笑しつつ納得している。最近の憂太は守備も上手くなったし。内容では負けてたと思うが、なんとか勝ちをもぎ取った。今はとにかくそれが最優先だ。
加地の前は、規郎・戸田・栗澤・阿部と変わったけれど、規郎と栗澤のときはちょっとやりにくそうに見えた。規郎とだと走るスペースがない、栗澤は中に入ってしまってサポートがない感じ。もっとも今日は加地が上がってくる場面は少なめだったけれど。
清水もサイド攻撃主体というのもあると思うが、中盤の今野・梶山がサイドに寄ってしまって真ん中がぽっかり空いていることが多い気がする。それで栗澤やルーカスがカバーしなきゃならないエリアが広くなってしまっている。今野・梶山・栗澤は、ゴール前まで来たら選択肢の最初にシュートを置いて欲しいなあ。ここまで上がってこられたけどどうせシュートじゃなくてパスだよ、ゴール前を固める時間はあるよと思われちゃったら怖くないと思うんだけど。
清水・柏を抜いて13位に浮上。なんだかもう、ハラハラしすぎて疲れ果てて、祝杯を上げに行く気力もなく新宿で別れて帰る。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック