2005年09月17日

J1第24節 横浜FMvsFC東京 日産スタジアム

ルーカスと石川の負傷でいろいろ吹っ飛びましたが、時間が経って落ち着いたのでメモだけ。

今野・梶山が前に出て行ってプレーをしていて、特に梶山は攻撃参加に積極的で良かった。苦手な守備を伸ばすのも大事だろうが、それでパスのアイデアや不思議なボールキープ等の持ち味が消えてしまうのではもったいない。久しぶりに梶山らしいプレーを見た気がした。
ゴール前で3点位は防いでくれたジャーン。いつもの安定感以上の活躍だったのに、自分も怪我をし、ルーカスはあんなことになってしまって、本当に気の毒だった。
ジャーンのためにも点取ってやってくれよと思いながら見ていたが、形はできても最後が決められないなあ…。
穴沢主審は流し気味のジャッジで、プレーが止まらなくて見やすかったけれど、この日に限っては選手が熱くなって裏目に出てしまったか。乱闘未遂の騒ぎもあり、魔のロスタイム5分。ロスタイムに入ってすぐに、やや無理な体勢でクロスを上げた石川が右膝を押さえて倒れる。戻れそうにない。1人少なくなり、選手が皆必死になったのだろう。横浜のロングパスに対し、下がりつつジャンプしたルーカス、大島を押さえて前へ出たジャーン。下りてくるルーカスとジャーンが互いに頭を強打することになった。
現地では、ぶつかって倒れた後すぐに2人とも起き上がったところまでは見ていたから、その後プレーが止まるまで、ルーカスがもう一度倒れたのに気付かなかった。動かさずに治療しているので頭を打ったのだろうという見当はついたのだけれど、程度がわからないし、怖かった。救急車が来るまでの時間が、とても長く感じた。実際には12・3分位だったのか?
ルーカスの搬送後、スローインで形だけ再開してすぐに終了。

ゴール裏に来る選手達に拍手をし、心残りだが時間が迫っているので大急ぎで席を立ち新横浜駅へ。のぞみの車中から、携帯サイトで情報を追う。宿についても、その夜はなかなか眠れなかった。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック