2007年11月18日

J1 第32節 FC東京vsG大阪 味の素スタジアム

新ユニ発表には間に合わず。縦2分割のカラーリングは好きなので、来年はユニ買おうかなあ。
池上、森村がリーグ戦初先発。池上は、練習試合等で数回見たときよりも、黒子に徹してバランス取ってだけじゃない感じで積極的で良かった。昴太はまだフィジカルで負けることも多いけれど、それでも1年でずいぶん上半身がしっかりしたと思う。
やってやろうという気持ちも見えるし、相手にはG大阪らしい攻撃をさせなかったし、パスもそこそこ繋がったし、久しぶりにストレスの少ないいい試合でした。でもボールを持ったときに、えー、誰かフォローに行ってやれよーということが何度かあって、前半終了際の失点場面も金沢がボールを持った時点で味方がすべて遠かったのがそもそも良くなかった。モニは、マグノが外に切り返すと思ったんだろうなー。読みのカンがなかなか戻らないなあ。
扇谷主審は、Jリーグの盛り上げ役を自任したのか、埼スタで嫌なことでもあったのか、なんだかなーな判断多し。ポジショニングが悪いので、プレーの邪魔。後半になって63分にモニが一発レッドで退場したが、何でだかよくわからん。
憂太と梶山を投入。憂太はともかく、梶山の回復早っ! さすが宇宙人。中盤と前にパスを出せる選手が増えて、攻撃陣が動きやすくなる。来年こそは、憂太が怪我なく1年通して稼働できるといいなあ…。
規郎→リチェの交代直後、フジからロングフィードをリチェ→金沢と繋ぎ、ゴール前へ切り込んで憂太へ、憂太から返ったボールを金沢が無理やりオーバーヘッドで右へ。栗澤が競って前に落としたボールをルーカスが受けてシュート! それでもみんなの手と手が集まればー(足だけど)な素敵なゴールでした。嬉しい嬉しい。
数的不利を感じない攻撃が続くも、PA内で憂太へのファウルを取ってもらえなかったり、セットプレーで今ちゃんが倒されたのも取ってもらえなかったり。1-1で試合終了。

引き分けた、と喜ぶのも志が低いようだが、怪我人続出のためなしくずしに使うことになった若手が元気よくプレーしてくれて、怪我の選手も戻りつつあって、今後を明るく思えるのは嬉しいことです。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71529539
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック