2007年11月24日

J1 第33節 FC東京vs大宮 味の素スタジアム

dia obrigado。キッズクラブテントには土肥ちゃんがいた。何か、泣けてきそうだった。

モニと今ちゃんが出場停止で、CBに八田が初スタメン。憂太と梶山もスタメンで、前半は楽しくボールがつながる。が、最後に手間をかけすぎてゴールできない。
後半開始直後に、石川の素晴らしいゴール。しかし、ボールを取り返して攻撃に移るぞ、というところで八田が芝にひっかかったのか? あっさり吉原にボールを攫われて大宮のカウンター、藤本に決められ同点。その後、足を痛めたというがプレーに落ち着きがなくなってしまい、フジが交代を要請に行って八田→伊野波に交代。うーん、失点まではハイボールの競り合いなどそこそこ良かったのに、残念…。
八田の前に憂太→平山に交代して、前でまったくボールが収まらなくなる。中盤も疲れてしまって、グダグダになってしまった。最後のカードをどうするかで池上→栗澤。池上がヘトヘトっぽかったから仕方がないか。
ギクシャクしたまま時間が過ぎて、ロスタイム。最後尾でボールを持ったレアンドロが思い切って中央を攻め上がるのに驚いたのか、誰も身体を寄せて止めに行かない。前線の選手と1-2で再びボールを持ったレアンドロがゴール。中盤があそこまでポッカリなのは、気が抜け過ぎでいただけない。
逆転負けして、終了後、原監督の挨拶。土肥、福西の胴上げ。ユニの下に背番号1を着込んでいた塩田が号泣していた。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック