2007年12月01日

J1 第34節 甲府vsFC東京 小瀬陸上競技場

JRのツアーで参加。このひと月ばかり連日1時退社の仕事がようやく片付いて、くたびれ果てていたので、指定の座席に座るなり熟睡。
小瀬はいい天気で、それほど寒くなかった。

甲府は前節に降格が決定。しかし、最後をきれいに飾ろうと気合の入ったプレーでぶつかってきた。プレスも、セカンドボールへの反応も、パス回しも東京よりずっと速い。前半、東京はいいところなくやられっ放し。いつ失点してもおかしくない状態だったが、甲府は最後が決められない。対戦している相手に言うのもおかしな話だが、「どうしてそれが決まらない!」と叫びたくなるような感じ。この試合は、塩田も神がかりだったけど。甲府はほんとに、最後にゴールさえ決まれば降格したりなんかしなかっただろうに…。
前半40分過ぎに憂太が負傷で信男さんと交代。どこに入るのかと思ったら、後半もそのまま2トップになった。
前線で信男さんが積極的に裏を狙って走るようになって、東京も攻撃の形を作れるようになる。どちらもあと少しが決まらないままスコアレスで終わるかというところで、ルーカスがドリブルでPAに侵入、DF2人に挟まれ倒されてPKを獲得。これを決めて冷や冷やの逃げ切り勝ち。MOMは塩田、次点は信男さん。

終了後の大木監督の挨拶は、人柄が伝わってくるいい挨拶で、ついもらい泣きしてしまった。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71531944
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック