2007年12月04日

なかば私信

今さら(この時代、この年齢で)アレかなあとは思いつつも、やっぱり寺山修司は好きです。魅惑の大嘘吐き。未だに「ロング・グッドバイ」に共感するのは、自分も逃げ出してきたからですかね。

 貰った一万語は
 ぜんぶ「さよなら」に使い果たしたい

「一にぎりの灰の地平」「かがやける世界の滅亡」すなわちユートピアがどこかにあるとは、もう思えないけれども、それでも上の言葉は自分に近いと思いますね。「どうか悪く思わないでくれ!」と言ってのける度胸はないけどね。

 汽笛が鳴り響くからには時は今なのだ!

ポーが鳴ったら、A列車でお出かけなさい。それで構わないと思うよ。行ってこい、行ってこい。


posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。